脅迫文  | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

脅迫文 

脅迫文 


いきなり届く脅迫文に恐怖を覚えたことはありませんか?

なぜ自分に?

家を知られているとは、どういうこと?

家族の目に知れては困る!

「脅迫文」が、何の目的がも無く届くはずはありません。

 今日右派区分を送るにはそれなりの理由や目的があるはずです。

 中には、脅迫されるにあたって何らかの弱みを握られている可能性もあります。

なぜなら、その脅迫文が貴方にまったく関係のない内容であればそれは怪文書であり、脅迫されていると思わないはずだからです。

「弱み」を握られていませんか?

浮気や不倫などの男女トラブルや、不正行為などは脅迫されるネタに使われやすく相手の要求に応じている人も少なくありません。


「子どもを襲う 包丁で切りつける」


 17日午前11時ごろ、茨城県坂東市の市立長須小に「下校中の子どもを襲う。包丁で切りつける」という内容の文書が郵送された。県警が周辺を警戒したが不審者は見つからず、威力業務妨害の疑いで調べている。

 境署や同校によると、下校時は保護者に迎えに来てもらい、全児童約200人を引き渡した。県警が18日以降も登下校時に警戒を続ける。

 境署によると、17日、坂東市役所にも「誰でもいいので殺害したい」という趣旨の文書が届き、関連を捜査している。

脅迫文

文化祭中止「生徒に危害」 横浜の県立元石川高


 神奈川県教育委員会は7日、横浜市青葉区の県立元石川高校に「文化祭を開催したら、生徒に危害を加える」との脅迫文が6日正午すぎに届いたと発表した。文化祭は6日から2日間の予定で、6日は開催したが、7日は中止した。青葉署が威力業務妨害の疑いで捜査している。

 県教委によると、届いた時点で文化祭はすでに始まっていた。青葉署員や職員が付近を警戒したが、不審者や不審物は確認されていない。


脅迫文の中には、様々な情報を読み取ることができます。
 相手の要求だけではなく、要求に貴方が応じるであろう弱みやネタが書かれているはずです。
その弱みの部分が、貴方を苦しめる原因です。
 脅迫や恐喝の被害に遭う場合は、たいてい弱みを握られています。
その弱みがあるから警察に相談出来ない被害者も多いのです。
では、どうすれば解決できるのでしょう。

十分に状況を把握できない限り、解決策は見いだせないでしょう。