隣人トラブル 騒音 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

隣人トラブル 騒音

隣人トラブル 騒音

また隣人トラブルで殺傷事件です。

隣人トラブルは、我慢の限界を超えたところで起きているケースが多く次のように事件に発展しています。

「床の音うるさい」 64歳男が隣人切り付け

 埼玉県川口市のアパートで、「床の音がうるさい」と隣に住む男性を包丁で切り付け、けがをさせたとして64歳の男が逮捕されました。

  川口市の無職・筒井真悟容疑者は7日夕方、自宅アパートの隣の部屋を突然訪れ、住んでいた男性(70)の胸の辺りを包丁で切り付け、けがをさせた疑いが持たれています。警察によりますと、11日の朝になって被害者の男性から「胸を刃物で切られた」と110番通報がありました。通報を受け、駆け付けた警察官が筒井容疑者から事情を聴いたところ、「かっとなってやった」などと容疑を認めたため逮捕しました。筒井容疑者は、「以前から床の音がうるさかった」などとも話しているということです。警察は、生活音を巡るトラブルが動機とみて捜査しています。

アイ総合コンサルタントが調査を行い証拠をもって明らかにします。
その後、周辺住民と交渉を重ね解決へと導きます。
生活を行う上で欠かすことができない物の一つが近隣住民との関係と我々は考えています。当然近隣トラブルが発生すると生活に悪影響が起こるのは当然のことです。
もし、あなたが近隣トラブルに巻き込まれているのなら早急に解決することが必要です。
あなただけではなく家族も巻き込まれるケースもよくあるのがこの手のトラブルです。