生活切迫型パートママ クレーマー | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

生活切迫型パートママ クレーマー

 

生活切迫型パートママ


 既に子育てを経験している、経済的な余裕はないが教育ママ度はそれなりに高い、パート勤務の母親が、学校、社会への信頼度の低さにおいていずれも突出した数値を示すことを明らかにしている。


 その他、地域の人間関係が希薄になった結果、かつては地域社会が緩衝材となっていた個々の親の不満が直接学校、企業に持ち込まれるようになった状況も背景にあるのではないかという意見も多い。


 生活苦などは、慢性的ストレスの原因となり、学校、企業への悪質なクレームとつながっている。


「ファッションセンターしまむら土下座事件」、「大阪コンビニ脅迫事件」などは、明らかに裕福と言えない人たちの犯行である。


 ここで勘違いしないで欲しいのが、裕福でない人が悪質クレーマーになるわけではない。もちろん裕福な人でも悪質なクレーマーになってしまうことこともあえう。あくまで統計的なことを言っている。


 ここ様な、悪質クレーマーは、企業や、学校の営業を妨げている。もちろん医療関係でのトラブルも常時起こしている。



 ここで重要なことは、なぜクレームを受けているかに注目するかである。


この様な悪質なクレーマーは、クレームをつけているときに立場が、強い立場いいると思ってあらゆることを主張しているのである。


 当然、初期対応が十分であれば、大きな問題に発展する可能性が低くなるのである。あくしなクレーマーといえども企業にとっては客であり、病院にとっては患者であり、学校にとっては保護者なのだから。