SEX依存症と恋愛依存症 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

SEX依存症と恋愛依存症

SEX依存症と恋愛依存症


SEX依存症 性依存症(せいいそんしょう・せいいぞんしょう)は、性的な行動に対する嗜癖であり、精神疾患である依存症の一つである。主に性行為(性交渉)への依存が多いため、セックス依存症もしくはセックス中毒とも称される。


  性的対象に依存している間は、脳内より快感物質が放出されるため、不安から一時的に逃れられるメカニズムにより起こる。幼児期や成人への成長過程で肉親からの愛情が得られなかったことに起因する場合が多い、その他にも性善説を基本とし成人となり、通常の生活をしていたものが、常識の範囲を超えた人間たち(私利私欲のためなら何でもする)により、人間不信となり、 そのメンタル的なストレスを取り除く為に知らず知らずに「性依存症」になった者も見受けられる。


  頻繁に「セックス依存症」という呼称が用いられることもあるが、依存する対象は実際に相手のある性交渉だけでなく、自慰行為やポルノへの過度な耽溺および収集、強迫的な売買春、乱交、露出や覗き行為、性的ないたずら電話、インターネットを介したアダルト・チャットなど全ての性的な活動が考えられる。依存者はそれらに性的な興奮や刺激に溺れることが習慣化し、徐々に自己コントロールを失っていく。ギャンブル依存や買い物依存などと同じく「行動への依存」に分類される。


 性依存症は1970年代から主にアメリカで研究されてきたが、1998年にクリントン大統領の不倫スキャンダルが性依存症に起因したものであるという説が取り上げられて以来、一般での認知度が急激に高まった。


 私の今まで扱ってきた案件を見ると恋愛依存症を感じる対象者で、実際に異性と交際しているケースではこのSEX依存症と重なっていると思われます。


 男女トラブルを解決する上ではこのようなことも念頭に置いて対応する必要があるのです。