高齢者虐待 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

 高齢者虐待

 高齢者虐待


 自分の人生を自分で決め、周囲からその意思を尊重されること、つまり人生を尊厳をもって過ごすことは、介護の必要の有無に関わらず誰もが望むことです。しかし現実には、家族や親族などが高齢者の人権を侵害する「高齢者虐待」が問題となっています。高齢者の中には、辛くても不満があっても、声を出せない人がいます。あなたの身近にも、そんな人はいませんか?
 様々な形態の虐待があります


「高齢者虐待」は、暴力的な行為(身体的虐待)だけではありません。暴言や無視、いやがらせ(心理的虐待)、必要な介護サービスの利用をさせない、世話をしないなどの行為(介護・世話の放棄・放任)や、勝手に高齢者の資産を使ってしまうなどの行為(経済的虐待)が含まれます。また、中には、性的ないやがらせなど(性的虐待)もあります。


 殴る蹴るなどの暴力...身体 高齢者を叱りつける・無視する...心理 年金などを勝手に使ってしまう...経済 劣悪な環境で放置...放棄・放任


 身体的虐待


 心理的虐待


 性的虐待


 経済的虐待


 介護・世話の放棄・放任


 自覚がない場合も少なくありません


「高齢者虐待」は、虐待をしている人に自覚があるとは限りません。高齢者が危険な状態におちいっていても、虐待の自覚がないことが多いのも特徴です。

 家族の気持ち「夜おもらししないように、水分は控えておこう。」 本人の状況「脱水症状を起こし一刻の猶予も許さない状況」

 虐待が疑われるケースの約1割は、生命の危険がある状態です。


ささいなことが積み重なっていることもあります


家族や親族などがちょっとしたこと、ささいなことと思っていても、積み重なることによって高齢者に大きな影響を与えることがあります。

 家族の気持ち「何度も同じことを言われると、つい怒鳴っちゃうのよね。」 本人「ご飯まだですか?」/家族「さっき食べたでしょ!」」 本人の気持ち「また怒らせちゃった。わたしはもういない方がいいのかしら。

また、ケアの方法が分からないために不適切な対応となって、高齢者のためになると思ってしていることが虐待につながることもあります。

 本人の気持ち「トイレに行きたい時に、車いすベルトで動けない」 本人の気持ち「ずっと座っていて身体が痛いし、少しは自由に動きたいよ。」 介護者の言葉「危ないからね」介護者の気持ち「立ち上がってまた転んだら大変。車いすベルトは絶対はずせない。」