パワハラトラブル | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

パワハラトラブル

パワハラトラブル

大阪 京都 神戸 岡山 広島


教授、パワハラで懲戒解雇 


被害の2人退職、3人休職



 5人の職員に退職を強要するなどのパワーハラスメントをしたとして、群馬大は20日、医学系研究科の40代の男性教授を同日付で懲戒解雇処分とした。教授は一部のハラスメント行為については認めているが、「指導の範囲だった」と否認しているものもあるという。

  大学の説明によると、教授は平成24年1月~25年夏までの間、男性4人、女性1人の計5人の職員に対し、「ポストを空けるために(外部機関の)全ての公募に応募しろ」などと退職を強要したり、女性職員には「女性研究者は結婚△(三角)、出産×(バツ)と書いてあるところもある」などとセクハラ発言をしたという。

  教授のハラスメントにより、3人がうつ状態などで休職を余儀なくされ、2人が退職した。

  24年1月に学内のハラスメント相談員に複数の職員から相談が寄せられ、同年1~3月にかけて3度、所属長の研究科長が注意、指導したが、翌年夏まで断続的に続いたという。

  大学がハラスメント調査委員会を設置したのは25年4月で、既に2人が退職した後だったが、井手孝行副学長は「大学側の対応に問題はなかった」との認識を示した。



  職場では複雑に利害関係が絡んでいてトラブルを抱えてしまってもそれを誰にも言うこともできず一人で悩んでいる方が非常に多いと聞いています。
 職場トラブルには大きく分けて二つあります。セクハラ、パワハラ関係とそれ以外の契約問題や過労問題などや残業日の未払い問題などです。


  パワハラとは自分の職権的立場を利用し他人の人権や尊厳を執拗に脅かす言動のことです。
 最近の主な職場トラブルでセクハラと同じぐらい当アイ総合コンサルタントにお問い合わせがあります。
コンサルティングを重ねクライアントの皆様の望む形で解決することが可能です。


社内トラブル、会社内でのいじめ問題から精神的にも肉体的に病んでしまう人が増えています。ウツになった挙句、退職後もウツが治らない状況の方もたくさんいます。何年たっても社会復帰できない方のご両親から相談を受けることも多いのです。しかし、トラブルは自分で解決できるうちに解決しましょう。精神的なダメージが大きいと社会復帰も難しくなります。

トラブルから逃げる時、問題が起こっているのにどうにもならないと諦めた時ウツになってしまいます。いろいろと対応を考えている時はウツになる暇もないのです。

今現在、行き詰っていても諦めない人は、今すぐアイ総合コンサルタントへご依頼ください。


パワハラトラブル 解決なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島