2015年2月

« 2015年1月 | アイ総合コンサルタント トップへ | 2015年3月»

サイコパスの特徴

サイコパスの特徴



良心が異常に欠如している


他者に冷淡で共感しない


慢性的に平然と嘘をつく


行動に対する責任が全く取れない


罪悪感が皆無


自尊心過大で自己中心的


口が達者で表面は魅力的



 現在は20項目(『HARE PCL-R第2版テクニカルマニュアル』)が新たに定められ、それを用いて個別診断で半構造面接を行い2時間半~3時間かけて評定をする。



 サイコパスは異常であるが病気(いわゆる精神病)ではなく、ほとんどの人々が通常の社会生活を営んでいる。そのため、現在では精神異常という位置づけではなく、パーソナリティ障害とされている。そのため、日本では反社会性パーソナリティ障害と名称されている。しかし、以前は精神病質の定義についてはっきりとした概念がなかったことから、家庭内暴力を起こしたりする者に対して、精神病質であると一概にまとめられ精神科病院への収容がされてしまい、これらの人々に対するロボトミー手術などの不用意な脳外科手術が行われ、手術をされた患者の人格や精神上不安定になるなどが起こるなど、医療上の人権侵害が行われた。



 実際、精神病質と社会病質が混合されているが、ヘアによると精神病質と反社会病質は似て非なるものであると記している。精神病質の原因と考えられているのは前頭葉の障害であるとされ、健常者の脳波とはまるで違う脳波を見せる。精神病質は遺伝病だとされる意見が主とされている。逆に、家庭・周囲環境や障害に因る心身の衰弱によるものなどによる、精神病質に似た性格異常は仮精神病質(偽精神病質)とされ、精神病質とは識別されている。

2015年2月28日

サイコパス 精神病質

 

サイコパス 精神病質


精神病質(せいしんびょうしつ、サイコパシー)とは、反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、主に異常心理学や生物学的精神医学などの分野で使われている。その精神病質者をサイコパス(英: psychopath)と呼ぶ。



「精神病質(その人格のために本人や社会が悩む、正常とされる人格から逸脱したもの)である人」と定義付けられている。


 サイコパスは社会の捕食者(プレデター)であり、極端な冷酷さ、無慈悲、エゴイズム、感情の欠如、結果至上主義が主な特徴で[2]、良心や他人に対する思いやりに全く欠けており、罪悪感も後悔の念もなく、社会の規範を犯し、人の期待を裏切り、自分勝手に欲しいものを取り、好きなように振る舞う。その大部分は殺人を犯す凶悪犯ではなく、身近にひそむ異常人格者である。北米には少なくとも200万人、ニューヨークだけでも10万人のサイコパスがいると、犯罪心理学者のロバート・D・ヘアは統計的に見積っている。


 先天的な原因があるとされ殆どが男性である[3]。脳の働きを計測すると、共感性を司る部分の働きが弱い場合が多いという[3]。


 日本の法律「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」の第5条では精神障害者と定義している。

2015年2月27日

聖神中央協会事件

 聖神中央協会事件


 聖神中央教会(せいしんちゅうおうきょうかい)は、日本のキリスト教系新興宗教団体の一つの通称である。正しい名称は聖神世界宣教会聖神中央教会(せいしんせかいせんきょうかいせいしんちゅうおうきょうかい)である。聖神世界宣教会(せいしんせかいせんきょうかい)の本部教会であり、関西を中心に、各地にある支教会の本部教会でもある。本部は京都府八幡市下奈良新下11-9。

 大阪府泉南市生まれの在日韓国人金保(きん たもつ。通名、永田保 1943年 - )が設立。教会内では「パウロ永田」と名乗っていた。1982年3月、金は韓国の神学大学に入学。1986年2月に、大韓イエス教長老会総会神学校(ラポート神学校)を卒業。同年1月、京都市伏見の自宅で布教活動開始。1987年12月、宗教法人格を取得。1988年6月、大阪府枚方市に「エルサレム中央教会」を設立。1992年6月、京都府久世郡久御山町に移転。1996年1月、「聖心中央教会」に改称。教団として2000年2月に「聖神世界宣教会総会」を設立。


 2005年4月6日、当時小学6年生の女児信者への姦淫容疑で金保が逮捕された。金牧師に従わないものは「地獄に墜ちる」などの文言を他用し、強制的な信仰生活の中で洗脳的にキリスト教の教義を自己流に歪曲した教えを説いていた。信徒への「祝福である」と強制したレイプは14年前に始まり、被害者は89人以上とも100人以上ともいわれている。事件発生後も、信者にクレジットカードを作らせ、キャッシングしてでも献金するようにと強制的に指示していたことも判明した。

 2006年2月21日、金保に懲役20年の判決が言い渡された。金保は控訴せず、3月9日、判決が確定した。教会は今でも京都府八幡市に存在しており、信徒数は20~30人程度とされ、以前と変わらず外部の意見を聞き入れない閉鎖的な状態で活動し、獄中の金保からの影響もいまだ続いてるようである。現在の主管牧師は公表では西山務であったが、実質的には金保の実姉である金菊子が牛耳っており「神がたてた指導者を安易に変えてはならない」という理由で金保を頂点とする組織運営は以前と何も変わらない。2010年現在、聖神世界宣教会 教団長代理は西山務である。聖神中央教会の担任牧師は木原明美、元老牧師は金菊子である。


2015年2月26日

宗教トラブル 2

 

 宗教トラブル 2 


ひまわりの会射殺事件  2


被害者とひまわりの会の関係

 丸山さんとトラブルになっていたと見られる「ひまわりの会」は法人格は持っていないが、人気のある方位学占いグループで、最大時で100人以上の熱心な信者を集めていたという。占いによる人生相談などで信者を獲得する一方、代表の吉川タカ子(当時64歳)が「念を入れた」とする印鑑を信者に高額で売り付けるなど、霊感商法まがいの活動が指摘されていた。吉川は東京都内で占い師集団の会を主宰し、これまでにも大物女性歌手やプロスポーツ選手などとも親交があった。
 丸山さんの長女がこの吉川に心酔しており、事件の数年前からひまわりの会に顔を出すようになる。工務店を経営しながら不動産や金融関係の仕事もしていた丸山さんは以前、妻らの依頼を受けて「ひまわりの会」に現金を拠出。この際、寄付と解釈して返済を拒否した教団側とトラブルになったことがあった。

会の名称は「ひまわりの会」と「グループ向日葵」と2種類表記されていたが、どちらが正式名称か不明。


逮捕へ

 2003年1月8日、西東京市の「ひまわりの会」幹部・渡辺義介(当時47歳)と、実行犯と見られる4人が逮捕された。渡辺のほかに逮捕されたのは、渡辺から殺害を依頼されたという無職・洪竜杓(当時46歳)、自動車板金塗装・石原久義(当時38歳)、丸山さん殺害の実行犯とみられる福岡県久留米市の自動車板金塗装工・安恒尚夫(当時36歳)、同じく殺害実行グループだった韓国籍の元暴力団員・吉田旭(姜柄旭 当時47歳)。

 同23日、吉川と同会アドバイザー・民野茂樹(当時48歳)が逮捕される。
 同25日、実行グループに自動式拳銃「マカロフ」と実弾8発を売ったとする山口組系元組員・田村真喜(当時46歳)を逮捕。

 さらに同年2月23日、丸山さんの長女で、会社社長・笠原友子(当時44歳)が、殺害を依頼したという疑いで逮捕された。


 98年、笠原はエステティックサロンで吉川と知り合い、子どもの進学問題や遺産相続について相談するようになった。

 00年10月頃、笠原は新宿のホテルの喫茶店で、吉川に「お父さんが勝手に相続を決めてしまった。どうしようもないので、お父さんを殺して欲しい」と父親殺害を依頼した。吉川は渡辺に殺害を指示。
 00年末には笠原が吉川に現金500万円を手渡している。

 同年12月頃、渡辺は2つのグループに声をかけ、手付金800万円を支払ったが、怖くなったのか間違った住所を教え、計画は失敗する。この間、吉川は再三催促をしていたという。

 01年3月、渡辺は知人の元暴力団組員を通じて、実行グループに依頼。依頼を受けた洪は姜に相談、姜は舎弟だった石原と安恒に殺害を指示した。渡辺はこの4人に約1000万円を支払ったという。

2015年2月25日

宗教トラブル  

宗教トラブル  


ひまわりの会射殺事件  1 


事件概要

 2001年6月9日午後8時55分ごろ、東京都板橋区の工務店経営・丸山寿治さん(70歳)方に、宅配便を装った男が訪れ、応対に出た丸山さんに短銃のようなものを発砲した。丸山さんは腹を撃たれ5時間後に死亡。事件当時、丸山さんは「ひまわりの会」と呼ばれる宗教団体とトラブルがあった。
  03年1月、渡辺義介(当時47歳)、安恒尚夫(当時36歳)、吉田旭(当時47歳)他2名が逮捕された。また被害者の長女が宗教団体代表に殺害を依頼していたこともわかった。


 吉川タカ子
 笠原友子
 渡辺義介
 安恒尚夫
 吉田旭(姜柄旭)
 洪竜杓
 石原久義
 民野茂樹
 田村真喜


 殺害

 2001年6月9日午後8時55分ごろ、東京都板橋区の工務店経営・丸山寿治さん(70歳)方に、男がインターホンで「宅配便です」と言って訪問し、丸山さんが玄関のドアを開けると、発砲した。男は段ボール箱を持っており、丸山さんの背後から撃ったという。まもなく、丸山さんが倒れているのを妻(当時67歳)が発見した。現場には薬きょうとミネラルウォーターの商品名が記された空の段ボールが残されていた。

2015年2月24日

 高齢者虐待

 高齢者虐待


 自分の人生を自分で決め、周囲からその意思を尊重されること、つまり人生を尊厳をもって過ごすことは、介護の必要の有無に関わらず誰もが望むことです。しかし現実には、家族や親族などが高齢者の人権を侵害する「高齢者虐待」が問題となっています。高齢者の中には、辛くても不満があっても、声を出せない人がいます。あなたの身近にも、そんな人はいませんか?
 様々な形態の虐待があります


「高齢者虐待」は、暴力的な行為(身体的虐待)だけではありません。暴言や無視、いやがらせ(心理的虐待)、必要な介護サービスの利用をさせない、世話をしないなどの行為(介護・世話の放棄・放任)や、勝手に高齢者の資産を使ってしまうなどの行為(経済的虐待)が含まれます。また、中には、性的ないやがらせなど(性的虐待)もあります。


 殴る蹴るなどの暴力...身体 高齢者を叱りつける・無視する...心理 年金などを勝手に使ってしまう...経済 劣悪な環境で放置...放棄・放任


 身体的虐待


 心理的虐待


 性的虐待


 経済的虐待


 介護・世話の放棄・放任


 自覚がない場合も少なくありません


「高齢者虐待」は、虐待をしている人に自覚があるとは限りません。高齢者が危険な状態におちいっていても、虐待の自覚がないことが多いのも特徴です。

 家族の気持ち「夜おもらししないように、水分は控えておこう。」 本人の状況「脱水症状を起こし一刻の猶予も許さない状況」

 虐待が疑われるケースの約1割は、生命の危険がある状態です。


ささいなことが積み重なっていることもあります


家族や親族などがちょっとしたこと、ささいなことと思っていても、積み重なることによって高齢者に大きな影響を与えることがあります。

 家族の気持ち「何度も同じことを言われると、つい怒鳴っちゃうのよね。」 本人「ご飯まだですか?」/家族「さっき食べたでしょ!」」 本人の気持ち「また怒らせちゃった。わたしはもういない方がいいのかしら。

また、ケアの方法が分からないために不適切な対応となって、高齢者のためになると思ってしていることが虐待につながることもあります。

 本人の気持ち「トイレに行きたい時に、車いすベルトで動けない」 本人の気持ち「ずっと座っていて身体が痛いし、少しは自由に動きたいよ。」 介護者の言葉「危ないからね」介護者の気持ち「立ち上がってまた転んだら大変。車いすベルトは絶対はずせない。」


2015年2月23日

サイバー攻撃急増

サイバー攻撃急増


大阪 京都 神戸 岡山 広島

当社のホムページもどうやら、海外からの不正アクセスがあって、時々更新できない状況になっています。


日本企業が「サイバー保険」に加入しない理由

  私も全く知らなかったのですが、サイバー保険があることを、サイバー攻撃による損害を補償する保険の加入率が日本で伸び悩んでいる。企業や政府を狙ったサイバー攻撃が世界的に猛威をふるう中、米国では保険への加入企業が急増しているが、日本では、こうした「サイバー保険」の知名度がいまだ低いのが実情だ。日本企業には、インターネット上のリスクを想定して投資する文化が根付いていないのが背景にあるとみられ、関係者は「保険の加入は今後も進みそうもない」と指摘している。


 「サイバー攻撃の損害を補償する保険があるなんて知らなかった」と言われる方は多いと思います。

 今春、自社のサーバーが不正にアクセスされ、ホームページ(HP)が改ざんされたと言わる企業の社党と会話をしたときのことでした。

 

 彼の会社はHPが復旧するまで商品の予約が取れない状態に陥り、サーバーの復旧や被害の調査などに億単位のお金がかかったといい、彼は「保険に加入してさえいれば、損害の大半が補償されていたかもしれない」と言っていました。


 国内のセキュリティー企業幹部は「サイバー攻撃に遭うまで、保険の存在や、加入で得られる補償の内容を認知していなかった企業は少なくない」と指摘する。


 例えば、AIU損害保険(東京)が昨年1月から日本で取り扱いを始めた「CyberEdge(サイバーエッジ)」に加入した場合、サイバー攻撃による損害費用が最大10億円程度まで補償される。補償対象は被害調査の代金や顧客・取引先への賠償金のほか、攻撃によって停止した営業活動が再開するまでの逸失利益も含まれている。


2015年2月22日

セクハラ 示談交渉

セクハラ 示談交渉


 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

自ら彼女のセクハラ示談交渉


 職を奪った軽率な行動


  自分の交際相手がセクハラを受けていると知れば、どう対応すべきなのか。巡査は、彼女に性的な嫌がらせをしていた相手と自ら交渉し、示談金100万円で決着を図った。


 しかしトラブルに発展し、警察から処分を受けて依願退職する羽目になった。示談金の金額を最初に持ちかけたのは相手の方で、示談金も実際に支払われていなかったが、警察官を名乗って起こしたトラブルである点を重視。「倫理的に問題がある」と処分に踏み切った。


「警察官」の名刺渡す


 監察官室によると、ことの始まりは3月。元巡査が、交際相手の20代の女子大生=から受けた相談がきっかけだった。


 女子大生は当時、同じ大学に通う20代の男子学生からの過剰な身体接触や言動に悩んでいた。相談は「警察官としてではなく、あくまでも交際相手として受けた」(監察官室)という。


 元巡査が女子大生にしたアドバイスは2つあった。1つは「彼氏が怒っている」と伝えること、もう1つは、交際相手が警察官であることを明かすように-という内容だった。


 しかし、男子学生の行為は収まらなかった。そこで元巡査は5月中旬、2人が通う大学を訪れ、男子学生と接触。男子学生に京都府警の名刺を渡し、自身が警察官であると示した。男子学生は、元巡査に対し女子大生への行為を認めたという。


 「もめたくなくて警察官と明かした」。元巡査は監察官室の調べにそう釈明したという。

2015年2月21日

深刻な問題 高齢ストーカー

深刻な問題 高齢ストーカー


高齢ストーカー、10年間で4倍増 


 退職や妻との死別、孤独引き金かと言っているが、基本的には年齢関係なく、人は誰でもストーカーになってしまう。綱と死別した人すべてがストーカーになるわけではない。 ただし圧倒的に男性が加害者になるケースが多く、高齢者ストーカーの特徴と言える。


  60代以上の高齢者が加害者となったストーカー犯罪が急増し、平成25年は1919件と10年前の約4倍に達したことが2日、警察庁のまとめで分かった。



  加害者の大半は男性。専門家によると、男性は女性に比べ、家族と死別したり、退職したりして心のよりどころを失った場合、孤立しやすい傾向にあるといい、最悪の場合、ストーカーに走る人もいるという。


当然のように誰の警告も聞かず


 「会わへんかったらなあ、言うことを聞かなんだら、殺すぞ」。奈良県の女性(79)は昨年11月、自宅の留守番電話に吹き込まれていた声に震え上がった。声の主は和歌山県橋本市の無職男(85)。2人が知り合ったのは4年前、女性が入院した際、男の妻が相部屋だったのがきっかけだった。


 男は女性に恋心を抱き、約2年前から女性宅にたびたび押しかけるようになった。女性の相談を受けた奈良県警は昨年10月末、ストーカー規制法に基づき、女性宅を訪れないよう男に警告。しかし付きまといは止まらず、同11月に冒頭の電話をしたとして今年1月、男は脅迫容疑で県警に逮捕された。


 警察庁のまとめによると、25年のストーカーの認知件数は2万1089件で、うち男が加害者のケースは1万8316件あった。加害者の年代別で見ると、30代が最多の5377件(25・5%)。以下、40代(4467件、21・2%)▽20代(4057件、19・2%)



2015年2月20日

介護トラブル

介護トラブル



 また介護施設で老人のいじめが発覚しました。私の個人的な見解ですが、病院より介護施設のほうがこのような、老人の虐待が多いと思います。いえ明らかに多い。相談でこのような案件を受ける場合、介護施設しか受けたことがありません。



 この老自への虐待の対応は早期に実施しなくてはならないことです。



老人保健施設で女性の髪引き抜きけがさせる 



パート職員の女逮捕


21日午後、愛媛・愛南町の老人保健施設で、入所者の89歳の女性の髪の毛を引き抜いて、けがをさせたとして、施設のパート職員の女が、傷害の疑いで逮捕された。
 傷害の疑いで逮捕されたのは、愛南町のパート職員・久保佳子容疑者(25)。
 久保容疑者は21日、勤め先の愛南町の老人保健施設「なんぐん館」で、入所している89歳の女性の髪の毛を引き抜き、全治1週間のけがをさせた疑いが持たれている。
 施設から通報を受けた県警が、関係者から話を聴いていたところ、久保容疑者の容疑が固まったとして、22日夜、逮捕した。
また11月15日にも、入所している79歳の女性の腹などに、刺されたような6カ所の傷があるのが見つかっていて、県警では、今回の事件との関連を調べている。
 久保容疑者は、2014年9月下旬から、この施設に勤務し、介護全般の仕事をしていたという。


2015年2月19日

宗教トラブル で離婚

宗教トラブル で離婚



離婚の相談で数件ではあるが宗教の問題で相談を受けたことがある。




 パートナがが宗教にのめり込んで、家のお金をつぎ込んで困る。夜中にぶつぶつお経を唱えているのがどうにも耐えられない、朝早くからお経を強制的に読まされるなど宗教トラブルは実は深刻な問題です。



 しかし、信仰の自由は憲法で保障された権利であり、夫婦といえどもこれをみだりに侵害、妨害することは許されません。



 夫婦間においては、夫婦共同生活を営む以上、相互に相手の価値観や考え方を尊重し、自己の行動の節度を守り、協力しながら家族間の精神的融和を図りながら夫婦関係を円満に保つよう努力すべき義務があるというべきでだから、その限度で信仰や宗教活動にも一定の自重が求められるというべきです。



したがって、パートナーの一方が自己の信仰の自由の実現を過度に相手方に強いたり、宗教活動に傾倒するなどして家庭内の不和を招き、あるいは相手方の心情を著しく無視するような対応をとった結果、夫婦関係が悪化し、婚姻関係を継続し難い状態に至ったような場合には、それをもって離婚原因を構成するものと考えられます(東京地方裁判所平成17年4月27日判決)。



 宗教にのめり込んで、毎晩勧誘活動に外出したり、仕事や家事、育児を放り投げて家庭崩壊となっているようなケースでは、すでに婚姻関係も破綻しているでしょうから離婚が認められると考えます。



 そもそも、上記のような状況では、婚関係を継続することは困難です。

2015年2月18日

変わってしまった人間社会と自然環境

 

変わってしまった人間社会と自然環境


 深夜犬を散歩させていたところ、イノシシが用水の対岸に現れ、犬が追いかけようとしました。

住宅街なのにと思っていました。


そこでこんな記事を見つけました。子供心より山は荒れています。


 長野県などで最近、クマの人里への出没が目立ち、11月ごろにかけて各地で捕獲などの騒ぎが相次ぎそうです。長野県大町市では5月以降140余件ものクマの目撃情報があり、3日までに5人が負傷しました。クマの餌となる山の木の実などの不足や、中山間地の過疎化、農業衰退など人間社会の変化も反映しているとの指摘もあり、背景は複雑です。


クマの捕獲件数は再び増加傾向

 北アルプス山麓に位置する大町市で9月20日、自宅庭先にいた中年の男性が、28日には同県朝日村と山ノ内町の山林、河川などで、10月3日には長野県小川村の山林でそれぞれ男性が襲われ、けがをしました。大町市は2010年の熊の大量出没以来4年ぶりに「クマ出没警戒警報」を出し、警察、地元猟友会と連絡を取りながら警戒を呼びかけています。同市内では9月だけで107件もの熊の目撃情報があり、同市消防防災課は「餌となる山のドングリなどの不作も影響しているのではないか」と話しています。

 長野県では2012年10月に県庁所在地・長野市のJR長野駅の在来線ホーム付近にクマが現れて大騒ぎになったこともあります。

 環境省によると長野県のクマ類による人身被害は大量出没があった2010年に14件14人、2012年に7件7人。今年は8月までに5件5人です。クマの捕獲(捕殺を含む)件数は2010年に430頭、2012年は448頭に上りました。昨年は138頭に落ち着きましたが、今年は7月までに147頭を数え、再び増加傾向です。

2015年2月17日

リベンジポルノ 防止法成立で何が変わる

リベンジポルノ 防止法成立で何が変わる




 リベンジポルノを防ぐための「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」が、平成26年11月19日、成立しました。



 この法律は、第三者が撮影対象者を特定できる方法で、個人的に撮影した性交又は性交類似行為や性器等が写っている画像記録などを、インターネットに掲載したり、不特定多数に提供するなどした場合に、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金に処することなどを内容にしています。



これによりリベンジポルノ の取締りに効果があるのか。



リベンジポルノは現行法でほとんど対応が可能です。



リベンジポルノが公開された場合に該当し得るのは以下の罪になり得ます。



わいせつ物公然陳列罪(刑法175条1項)

2年以下の懲役もしくは250万円以下の罰金
※ただし、少なくとも現在の日本では、性器が写り込んでいる必要がある。



児童ポルノ公然陳列罪(同法7条4号)

5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金
※被写体が18歳未満の場合



名誉毀損罪(刑法230条1項)

3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金



ストーカー規制2条8号

6カ月以下の懲役又は50万円以下の罰金

このように色々な罪を当てはめ得るというのが実際のところであり、法定刑も名誉毀損罪と実質的に同じです。


リベンジポルノ防止法に意味はあるのか



 リベンジポルノを直接的に法律違反であると規定されることで、このような行為がダメなことであるということが周知される効果はあるといえます。



 このような法律ができらからといって、リベンジポルノがなくなるというわけでは当然ないと思います。被害に遭わないためには、撮影をしない・させないということが重要です。

被害を減らすためには、個々人がこの点をきちんと徹底する必要があるでしょう。

2015年2月16日

正しい行動

正しい行動




こんな記事がありました。


 下記のことを前提で考えてみてください。表現の方法、手法が間違っていたための起こったトラブルです

 

NPO法(特定非営利活動促進法)では、NPO法人について「政治活動を主な目的としないこと」と定めている



小4なりすましのサイト炎上 解散批判、首相をちゃかす



 開設者のNPO法人代表理事が謝罪、辞任


  小学4年生になりすましたネットユーザーが、安倍晋三首相の衆院解散を疑問視するウェブサイトを開設し、炎上していた。開設者のNPO法人「僕らの一歩が日本を変える」代表理事の大学生、青木大和氏は23日、産経新聞の取材に「僕個人でやった。政治や解散について考えてもらおうと、小学生の目線になって書いた。結果的に嘘をついて騒がせてしまい、申しわけない」と謝罪し、代表理事を辞任したことを明らかにした。



  サイトは「どうして解散するんですか?」と題し、「しつもんです」と切り出している。そして「あべそーり、アベノミクスっていうやつで国のお金を増やすと言ってたのに、ぼくのおこづかいは増えてないよ。パパもママも財布の心配ばかりで、大好きな焼き肉も食べにいけない。でも、1回で700億円かかる選挙は、簡単にできる。ムダ遣いしても怒られないの?やっぱりこれも秘密なのかなぁ」などと、首相をちゃかしている。



  これに対し、民主党のマスコットキャラクター「民主くん」が「天才少年現る!とてもいい。皆さんもぜひ!」とツイッターでつぶやいたことなどもあり、拡散。ネット上で話題になったが、「小学4年生が作ったにしては、できすぎだ」などと指摘を受け、嘘が発覚した。



  青木氏は民主党の細野豪志元幹事長らとのパネルディスカッションに参加したことがあるが、取材には「民主党に肩を持っているわけではない」と語った。



 団体の説明によると、青木氏は「お名前.com」でドメインを取得する際、団体のアカウントをそのまま使用。このため登録者名は「僕らの一歩が日本を変える。」になっていたが、取得・使用および決済はすべて青木個人が行ったもので、団体としては一切関与していないとあらためて強調した。青木氏は「why-kaisan.jp」だけでなく「why-kaisan.com」「why-kaisan.net」「why-kaisan.org」についても同様に取得していたが、いずれも現在は青木氏個人のアカウントに移管済み(why-kaisan.orgのみ技術的問題により移管作業中)。



 また青木氏の処分については、すでに本人から代表理事辞任の意向があり、それを受理したとのこと。新代表が決定するまでは現副代表理事が代表代行を務めるとしている。



  NPO法(特定非営利活動促進法)では、NPO法人について「政治活動を主な目的としないこと」と定めており、もしも団体として関与していた場合、NPO法違反になるのでは、と指摘する声もあった。


2015年2月15日

性犯罪の恐怖

性犯罪の恐怖




 性犯罪のホントの恐怖は、加害者が見た目では判断ができないこと。下記の事件のように犯人の職業は教師で、一般的には信用がある職業である。当然人は外見で判断できないがこの様な事をする人は、見分けがつきにくいということ。これが性犯罪のホントの恐怖である。



強制わいせつ致傷 



 元中学校教諭が同市内で女性3人の体を触り、けがをさせるなどしたとして、強制わいせつ致傷などの罪に問われた、被告(25)の裁判員裁判の判決公判が21日、さ地裁で開かれた。裁判長は懲役4年(求刑・同5年)を言い渡した。



 裁判長は裁判員からの希望と断った上で「あと数年で、あなたが教えた子どもたちも被害者の方々と同じくらいの年齢になる。そういう方々の心の傷について考えてほしい」と諭した。



 判決で裁判長は、徒歩で帰宅途中の女性を背後から襲うなどの犯行について言及。「相手の人格

を顧みず、同様の犯行を3度繰り返したことは強く非難される」と述べた。田村被告は、強制わいせつ致傷事件について、被害女性にけがを負わせていないと主張していた。判決は女性の母親やけがを診断した医師の供述などから、女性が傷害を負ったと認定。「肉体的苦痛はもちろん、精神的苦痛を与える悪質な犯罪」と執行猶予付き判決を求めた弁護側の主張を退けた。

 判決などによると、被告は2013年1月8日午後10時55分ごろ、路上を歩いていた当時17歳の女性の背後から近づき、腕で体を押さえ付けるなどしてわいせつな行為をし、顔や手に約5日のけがを負わせるなどした。



2015年2月14日

いかつい女性

 

いかつい女性


ここ最近世間をにぎわしている女性


色ボケした相手の金銭をむしり取る割り切り方がいかつすぎる。


金銭をむしり取るまでは、いっぱいいるが殺すとこまで行くとさすがにいかつすぎる。




京都・夫毒殺 出会い直後に遺産話 容疑者、別男性の財産目的か


 京都府向日(むこう)市で昨年12月、無職の筧(かけひ)勇夫さん=当時(75)=が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された妻の千佐子容疑者(67)が筧さんとは別の交際男性に対し、出会った直後に遺産や遺言の話を持ちかけていたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。京都府警向日町署捜査本部は、財産目的で高齢男性との交際を繰り返していたとみて調べている。


 捜査関係者によると、千佐子容疑者は筧さんの死亡前後、結婚相談所で知り合った複数の男性と交際。うち1人には、出会って1カ月もたたずに遺産や遺言の話を持ちかけていた。この男性は「遺産目的の可能性がある」と不審に思い、交際を打ち切ったという。


 別の男性も親密になった直後に、遺産や財産遺贈の公正証書の作成などを持ちかけられたという。


 千佐子容疑者は筧さん殺害を否認した上で、結婚相談所に登録した理由について「年金暮らしで生活が苦しかった。(高齢男性と結婚することで)年収が倍になると思った」と供述。入籍よりも事実婚を望んでいたという。


 筧さんとも結婚相談所で知り合い、昨年11月1日に結婚。「筧さんの結婚願望が強く、仕方なく結婚した」と説明。筧さんは遺産に関する公正証書や遺言を残していなかった。


 司法解剖の結果、筧さんの死亡推定時刻は昨年12月28日午後9時ごろで、筧さんの胃に死亡前の食事とみられる内容物が残っていたことも判明した。捜査本部は、千佐子容疑者が夕食後に青酸化合物入りのカプセルを服用させた可能性があるとみて調べている。

2015年2月13日

ペットトラブル

 

ペットトラブル


犬の問題行動、「飼い主も注意を」 



 犬はどんな時に人をかむのか。「普段おとなしい犬が人をかむのは不思議ではない」とするのは当たり前のこと。子どもに慣れておらず、静かな所で飼われていた犬が、環境の変化で興奮してかみつくケースも考えられるという。


人が上から手を出したり、払いのけるように素早く手を動かしたりすると、犬が怖がることがある。一度かむと、興奮して見境がつかなくなり、かみ続ける犬もいるという。


児童ら襲った犬の飼い主? 名乗り出る 


 大分県中津市で集団登校中の児童ら7人が犬に襲われ、けがを負った事故で、県警中津署は20日、飼い主とみられる同市内の40代の男性が同署に名乗り出たことを明らかにした。


 捜査関係者によると、男性は、かみつき事故が起きた19日朝に家を出て、夜に帰宅した際、屋外で飼っている犬がいないことに気付いたという。署は過失傷害容疑での立件を視野に入れ、飼育状況について事情を聴いている。


 男性は犬の名前など具体的な話をしており、散歩させている姿を見た住民もいることから、署は申し出通り、男性が犬の飼い主とみている。


 私個人の考えだが、犬にかまれる原因の一つに、犬を興奮させて犬をあおるような行動をとっている可能性がある。上記の例も子供たちが悲鳴を上げて犬を興奮させているような気がする。


 犬の扱い、犬種の特性を知らない歩とはむやみに犬に近寄らないなどは常識の範囲だと思う。

2015年2月12日

リベンジポルノ 問題点

リベンジポルノ 問題点


大阪 京都 神戸 岡山 広島 

誰にも知られずリベンジポルノを解決


 事件を取り巻く問題は山積みだ。まず、一度アップされた画像は回収不可能という問題である。友人限定のSNS等であればまだ拡散を防げる可能性もあるが、ポルノサイト等の第三者が閲覧可能なサイトにアップされたものは、半永久的に誰かの手に渡ったままとなり、常に世界のどこかのサイトにアップされてしまう怖れがある。



 リベンジポルノ犯罪に関する報道は、例え匿名で事件を伝えたとしても、インターネットで検索すれば簡単に当該ファイルにたどり着けてしまう恐れがある。ただでさえ事件によってショックを受けた被害者を、報道が二重に傷つけてしまうのである(したがって、本稿では具体的な事例については言及しない)。訴えを起こしたりその報道によって逆に事件を有名にしてしまうことを、実際にそうした被害に陥ったアメリカの有名芸能人の名前を取って「ストライサンド効果」というが、こうした問題にマスメディアが敏感にならなければ、二次被害を恐れて被害者が声を挙げることができなくなってしまう。




 スマートフォンで容易に情報発信が可能になったことが、根本的に事件の増加を引き起こしてしまっている。近年、リベンジポルノと似た構造をもち、英語圏で「セクスティング(sexting)」と呼ばれる問題がある。これは、sex(性ないし性行為)とtexting(携帯電話でメッセージを送る)をかけた言葉で、携帯でポルノ画像を相手に送る行為である。主に10代の少年少女が互いのポルノ写真を送りあうことが多いが、それを一方が学校内の友達に送ってしまい、被害者が学校に出られなくなるといった事件が多発しているという


 日本でもLINEを通して生じており、実際に高校教師からこの種のトラブルを相談を受けている。

 スマートフォンで簡単に実行できることや、また友人間の内輪ノリが、誰も送りたくないのにポルノを送らせてしまう、奇妙な空気を作り出してしまっている可能性が考えられる。

 リベンジポルノは以前から存在していたであるが、技術の発達によって画像の拡散が世界中に及ぶようによい深刻な問題となってしまったのだ


誰にも知られずリベンジポルノを解決

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

2015年2月11日

パワハラトラブル

パワハラトラブル

大阪 京都 神戸 岡山 広島


教授、パワハラで懲戒解雇 


被害の2人退職、3人休職



 5人の職員に退職を強要するなどのパワーハラスメントをしたとして、群馬大は20日、医学系研究科の40代の男性教授を同日付で懲戒解雇処分とした。教授は一部のハラスメント行為については認めているが、「指導の範囲だった」と否認しているものもあるという。

  大学の説明によると、教授は平成24年1月~25年夏までの間、男性4人、女性1人の計5人の職員に対し、「ポストを空けるために(外部機関の)全ての公募に応募しろ」などと退職を強要したり、女性職員には「女性研究者は結婚△(三角)、出産×(バツ)と書いてあるところもある」などとセクハラ発言をしたという。

  教授のハラスメントにより、3人がうつ状態などで休職を余儀なくされ、2人が退職した。

  24年1月に学内のハラスメント相談員に複数の職員から相談が寄せられ、同年1~3月にかけて3度、所属長の研究科長が注意、指導したが、翌年夏まで断続的に続いたという。

  大学がハラスメント調査委員会を設置したのは25年4月で、既に2人が退職した後だったが、井手孝行副学長は「大学側の対応に問題はなかった」との認識を示した。



  職場では複雑に利害関係が絡んでいてトラブルを抱えてしまってもそれを誰にも言うこともできず一人で悩んでいる方が非常に多いと聞いています。
 職場トラブルには大きく分けて二つあります。セクハラ、パワハラ関係とそれ以外の契約問題や過労問題などや残業日の未払い問題などです。


  パワハラとは自分の職権的立場を利用し他人の人権や尊厳を執拗に脅かす言動のことです。
 最近の主な職場トラブルでセクハラと同じぐらい当アイ総合コンサルタントにお問い合わせがあります。
コンサルティングを重ねクライアントの皆様の望む形で解決することが可能です。


社内トラブル、会社内でのいじめ問題から精神的にも肉体的に病んでしまう人が増えています。ウツになった挙句、退職後もウツが治らない状況の方もたくさんいます。何年たっても社会復帰できない方のご両親から相談を受けることも多いのです。しかし、トラブルは自分で解決できるうちに解決しましょう。精神的なダメージが大きいと社会復帰も難しくなります。

トラブルから逃げる時、問題が起こっているのにどうにもならないと諦めた時ウツになってしまいます。いろいろと対応を考えている時はウツになる暇もないのです。

今現在、行き詰っていても諦めない人は、今すぐアイ総合コンサルタントへご依頼ください。


パワハラトラブル 解決なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島



2015年2月10日

結婚相談所トラブル事件

結婚相談所トラブル事件


大阪 京都 神戸 岡山 広島


容疑者は、結婚相談所を利用して、金銭を搾取する相手を物色していたようです。


 この様な仕事の依頼は年に数件はいって来ますが、当社にしては珍しい案件ではないのです。結婚相談所には、結婚したいと思って入っている人が大半なので、詐欺師などにとっては、カモが大勢いるところなのです。


結婚後も複数交際、トラブル捜査中


 京都、大阪府内で死亡した高齢男性の体内から相次いで青酸化合物が検出された連続変死事件で、京都府向日(むこう)市の無職、筧(かけひ)勇夫さん(当時75歳)への殺人容疑で逮捕された妻千佐子(ちさこ)容疑者(67)が、筧さんとの結婚後や筧さんの死亡後にも結婚相談所などを通じ複数の男性と交際していたことが、捜査関係者への取材で分かった。京都府警は千佐子容疑者が1000万円以上の借金を抱えていたことをつかんでおり、交際男性との金銭トラブルなどがなかったか慎重に調べる。


  容疑者は昨年11月に筧さんと結婚する前、大阪府や兵庫県で3回結婚していたが、元夫は全員死亡した。このほか、接点のあった男性数人の死亡情報がある。筧さんを含む数人とは、結婚相談所を通じて知り合ったとされる。


 捜査関係者によると、容疑者は、筧さんとの結婚前に交際し、昨年9月に死亡した男性の遺産を巡って遺族と金銭トラブルを抱えていた。また、千佐子容疑者は逮捕前の取材に対して、筧さんの死亡後、数千万円の預貯金を遺産として得たが、一部の銀行口座は凍結され、金銭的に困っていたと説明していた。


 京都府警は、千佐子容疑者が今回の事件の前後、結婚相談所を通じるなどし、婚姻の事実を伏せたまま複数の男性と交際していた事実をつかんだ。「資産がある」との条件を付けて相談所に登録していたという。


交際していた男性の中には、死亡した際に遺産を渡すことを約束する「公正証書遺言」づくりを持ちかけられていた人もいた。


シニアの結婚相談所トラブル


 結婚相談所の活用は、若い世代だけではありません。近年増えているのは、シニアの登録件数だと言うのです。当社にも多く寄せられ結婚相談所のトラブルは、事業所側との金銭トラブルだけではありません。

 結婚相談所に登録された会員情報の詐称も問題になっています。人生経験の長いシニア世代、離婚や死別で一人になったシニアも多く、その結婚歴に虚偽報告があるケースはもちろん、収入や年金、中には負債を隠しているケースもあります。

 また、京都で起こった青酸化合物を使った殺人事件でも問題になっていましたが、結婚相談所を介して結婚しても、別の結婚相談所で相手を探していたなどと言う結婚詐欺も起こっています。結婚相談所は結婚詐欺師の温床になっているという指摘もあります。

 また、大きな問題を引き起こしているのは、病気です。中でも認知症を隠しているケースが大きなトラブルに発展しています。子供に反対されても押しのけて結婚したのに相手に認知症が・・・。認知症を隠して結婚相談所に登録している人は多いのです。結婚してからの発症ではなく、以前から分かっていた病気を隠しているのもシニアの結婚相談所トラブルではよくある問題です。中には、黙認している業者もあります。結婚相談所はビジネスです。交際期間が長ければ気付くことも気付かせないように結婚をせかす業者もあります。

 そして介護や遺産の問題は、シニア世代には切り離せないトラブルです。少しでも優位な再婚をしたいと言うの欲望を叶える反面、リスクも大きいと言えるのかもしれません。若い時とは違い、失敗が大きな痛手となるシニア世代、トラブル解決はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。



結婚相談所トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


2015年2月 9日

結婚相談所トラブル

 

結婚相談所トラブル


大阪 京都 神戸 岡山 広島

周辺で6人死亡、遺産8億円=千佐子容疑者、結婚相談所介し


 京都府向日市の筧勇夫さん=当時(75)=殺害容疑で逮捕された妻の千佐子容疑者(67)周辺では、筧さんを含め、結婚相談所を通じて結婚・交際していた男性ら6人が相次ぎ死亡している。捜査関係者らによると、同容疑者は遺産の大半を相続、総額は約8億円に上るという。

 他の5人は、兵庫県西宮市の医薬品卸会社社長=同(69)=▽大阪府松原市の農家の男性=同(75)=▽奈良県内の男性▽大阪府貝塚市の本田正徳さん=同(71)=▽兵庫県伊丹市の元内装業経営=同(75)。

 千佐子容疑者は佐賀県出身。北九州市の高校卒業後、市内の都市銀行支店で働いていた1969年、大阪府貝塚市の男性と知り合い結婚した。同市に移り印刷業を営んでいたが、男性は94年に54歳で病死した。

 卸会社社長とは2006年に知り合い再婚。社長は同年8月28日、自宅で亡くなり、検視の結果「脳梗塞」とされた。08年2月ごろには農家の男性と3度目の結婚をしたが、男性は同年5月17日、自宅から救急搬送され死亡。「心筋梗塞」だった。

 千佐子容疑者はいずれも遺産を相続し、自宅などの不動産を全て売却。億単位の金を得たとみられるが、社長の場合は親族に民事調停を起こされ一部を返還した。

 09年ごろには交際相手の奈良の男性が病死。末期がんだったという。

 さらに11年9月ごろ、千佐子容疑者は本田さんと「婚約」したが、本田さんは12年3月9日、泉佐野市でミニバイクを運転中に急死。司法解剖で「致死性不整脈」とされた。同容疑者は「内縁の妻」を名乗り、遺言を盾に親族への遺産分与には応じなかった。

 13年9月20日には交際中だった元内装業の男性が死亡。がんを患い、千佐子容疑者と近くのファミリーレストランで食事をした直後に容体が急変した。自宅は死後、同容疑者が売却した。この約2カ月後の同年11月1日、同容疑者は筧さんと4度目の結婚をした。



結婚相談所トラブルなら

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

大阪 京都 神戸 広島 岡山



2015年2月 8日

小型犬遺棄 事件の真相

 

小型犬遺棄 事件の真相


この問題の原因は下記に書いてます。


 小型犬が放置されたり、死んでいるのが見つかった事件です。新たに山梨や長崎でも判明し、合わせて6県で少なくとも230匹に上っていることがJNNのまとめで分かりました。

 女性に甘えた表情を見せる2匹。このチワワたちは、さいたま市内の公園に捨てられていたところを自治体によって保護されました。
 
 埼玉県内では、ほかにも朝霞市などで去年10月から今年7月までに45匹の放置された小型犬を確認、そのうち3匹は死んだ状態で見つかりました。捨てられた犬のほとんどはチワワで、埼玉県の動物愛護団体が20匹以上を引き取りましたが、まだ5匹の飼い主が決まっていません。
 
 「この子たちは、すごく危ない状態だった。
 
 全国で相次ぐ小型犬の大量遺棄。山梨県では、今年3月以降、寺の境内などに39匹の小型犬が捨てられていたことが分かりました。去年の3月から合わせると、その数は72匹。中には、13匹の小型犬の死骸を、生きている犬とともにゴミ袋に入れ、捨てていたケースもあったということです。
 
 また、長崎県でも今年3月に7匹の小型犬が保護されました。そのうち6匹はメスで、ミニチュアダックスフントやフレンチブルドッグなど主に室内で飼われる犬だったということです。
 
 
 「複数の県で痛ましい、悲しい事案があることは本当にあってはならない。速やかに検討して、動物愛護管理法の適切な執行に向けて全力で取り組みたい」(望月義夫 環境相)
 
 栃木県や佐賀県では、警察が捜査を開始。山梨県では県から情報を提供された警察が、林道のパトロールなど警戒を強化しています。


この問題の原因は下記にあるのです。


今年、2013年(平成25年)9月1日より、「改正 動物愛護管理法」が施行されます。

9月1日からは、動物(ワンちゃん・ネコちゃんだけでなく爬虫類なども含む)の対面販売が義務化され、
動物をインターネットで販売することが禁止されます。その他にも、動物たちを守るための法改正が
行われたことで、ペット業界が大きく変わるであろうことで注目されています。

今回の法改正は、ペット業者さんや動物を飼っている飼い主さんにとっても重要な内容ばかりです。
わたしたちが知っておかなければならない、重要なポイントを分かりやすくまとめてみました。


このことをマスコミはもっと報道すべきです。

2015年2月 7日

医療トラブル  問題点

医療トラブル  問題点

大阪 京都 神戸 岡山 広島

下記の記事に問題点があります。


腹腔鏡手術後8人死亡 群大病院、同じ医師執刀


  群馬大学病院(前橋市)で2011~14年、腹腔鏡(ふくくうきょう)を使う高難度の肝臓手術を受けた患者約100人のうち、少なくとも8人が死亡し、病院が院内調査委員会を設置して調べていることがわかった。

 8人を執刀したのはいずれも同じ医師。同病院ではこれらの手術は事前に院内の倫理審査を受ける必要があるとしているが、担当の外科は申請していなかった。

 病院関係者によると、手術が行われたのは第二外科(消化器外科)。死亡した8人は60代~80代の男女で、肝臓がんなどの治療として腹腔鏡を使う肝臓切除手術を受けた。手術と死亡の因果関係は現時点では不明だが、8人は術後に容体が悪化し、約3か月以内に肝不全などで亡くなった。

 事態を重く見た病院側は現在、同科肝胆膵(すい)(肝臓、胆道、膵臓)グループの全手術を停止している。



 病院が院内調査委員会を設置して調べていることがわかったとの院内調査が問題なのです。一般には院内調査で、どこまで真実が分かるかと、証拠の改ざんの可能性も出てきているのです。


 遺族はこのような対応で納得いくのでしょうか。安易に考えた対応のような気がします。


前にも情報そうさのことをかきましたが。都合の悪いことは、事実と違う内容を公表することは世界共通のことと知っておくべきでしょう。




医療トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2015年2月 6日

今では見かけなくなった学生運動

 

今では見かけなくなった学生運動


京大熊野寮に警視庁家宅捜索



 東京・銀座のデモ行進で警察官が京都大の学生を含む中核派系全学連の活動家3人から暴行を受けたとされる公務執行妨害事件で、警視庁公安部は13日午後、関係先として京都大の熊野寮(京都市左京区)へ家宅捜索に入った。

 捜索は午後2時20分ごろ開始。熊野寮の周辺には、報道陣のほかマスクやサングラスで素顔を隠した人物ら数十人が集まり、現場は「令状を見せろ」などの怒号が飛び交う騒然とした雰囲気に包まれた。

 工具などを積んだ警察車両が到着し、次々と捜査員らが降り立つと、学生らからは「帰れ」などと抗議の声が上がった。令状を掲げたスーツ姿の捜査員が寮内に踏み込もうとすると、学生らが周りを取り囲んで阻止。その周りには機動隊員らが集まり、激しい押し問答が繰り返された。

 学生たちはビデオカメラを回しながら、寮の入り口に集まった捜査員たちに対し、拡声器で「我々には何の落ち度もない」などと抗議。騒然となった現場周辺では通行人が驚いた様子で足を止めていた。


 公安部によると、京大生ら3人は中核派系全学連の活動家。2日午後4時ごろ、東京都千代田区内で開かれた「全国労働者総決起集会」後のデモ行進に参加した際、規制に当たっていた機動隊員3人の肩をなぐったり、制帽をつかみ取ったりしたとして公務執行妨害容疑で現行犯逮捕された。


 京大では4日、この事件に反発する学生らによる集会がキャンパス内であり、無断で立ち入っていた京都府警の私服警察官が学生に取り押さえられる騒ぎがあった。


無関心な学生ばかりではないことで少し安心

2015年2月 5日

パワハラ相談が最多

パワハラ相談が最多

大阪 京都 神戸 岡山 広島



 厚生労働省は30日、全国の労働局が「総合労働相談コーナー」で2013年度に受け付けた相談の内容を発表した。パワハラにあたる「いじめ・嫌がらせ」が前年より15%増の5万9197件になり、2年続けて内容別のトップだった。



 パワハラ関係の相談は、集計がある02年度から11年続けて増えた。相談の中には、「仕事は遅いのに飯だけは早い」「馬鹿野郎」といった暴言や暴行を受けた、といったものがあった。内容に応じて、労働局長名で事業主に再発防止を求める指導などをしたという。



 集計は、労働法令違反にはあてはまらない労働紛争が対象。全体の相談件数は、前年度より4%少ない24万5783件で2年連続の減少だった。雇用情勢が回復したのを反映し、解雇関係の相談が15%減の4万3956件、労働条件の引き下げをめぐる相談が12%減の3万67件だった。



当社でもパワハラの相談は増えてきています。10年前ではセクハラの相談はありましたがパワハラの相談はなかったのです。



 パワハラの一番の問題は、一度逃げ出してしまうと経済的に窮地に追い込まれてしまうためすぐに対応を、本人が取らないことにあります。ここことが問題を深刻化してしまう原因に挙げられます。



 パワハラで悩んで何とかしたい方は



アイ総合コンサルタントにコンサルタント依頼してください。あなたのと空になります




0120-007-808

2015年2月 4日

セクハラ で寛大な処分

セクハラ で寛大な処分

大阪 京都 神戸 岡山 広島

加古川市職員 店員にセクハラ 



勤務中、繰り返し体触る



 兵庫県加古川市環境部の50代男性職員が勤務中にコンビニエンスストアに立ち寄り、複数の女性店員にセクハラ行為を繰り返していたことが6日、関係者への取材で分かった。10月上旬に外部からの連絡を受け、市も問題を把握していたが、店側の意向を理由に職員の処分は見送っている。


 関係者らによると、職員は一般家庭ごみの回収中に市内のコンビニを繰り返し訪れ、約1年前から女性店員の体に触れるなどしたという。9月末には店員の腕をつかみ、自分の下半身を触らせようとした。被害に遭った複数の店員が店を辞めているという。


 兵庫県加古川市によると、10月1日に届いた苦情メールで発覚。同部幹部らが店の防犯カメラなどを確認して「悪質で、明らかな処分対象行為」と判断。しかし、店側から「再発防止だけを願う」などと求められ、職員の所属する課を対象とした注意や倫理指導にとどめたという。問題は一定の解決ができたとして市長には報告していなかったという。


 兵庫県加古川市幹部は神戸新聞社の取材に「処分すべき事案で悩ましいが、苦情の内容は全員がいる場で伝えたので本人は分かっているはずだ。再びセクハラ行為をした場合は厳重に処分すると警告した」と説明している。


2015年2月 3日

LINEを使った犯罪

LINEを使った犯罪

大阪 京都 神戸 岡山 広島


車窃盗、LINEで誘い合う「今日行ける?」



 札幌北署などは7日、住所不定、土木作業員堀翼被告(20)(窃盗罪などで起訴)ら16~23歳の男女15人を窃盗容疑などで逮捕したと発表した。

  自動車盗などを繰り返し、昨年8月~今年7月の9事件で、容疑の対象となった被害額は1400万円を超える。道警は15人が道内各地で計200件以上の盗みを行い、他にも共犯者がいるとみて捜査している。被害に遭った車は約50台で、被害総額は7000万円以上に上るとみられる。

  発表によると、堀被告らは少人数のグループで岩見沢市や旭川市などの中古車販売店に侵入し、乗用車を盗むなどした疑い。盗みに入るメンバーは事件ごとに違い、中には単独で民家の除雪機を盗むケースもあった。15人は大筋で容疑を認めており「遊ぶ金が欲しかった」などと供述しているという。同署によると、15人は友人などのつながりで面識があった。中古車販売店のホームページで狙う車を見つけ、スマートフォンの無料通話アプリ「LINE」やメールで「今日行けるか」などとメンバーを誘い合うこともあったという。仲間内で販売していたとみられる。




 当社は、費用を頂いたクライアントのみの対応です。


※ 無料相談は、行っていません。


クライアントから頂いた費用を有効に使いたいと思っています。当社は、クライアントにとって最善を尽くすことを基本理念としております。

トラブル解決を業とする当社では、十分なヒアリングから内容を精査します。そして、事実確認を行ったうえで各種専門家を交えて対応策を打ち出すのです。その為、ヒアリングは大変重要であり費用を頂いて行っています。
※ 事実確認のための調査が必要な案件もあります。

トラブル解決は、お悩み相談とは違います。話を聞くだけではなく、事実を基に解決が目的です。
 当社はトラブル解決のプロです。警察や弁護士にも相談出来ない案件のご依頼がほとんどです。ご想像いただけると思いますが、弱みがあって問題を公にできないような内容や、警察に行っても相手にされなかった方からのご依頼をお受けすることもあります。もちろん、一度弁護士に断られた案件もご相談ください。当社が間に入り弁護士を入れて解決する案件もございます。そういった判断は、十分なヒアリングや事実確認無しではご提案もできないのです。



アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2015年2月 2日

労災認定

労災認定


大阪 京都 神戸 岡山 広島


 自殺の英会話講師に労災認定



持ち帰り残業月82時間 女性が自宅で作成したレッスンの教材など


 大手英会話学校の講師だった女性(当時22)が2011年に自殺したのは、長時間の「持ち帰り残業」が要因だったとして、金沢労働基準監督署が今年5月に労災認定をしたことがわかった。女性は一人暮らしのため自宅の作業量の裏付けが困難だったが、労基署は女性が作った大量の教材などから作業時間を推定する異例の措置をとった。過労死等防止対策推進法(過労死防止法)が今月施行されたこともあり、女性の父親は持ち帰り残業の問題性を広く訴えたいとしている。



 女性は11年春、子ども向け英会話学校を各地で展開する運営会社「アミティー」(岡山市)に入り金沢市の学校で勤務。実家がある大阪府を離れて暮らしていたが、同年6月に自宅マンションから飛び降り自殺した。生前、持ち帰り残業の多さを聞いていた父親が労災認定を申請した。



  労基署の資料や代理人弁護士によると、労基署は、女性が入社後約2カ月間で主に自宅で作成した文字カード1210枚、絵入りカード1175枚の教材に着目。丁寧にイラストなどがあしらわれ、担当者が作ってみたところ、1枚につき29秒~9分26秒かかったという。これをもとに1カ月の持ち帰り残業時間を82時間と推定し、学校での残業を含めると111時間を超えたため、女性が長時間労働でうつ病を発症したとして労災を認定したという。



大まかにいえばストレスが原因なのでしょう。一人で抱え込んでしまったのか胸が痛みます。






お知らせ



無料相談はしてくれないの?」無料相談がご希望の方は、申し訳ありませんがお断りしています。

当社では無料相談を行っていません。無料相談を行わないのには理由があります。
まず、無料相談で解決することは不可能ですし、時間にも限界があります。どのような企業でも同じことですが、無料相談といえども費用はかかります。
 「時は金なり」という言葉もありますが、限られた時間をクライアント以外の無料相談に費やすことは、費用を頂いているクライアントにとって失礼ですし、デメリットになると考えています。
また、不十分な内容では、リスクまで考慮できないことが殆どです。このリスクを放置することで二次被害、三次被害へと及ぶ可能性が高くなります。それが基で、ご迷惑をかけることになるのです。

2015年2月 1日