リベンジポルノ 相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

リベンジポルノ 相談

 

リベンジポルノ 相談

大阪 京都 神戸 岡山 広島


金もうけに悪用、リベンジポルノ募るサイト続々



 「申し訳ないが、君の過ちをお金にしようって頭が、俺には働くんでね」。黒い野球帽を後ろ向きにかぶった男が挑発的に語る。そんな約12分の動画が昨秋、投稿サイト「ユーチューブ」に掲載された。

リベンジポルノ、米で深刻化 削除しきれず氏名変更も

 この冬、個人情報の窃盗や共謀罪などで起訴され、無罪を主張しているハンター・ムーア被告。「リベンジポルノ」の映像を募る投稿サイトを数年前に立ち上げ、広告収入を得るビジネスにしてきた。映像を掲載された女性に刺されてもサイトを続け、米フォーブス誌によると、一時は月約1万3千ドル(約130万円)を売り上げた。

 スマートフォンで手軽に写真を共有できるようになったことで、リベンジポルノの問題は深刻になっている。米国の同種の別のサイトは集団訴訟を起こされて閉鎖したが、関係者が再開を宣言。第三者が不正アクセスで取得した写真を掲載し、当事者に買い取らせるサイトもある。

 被害者は主にプライバシー侵害や映像の著作権を根拠に訴えてきたが、サイトの運営者がわからない場合が多い。映像をいったん削除できても別のサイトで復活するケースも多く、いたちごっこだ。注目を集めたくない、と訴訟に尻込みする被害者も目立つ。

 「非難されるべきだが、犯罪には当たらない」。ニューヨークの地裁で2月18日、こんな判決が出た。

 判決文によると、男が昨年7月、元交際相手の女性のみだらな写真をツイッターに投稿し、女性の上司らにも送信。悪質な嫌がらせや不快な性的素材の公然陳列罪などに問われたが「ツイッター投稿や一部の個人への送信では公然陳列罪を問えない」と判断された