脅迫文 怪文書 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

脅迫文 怪文書

 

脅迫文 怪文書


山本太郎議員に銃弾郵送 容疑で名古屋の元社長を逮捕


 山本太郎参院議員宛ての郵便物から脅迫文と銃弾が見つかった事件で、警視庁公安部は24日、脅迫容疑で名古屋市昭和区山中町、金属加工会社元社長、水谷三紀男被告(55)=別の脅迫罪で起訴=を再逮捕した。公安部によると、容疑を認めている。


 再逮捕容疑は昨年11月19日、山本氏宛てに「近日中に射殺します。天(てん)誅(ちゅう)」と書いた脅迫文と散弾銃の実弾1発を入れた封筒を千葉県内から郵送したとしている。東京都中央区の銀座郵便局が同21日にエックス線検査で封筒を見つけ、警視庁に相談。山本氏の秘書が中身を確認した。


 差出人に水谷容疑者の取引先だった会社幹部の名前が書かれており、幹部の説明などから水谷容疑者の関与が浮上。今年2月、この会社に同様の脅迫文と銃弾を送付したとして逮捕、起訴されていた。水谷容疑者は平成24年までクレー射撃の銃免許を持っていたという。


 山本氏は昨年10月31日に開かれた秋の園遊会で、天皇陛下に手紙を手渡し、皇室行事への参加を認めないなどの処分を受けた。同11月13日にも参院議員会館に山本氏宛てのナイフ入りの封筒が届いている。



トラブル相談なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島