2014年3月

« 2014年2月 | アイ総合コンサルタント トップへ | 2014年4月»

レイプ被害を解決

レイプ被害を解決

 大阪 京都 神戸 岡山 広島


 被害の相談先については、男性から無理やりに性交されたことがあった人(123人)に、その被害について、誰かに打ち明けたり、相談したりしたかを聞いたところ、「友人・知人に相談した」が22.0%と最も多くあげられ、次いで「家族や親戚に相談した」(8.1%)が1割弱となっている。これに対して、「どこ(だれ)にも相談しなかった」(62.6%)という人は6割を上回っている。

 

 また「どこ(だれ)にも相談しなかった」という人(77 人)に、相談しなかった理由を聞いたところ、「恥ずかしくてだれにも言えなかったから」が42.9%と最も多くあげられ、次いで「自分さえがまんすれば、なんとかこのままやっていけると思ったから」(29.9%)、「そのことについて思い出したくなかったから」(29.9%)、「相談してもむだだと思ったから」(27.3%)、などとなっている。

 

 当社ならこのようなことでも力になれことができます。また女性カウンセラーも在籍していますので、このような場合は、女性が担当します。


 ヒアリング中には話したくないことをお聞きすることがありますが、解決のためには必要なことなのでご了承ください。トラブル、問題を解決し第一歩を踏み出してください。



誰にも知られずトラブル解決

レイプ被害の解決は相談から


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808




2014年3月31日

自殺原因調査 自殺動機解明調査 

自殺原因調査 自殺動機解明調査 


大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 自殺原因・動機別の自殺の状況については、自殺統計から、原因・動機を最大3つまで計上することとし、より詳細に原因・動機を公表している資料がある。


 

 自殺原因・動機別の自殺の状況について、自殺統計によれば、昭和60年前後の自殺者が急増した時期には、「健康問題」及び「経済・生活問題」が増加している。また、平成10年に自

殺者が急増した際には、「家庭問題」や「勤務問題」が若干増加し、「健康問題」「経済・生活問題」が大きく増加している。その後「健康問題」は減少する傾向にあったが、15年にいったん

増加した。「経済・生活問題」については、10年の急増の後、横ばいで推移したが、14年、15年とさらに増加し、その後は減少傾向にある。


 

 平成19年以降の原因・動機別の自殺の状況については、「健康問題」が最も多く、次に「経済・生活問題」が多い。推移としては「家庭問題」が増加する傾向にあり、「経済・生活問題」が減少しているが、「経済・生活問題」については、特に20歳代以下の若者の「就職失敗」による自殺者数が平成21年を境に急増している。

 

 しかし、本当に注意しなくてはならないことは、自殺の認定、事故の認定をされた中には、実はそれとは違う原因で命を落としているケースが実在すること。 交通事故と判断されている

が、他殺の可能性が考えられるケースや、失踪というケースは、自殺他殺の判断もつかないため警察の捜査は望めないなど、色々な事案があります。

 

 家族の不審死などで疑問を感じたら当社へ相談ください。警察が動いてくれないなんて悩んだり、愚痴を言っても何も前進しません。自らその様なことは家族である貴方が取り組むべきです。

 


自殺原因調査 自殺動機解明調査なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2014年3月29日

企業トラブル ソーシャルメディアのトラブル

 

企業 トラブル


企業トラブル ソーシャルメディアのトラブル


 大阪 京都 神戸 岡山 広島


企業でのソーシャルメディア利用が増え、機密情報の漏えいやそれに起因した訴訟問題など悪影響が生じている実態が明らかになった。
 

 シマンテックは8月2日、企業のソーシャルメディア利用と情報保護に関する調査報告書を発表した。標準的な企業では、従業員が機密情報を公表するといった事件が1年に9件発生し、94%の企業が信用の失墜や収益低下といった悪影響に苦しんでいる実態が分かった。

 それによると、企業が経験したソーシャルメディア関連の主な事件は、「従業員がパブリックフォーラムで大量の情報を共有している」(46%)、「機密情報の漏えい、または公開」(41%)、「訴訟の増加」(37%)だった。金銭的な平均の被害規模は、「株価の低下」が103万8401ドル、「訴訟費用」が65万361ドル、「直接的な財務費用」が64万1993ドル、「ブランドイメージの悪化/顧客企業の信頼喪失」が63万8496ドル、「収益低下」が61万9360ドルだった。

 82%の企業は、ソーシャルメディアで発信される企業の機密情報の収集、保管、検索のための仕組みの導入、ソーシャルメディアの使用ポリシーと従業員のトレーニングプログラムの確立といった、さまざまな方策を検討していた。しかし、実際に導入しているのは25%未満だった。

 

 

 全てのコーポレートコミュニケーションと同様に、適切なコンテンツの投稿に関してソーシャルメディアの使い方を定義し、従業員をトレーニングする

 自社の業界に固有の法的、または規制上の要件を確認・理解し、ソーシャルメディアコンテンツの保存を求める規制に対処するためのポリシーを策定する

 業界の規制が厳しい場合は、特にソーシャルメディアコンテンツの自動取得と保存を可能にするアーカイブソリューションの導入を検討する

 情報漏えい防止ソリューションを実装して、機密情報が企業からソーシャルネットワーク上に流出しないようにする別の予防策も用意する


企業トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 

2014年3月26日

結婚詐欺 相談・解決

結婚詐欺 相談・解決

大阪 京都 神戸 岡山 広島

カツラの結婚詐欺師

○○○○被告が女性に勤務先と偽っていた○○大病院

 その結婚詐欺師は、大学病院の医師、アパレル会社社長、などの肩書を偽り、5つのかつらを使い分ける結婚詐欺師だった。交際していた5人の20代女性を言葉巧みに信用させ、現金計1330万円をだまし取ったとして、○○県警に詐欺容疑で逮捕、起訴された無職、○○○○被告(47)は、高収入男性限定のお見合いパーティーに140回以上も顔を出し、ターゲットを定めていた。だが、仇(あだ)となったのは、カツラで偽装した髪形と同様、嘘で塗り固めた肩書だった。

 

 心臓外科医の渡邊ですとあいさつ

 身長約180センチ。スマートな体形。30歳代半ばという男は、名刺を差し出すと自己紹介が詐欺の始まり。

 渡邊俊です。京都大付属病院で心臓外科医をしています。

 高収入の男性限定というお見合いパーティーの会場。神戸市在住の20代の女性は「運命の出会い」に淡い期待を抱いて訪れていた。そして、男と会話を始めた途端、もはや肩書などは忘れてしまうほど、その巧みな話術に魅力を感じ2人の交際が始まった。

 順調な交際が続いていたはずの平成22年12月、女性の携帯電話が鳴り、 「実は4月からニューヨークで仕事をすることになっていた。でも、2人でずっと一緒にいたいから、年末年始にニューヨークに行って、契約をキャンセルしようと思ってる」 自分の仕事より一緒に過ごす時間を大切に思ってくれている感じさせる。女性最高の言葉だった。当然話には続気がある。 「アメリカはホテル代も高いし、弁護士雇って手続きせんとあかんから、お金がかかる。60万円くらいあったら何とか足りるけど、何とかならないか。1月末に給料が入ったら絶対に返すから」

 突然の借金の申し出にも女性は疑問を持つことはなく、1週間後、自宅を訪れた男に対し、女性は用意した現金60万円を手渡した。

 詐欺師に女性はプロポーズも受け、すっかり信じ込んでいた。その後も男から何かと理由をつけられては金銭を渡したが、「だまされている」と疑う気持ちはなく、交際がそのまま続いた。

 詐欺師と、としばらく連絡が取れなくなった昨年1月。女性は心配になり、勤務先であるはずの京大病院に電話を入ると、当然そんな人物はいない。

 

 やっとだまされたことに気づいた女性は、○○県警○○署に被害を相談。昨年4月、○○被告が逮捕された。その後の捜査で、○○被告の"悪行"が次々に明らかになっていく。

 

 同様に医師を騙って近づいた大阪府吹田市の20代女性からは22年夏、大病を装って巧妙に大金を詐取した。



結婚詐欺 相談・解決

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808



2014年3月14日

隣人トラブル相談 隣人トラブル解決


 隣人トラブル相談 隣人トラブル解決


大阪 京都 神戸 岡山 広島


近隣トラブル 住人刺す 殺人未遂容疑で緊急逮捕 無職の男を逮捕
 
 
 近隣住人の男性を包丁で刺して殺そうとしたとして、○○府警は9日、○○都市○○区○○○○○○町、無職○○○○容疑者(61)を殺人未遂容疑で緊急逮捕し、発表した。男性は死亡し、○○府警は容疑を殺人に切り替えて調べる。○○容疑者は「10年来の恨みがあった。殺すつもりはなかった」と話しているという。

 ○○署によると、○○容疑者は9日午前10時半ごろ、近所に住むクリーニング店経営、○○○○さん(75)の首や腹を複数回包丁で刺し、殺害しようとした疑いがもたれている。

 ○○署によると、○○さんは別の近隣住人と立ち話をしているときに刺され、まもなく搬送先の病院で死亡。○○さんと話していた住人が110番通報した。

 現場は東映太秦映画村の近くの住宅街。

 

 隣人トラブルの相談は、良く受ける相談の一つです、当事者間で何とか素養としても状況が悪化するケースが多々あります。そんな時には当社が役に立ちます。このような隣人トラブルの案件は多数扱っています。

 隣人トラブルの放置はこのような事態を招きかねません。隣人トラブルでお悩みの方は当社に相談ください。あなたの力になります。



 

隣人トラブル解決・トラブル相談


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2014年3月12日