婚約破棄 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

婚約破棄

婚約破棄


大阪 京都 神戸 岡山 広島


 婚約破棄の話を、する前に婚約とはそもっそも何かを理解する必要があります。



婚約とは



 将来結婚をしようという約束であるが、これについては民法に規定がなく、判例法によって規制されている。婚約は結納(ゆいのう)の取り交わしなどの儀式によって成立することが多いが、そのような儀式がなくても有効に成立する。

 

 婚約どおりに婚姻が成立するか、または両方の合意で婚約が解消される場合には問題はないが、どちらかが一方的に婚約を破棄した場合に問題がおこる。婚姻はあくまで当事者の自由な意思で成立させるべきであるから、心変わりして婚姻する意思がなくなった者を、裁判所に訴えて強制的に婚姻させることは認められない。



 しかし、正当な理由がなく婚約を破棄した者は、相手方の被った財産的あるいは精神的な損害に対し賠償をする義務がある。また、結納は将来の婚姻を目的として渡される金銭や品物であるから、婚約が解消されたときは、合意による解消であるか、一方的な解消であるかを問わず、返還しなければならないのが一般的である。



 

婚約破棄の正当な理由とは何か



 離婚時の正当な理由を基本的に当てはめるころができるが、結婚前、結婚後の違いがありすべてが当てはまるわけではない。同居義務が結婚前ではないのは当然の事と言える。




 理由なき婚約は



 理由なき婚約破棄こんなことが存在出来ないでしょう。婚約破棄の理由を言えないだけのことでしょう。



そんなときには当社に相談ください。貴方の力になります。




男女 トラブル相談・解決


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808



探偵 浮気調査