2014年2月

« 2014年1月 | アイ総合コンサルタント トップへ | 2014年3月»

画像 映像 脅迫 恐喝 画像掲載で逮捕

画像 映像 脅迫 恐喝 画像掲載で逮捕

大阪 京都 神戸 岡山 広島

わいせつ画像掲載で逮捕

医師装いわいせつ画像要求、ブログ掲載容疑で会社役員逮捕


 医師に成り済まし、結婚を望む女性にわいせつな画像を要求し、入手後にブログに掲載したとして、○○県警生活環境課は16日、わいせつ電磁的記録・記録媒体陳列の疑いで、○○市の○○機器メーカー「○○ィックス」代表取締役○○○○容疑者(41)=○○県○○市=を逮捕した。

 ○○逮捕容疑は昨年9月、○○県の30代女性のわいせつな画像6点を自分のブログに公開した疑い。 ○○課によると、○○容疑者は女性と約8年前から知り合いだったが、昨年6月、結婚相手を紹介すると持ち掛け、自ら架空の医師を装い無料通信アプリLINE(ライン)でやりとりを始めた。

 スマートフォンを2台所持。医師として連絡を取る一方、女性の恋愛相談に乗っていた。

 ○○課は女性の感情を利用し、わいせつな動画や画像を要求したとみて調べる。画像の公開は、医師と信じて直接会いたいと求めた女性と、LINEでけんかしたことがきっかけだったという。

 男女トラブルから発展した画像をブログに掲載されたしけんです。近年このようなわいせつ画像にかかわる相談が増えてきています。

  画像掲載に気が付いた女性が昨年9月、○○県警に相談。○○警は○○容疑者のブログを閲覧できないように対応したようですが、このようなトラブルは誰にも知られずに解決したい方は当社に相談ください。あなたの力になります。

 

 

 

このような画像、映像のトラブルは、だれにも相談するところがなかったと当社に相談に来られた方はよく言われます。このような画像映像は家族にも知られたくないし、警察、弁護士にも相談できないと言われてました。そんな時には当社にご相談ください。誰にも知られずに解決する方法を考えます。


画像 映像 脅迫 恐喝 相談解決なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

2014年2月27日

岡山 出会い系サイト トラブル

岡山の出会い系サイト トラブル

 

 サイトをきっかけに知らない相手と不用意に会うのは危険です.次のように出会い系サイトのトラブルは、未成年者だけでなく、大人はもっと多くトラブルを抱えています。

 

事例 携帯電話サイト 2010年2月
 岡山県内の公務員が、携帯電話サイトで知り合った岡山県内在住の女子高生とお金を渡す約束をしてわいせつな行為を行い逮捕されました。


 

 

事例 携帯電話の出会い系サイト 2009年9月
 

広島県の公務員が、携帯電話の出会い系サイトで知り合った岡山県など4県の当時15~17歳の少女4人にホテルでわいせつな行為をし、デジタルカメラで裸の写真を撮影しました。


 この公務員は、インターネットのチャットを通じて女子中高生と会話をしたり、コミュニティサイトなどで知り合った女子中高生とみだらな行為を繰り返していました。


事例 携帯電話のコミュニティサイト 2009年9月


 岡山県内の会社員が、携帯電話のコミュニティサイトで知り合った女子高生にホテルでわいせつ行為を行い逮捕されました。


事例 インターネットのチャット 2000年4月


 岡山県内の女子中学生が、インターネットのチャットで知り合った県外の大学生と岡山県内のホテルで会い、裸の写真をデジタルカメラで撮影され、HPにその写真を掲載されました。

 

直接会わなくても被害にあうことがあります。

 

事例 携帯電話の出会い系サイト 2006年7月
 岡山県などの女子中学生が、携帯電話の出会い系サイトで知り合った大阪府の会社員の男にだまされ、携帯電話のメールで裸の写真を送らされました。 男は、女子中学生のふりをして相談をもちかけ、言葉巧みに写真を送らせ、裸の写真を受け取ると「中学校に写真をばらまく」と少女らを脅迫していました。


 
直接会わなくてもお金をだまし取られることがあります。

事例 携帯電話のゲームサイト 2010年11月
24歳の男性が、携帯の会員制ゲームサイトで知り合った岡山県内の女子高校生とメールで関係を深めて、結婚話を持ちかけた上、「入院費が必要」などと言い金をだまし取ったとして大阪府内で逮捕されました。


 
男子が被害にあうこともあります。

事例 携帯電話の出会い系サイト 2011年5月
 岡山県内の宗教団体職員が、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男子高校生に数万円を渡し、いかがわしい行為を行い逮捕されました。


 人に言えない様なトラブルを抱えてしまったらアイ総合コンサルタントへ相談ください。あなたの力になります。



 トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

2014年2月 4日

婚約破棄

婚約破棄


大阪 京都 神戸 岡山 広島


 婚約破棄の話を、する前に婚約とはそもっそも何かを理解する必要があります。



婚約とは



 将来結婚をしようという約束であるが、これについては民法に規定がなく、判例法によって規制されている。婚約は結納(ゆいのう)の取り交わしなどの儀式によって成立することが多いが、そのような儀式がなくても有効に成立する。

 

 婚約どおりに婚姻が成立するか、または両方の合意で婚約が解消される場合には問題はないが、どちらかが一方的に婚約を破棄した場合に問題がおこる。婚姻はあくまで当事者の自由な意思で成立させるべきであるから、心変わりして婚姻する意思がなくなった者を、裁判所に訴えて強制的に婚姻させることは認められない。



 しかし、正当な理由がなく婚約を破棄した者は、相手方の被った財産的あるいは精神的な損害に対し賠償をする義務がある。また、結納は将来の婚姻を目的として渡される金銭や品物であるから、婚約が解消されたときは、合意による解消であるか、一方的な解消であるかを問わず、返還しなければならないのが一般的である。



 

婚約破棄の正当な理由とは何か



 離婚時の正当な理由を基本的に当てはめるころができるが、結婚前、結婚後の違いがありすべてが当てはまるわけではない。同居義務が結婚前ではないのは当然の事と言える。




 理由なき婚約は



 理由なき婚約破棄こんなことが存在出来ないでしょう。婚約破棄の理由を言えないだけのことでしょう。



そんなときには当社に相談ください。貴方の力になります。




男女 トラブル相談・解決


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808



探偵 浮気調査








2014年2月 2日