2014年1月

« 2013年12月 | アイ総合コンサルタント トップへ | 2014年2月»

事業承継 大阪 京都 神戸 岡山 広島

事業承継

大阪 京都 神戸 岡山 広島


 ここ最近、トラブル以外の相談といえば事業継承の相談が多く、誰でも悩むことみたいです。
 

 そんな事業継承を考えている経営者によく言われることが「もうすぐよ」早く取り掛かってないと大変よあっという間にそうなってしまうから

 実際に、周りにも数名、会長職に専念している友人も出てきました年齢は、20ねんいじょう年上の方ばかりです。

 そうかといえば、75歳過ぎでもまだまだ頑張っている方も多くそんな方は、後継者がいないからといっています。

 事業規模が、300名以下などでは同族経営のほうが効率が良かったり、従業員数が100名以下でも
会社創業時のメンバーの息子を後継者にすることも多くあります。

 いずれにしても、事業継承、後継者選びは会社の存続に大きく影響が出てきますまた初代と比べて、2代目、3代目は役割が違ってきます

 初代経営者は、こうすれば事業が存続できる、こんな事をしてしまうと、事業存続が危なくなってくる
こんな事は身にしみてわかっています。

 しかし、2代目、3代目は経験もなくブレーンも実際にはいないのと同じですそんな時期を狙って、会社の存続を脅かすものが出てきます。

 初代との違いで2代目以降が大変なのが判断を誤った時の、方向転換これにてこずります。

 ほんとは、間違ったかなと思えばすぐに方向転換をすればよいのになかなか出来ずに無駄な費用と、無駄な時間を使ってしまいます。

 疑問を感じながらの経営のかじ取りは危険なことです。

 私は、初代、2代目と付き合いのあるところは多くその2代目から受ける相談の中に「初代だったらどうする」という質問です。

 常に先代の影が事業継承者に付きまとってくるのです。

引き継ぐものは大変です。

答えは簡単なことです

良いものは継続し

良いものを付け加える

そのための準備が事業継承と思います



トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2014年1月28日

犯罪と洗脳、マインドコントロール

 犯罪と洗脳、マインドコントロール


大阪 京都 神戸 岡山 広島


 近年暮れに世間を騒がした 兵庫県尼崎市を中心に発生した連続変死・行方不明事件、いわゆる「尼崎事件」は、世間に大きな衝撃をもたらした。事件の全容はいまだ判明していないが、とりわけ注目を集めているのが、主犯格とみなされている角田美代子容疑者の「支配力」だ。全ての事件に同容疑者が深く関わっているとすれば、なぜ1人の女性にかくも多くの大人が翻弄され、さしたる抵抗もできずに命までをも奪われることになってしまったのか。「いつ自分も誰かの支配下に置かれてしまうかわからない」と不安を覚えた人も多く、日常に潜むマインドコントロールのリスクと対処法を徹底検証する。



多くの犠牲者を出し世間を戦慄させた「尼崎連続変死事件」
 

 兵庫県尼崎市を中心に発生した連続変死・行方不明事件、いわゆる「尼崎事件」は、世間に大きな衝撃をもたらした。事件が明るみに出たのは昨年11月。コンクリート詰めにされた○○○○さんの遺体が尼崎市内で見つかり、角田美代子容疑者を含む5人が逮捕されている。



 去年10月、兵庫県警による家宅捜索が行なわれ、床下から○○○○さん、○○○○さん、○○○○さんの遺体が発見されると、メディアの報道は一気に過熱し始めた。11月には岡山県の海からドラム缶に詰められた○○○○さんの遺体も発見され、美代子容疑者を含む8人が逮捕された。他にも、少なくとも4人の行方不明者がいると見られる。



 多数の死者や行方不明者が存在する事件の全容はいまだ掴めていないが、日本の犯罪史上、類を見ない凶悪事件に発展しそうな気配だ。



 加害者や被害者たちは、美代子容疑者のマンションで共同生活し、日常的に暴行が行なわれていたと見られる。毎日新聞の報道(11月7日付)によると、「橋本さんは昨年夏ごろ、美代子被告の自宅マンションのバルコニーにあった鍵付きの物置小屋に監禁、暴行されて衰弱死した」という関係者による証言もあるようだ。



 また容疑者たちは、高松市に住む一家に難癖をつけて乗り込み、居座った挙句、暴行などを働いていた。裸にして屈辱を与えたり、娘に親を殴らせたりする行為も強要していたという。遺体で見つかった○○○○さんは、この一家の長女だった。



 洗脳、マインドコントロールは、あらゆるところでもちいられています。会社の社員教育のそれに近い事をしていることがあるぐらいです。




トラブル解決



アイ総合コンサルタント



相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2014年1月24日

内部告発者の憂鬱

内部告発者の憂鬱


大阪 京都 神戸 岡山 広島

「 妻も子もいる、それでも」



 「嫁も子もいる。生活もある。だが料理人として許せなかった」。ある名門ホテルの食材偽装表示を告白した関係者はこう語った。ホテルのレストランメニューに端を発した食材の偽装表示問題。消費者を欺き続けた偽装は、全国各地のホテルレストランや百貨店、高級料亭などにも拡大した。日本が誇る「食の安全」をも揺るがしかねない事態は、業界の認識の甘さがもたらした。そして、問題発覚のきっかけとなったのは会社側による調査だけでなく、料理人たちの「告発」によるものもあった。


「こんなところで働いていたのか」



関係者から多数の告発が寄せられた。目立ったのは「あの店でも偽装がある」といった話だが、内部からの申告も少なからずあった。



 偽装が発覚したホテルの記者会見では、経営者らが当初「故意の偽装はない」「お粗末なミス」と繰り返したが、あるホテル従業員は「あの会見は、あまりにお客さまをバカにしている。総料理長や総支配人が知らないはずがない」と怒りをあらわにした。不信感を持ったのは、消費者だけではなかったのだ。


 別の関係者は「調理場に入る従業員なら誰でも知っている。なのに何で、誰も何も言わないのか」と嘆いた。「自分はこんなところで働いていたのか」。告発者たちも、名門ホテルの一員としての誇りを持っていただけに、客を欺く行為を重ねてきたことに忸怩(じくじ)たる思いがあった。



 ホテル関係者らに取材を重ねて感じたのは、経営陣と、従業員らとの間に吹く微妙なすきま風だ。組織に対する無批判な従属と、閉鎖的な体質が不正の温床となる-。これまでも企業の不祥事が発覚するたびに指摘されてきた構図が、この業界にもあった。企業犯罪の捜査に携わってきた検察幹部は「人は場当たり的で、何となく一線を越える」と指摘する。



「商道徳が希薄になっている」ことが一番の問題だと指摘する。「嘘をついてでも実態より良く見せよう」という発想は、商売の根幹を揺るがすという警告だ。


  「『嘘をついてはいけない』というのは商売の基本だ。ブランドの本質は信用だ。それを守る意識がわかっていたら、こんなことはできないはずだ」と話した。


 「食材偽装はホテル側の競争激化の中で、起こるべくして起きた。行政の指導が全くなかったことも原因の一つだ。取り締まりがされないため、店側が図に乗り、客寄せのためメニューに美辞麗句を並べ、最後には嘘という段階まで踏み込んでしまった」と、偽装がまかり通った背景を説明する。


 そして、「これまでも船場吉兆やウナギの産地偽装など、食材に関する問題は発覚してきたが、ホテル側はこれらとメニュー表示は違うという認識を持っていた可能性がある。やり過ぎという意識は持ちつつ、何の法律違反になるのか分からなかったのだろう」とも語り、ホテル側の問題認識の甘さを指摘。「あいまいな法律と業界の甘えが問題を生み出した。再発防止のためには、現在の景品表示法を改正し、抑止力として罰則と取り締まりを厳しくすべきだ」と訴える。



 「食材を偽装表示した店側に非があるのは言うまでもないが、満足感の面において『真実を知らなければ誰もが幸せだったのに』という問題だったように思う。まさかあのホテルまでという驚きがある一方、マスコミが『食材偽装』というキーワードで、あらゆる事例を十把ひとからげにしてしまったところにも若干問題があるように思う。


 報道されるまで、食べる側は味の違いに気づいておらず、中には同情の余地がある例もあった。ともあれ、食材偽装は『今日も日本は平和だ』と実感できるニュースだし、今後も同じ問題は出てくるだろう。


 飲食業界も、偽装を見抜いた鋭い舌を持つ客には、偽装で浮いた原料代を原資に、その舌をたたえて金一封を送るくらいのことがあってもいいのではないか」







内部告発なら



アイ総合コンサルタント



相談ダイヤル 0120-0078-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2014年1月18日

誹謗中傷解決 インターネットでの誹謗中傷解決

誹謗中傷解決 

インターネットでの誹謗中傷解決



大阪 京都 神戸 岡山 広島



 インターネットでの誹謗中傷の相談は数多く寄せられます。また誹謗中傷の被害は、精神的被害、身体的被害、金銭的被害など様々な被害があります。ネットでの誹謗中傷は、数年に及ぶ被害も少なくありません。そんな時には当社に相談ください。貴方の力になります。



 いじめを受けていた大津市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、加害者とされる同級生とは無関係の女性をインターネット上で中傷したとして、滋賀県警捜査2課などは19日、名誉毀損(きそん)の疑いで東京都目黒区中目黒の会社員の男(30)を書類送検した。同課は認否を明らかにしていない。
 送検容疑は、7月8日ごろ、自身のブログに、いじめ問題と関係のない大津市の60代女性が関係者であるかのような書き込みをして、名誉を傷つけた疑い。
 この問題をめぐっては、今回送検された男以外にも似たような書き込みをした人物がいるとみられ、同課が捜査している



 大津市で昨年10月、いじめを受けていた中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題に絡み、全く関係のない男性をインターネット上で中傷したとして、滋賀県警捜査2課などは21日、名誉毀損(きそん)容疑で、兵庫県西脇市の無職の男(36)を書類送検した。
 送検容疑は7月6日、自身のブログに、いじめ問題とは関係のない男性を関係者であるかのように書き込んだ上、顔写真を掲載し、名誉を傷つけた疑い。







誹謗中傷解決 インターネットでの誹謗中傷解決



アイ総合 コンサルタント



解決ダイヤル 0120-007-808



大阪 京都 神戸 岡山 広島

2014年1月14日

美人局 家出少女 神待ちサイト

 美人局 家出少女 神待ちサイト


大阪 京都 神戸 岡山 広島
 

 基本的に神待ちサイトは犯罪者の巣窟と言える所です。


 少女が家出をしていて、その少女をかくまって男性がセックスをしてあげるというもので、この話だけを聞くと、少女達はどうしようも無い子達かと思えばそうではないようです。家に居場所が無くやむに已まれずといった感じで「神待ちサイト」を利用していたようです。


 私が出会った子って全然そんな雰囲気の子では無かったのです。むしろ大人しくて素直で優しい子でした。



 またこんな子もいました、こんなサイトを使っているのかと言うと、もう人生が分からなくなってきたというのです。本当に両親にも感謝しているし、友人とも上手に付き合って生きている。


 こんな恵まれている環境が有りながら夢も何も無いし、何故生きているかも分からなくなってしまったようです。そのため、フラフラしていたのですが、お金も無いし何となくサイトを見つけて僕と出会ったという経緯でした。



 人それぞれ理由はあるのでしょうがこんな普通な子がこんな見え見え犯罪みたいなサイトを利用しているというのは正直ショック以外の何ものでもありませんでした。



 ここからが、家出少女を犯罪に引き込むこととなるのです。援助交際、美人局犯罪者にとって少女はお金になるのです。



 最初は、そんなつもりはなくサイトを利用していてもいつの間にか犯罪に巻き込まれ逃げることもできずに、プチ家出のつもりが長期にわたり家に帰る機会を失っている子もいました。



 子供も家出は、犯罪に巻き込まれやすい為早期に解決するのが得策です。






美人局 家出少女 神待ちサイト トラブル回避は



アイ総合コンサルタント



相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2014年1月 8日

横領、背任の手口

横領、背任6つの手口

大阪 京都 神戸 岡山 広島


タイプ1:支払用の小切手を振り出す際に金額を水増しし、金融機関で現金化して、水増し部分を

    着服。隠蔽のために、未払いの買掛金を支払済みとして記帳。


タイプ2:現金で回収した売上代金を着服。隠蔽のため、当座預金に虚偽の入金を記帳。


タイプ3:勝手に小切手を作成し、現金化して着服。記帳はせずに簿外の出金として処理。


タイプ4:福利厚生費の名目で架空の経費支払いをし、現金を着服。


タイプ5:社員向けの立替金や仮払金で精算された回収金を着服。


タイプ6:社員の親睦や冠婚葬祭目的のために給与天引きされた積立金を着服。


もちろん、それなりの管理体制をもっている会社であれば、これらの不正を続けることは無理だろう。例えば、売上金を着服すれば、営業サイドの数字と経理の数字が合わなくなったり、取引先に督促状が行きクレームが入ったりして、1、2か月のうちに不正が発覚する。あるいは、普通は、小切手は一人で勝手に振り出せないし、経理の帳簿もそう簡単にはいじれないはずだ。



しかし、実際にこのような事件が上場企業関連で起きているのだとすれば、「まさかうちでは起きっこない」と考えるのは危険だろう。ルールはあっても現場で守られていなければそれまでかもしれない。


上記の事件が発覚した時、犯人の上司も部下も「まさか、あの人が」と絶句したのではないだろうか。親会社の経営陣や内部監査部門も同じかもしれない。しかし、ほとんどの不正はその「まさか」が突然現実となって企業に危機をもたらす。そして、一度事件が起きれば、「信じてたのに」と

いう甘い言い訳は一切通用しない。


不正リスク管理に「あり得ない」「想定外」は禁句である。皆さんの会社の経理部門では、ベテランに任せきりの状況が放置されていないだろうか?不正を犯す側からリスクを見直したい。






横領、背任を解決したいなら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2014年1月 5日

結婚詐欺 結婚詐欺師の手口 

結婚詐欺 結婚詐欺師の手口 


大阪 京都 神戸 岡山 広島

 結婚詐欺 恋愛詐欺


 当社の扱った結婚詐欺、恋愛詐欺の一例を今回紹介します。


 私の知り合いから、相談に乗ってあげてと言われ、その紹介者が、その被害者をオフィスに連れてきたのが始まりでした。金額にして200万円ぐらい貸している相手がいるがどうも信用できないという内容でした。


 やはり、現状把握から始めました。案の定、彼は仕事もせず6人の女性の家を泊まり歩く日々を送っていました。私は、初めからどうやら彼は、他にも女性がいると考えていたので、その様な内容で最初から仕事を受けていたのです。


 その詐欺師は、6人の女性の内、3人に子供を産ませていました。その女性の家を出るとき、子供が出てきて、その詐欺師を送ったのを見てしまったのです。


 女性からせしめて金額は、1億円を超えていたようです。私どものクライアントが被害金額が一番少なかったのです。しかし金額の大小ではなく、信用を裏切られたことが、詐欺の一番の問題です。


 また、なぜ1億円もの被害金額になったかというと、毎月少しの金額と言っても、一人あらり6万円前後の金額を全員からもらっていたのです。これを何年にもわたればかなりの金額になる上、年に数回、あらるるイベントを考えまとまったお金を要求していたようです。


 私は彼をうらやましいとは思えませんでした。たかりで得た金を使っている自分を考えてみると、みじめま気持になったからです。


 当然、クライアントの要望をかなえ、その詐欺師には、血のション便が出るような思いをしてもらいました。


 パートナーに不信を感じたら、当社に相談ください。貴方の力になります。



結婚詐欺 恋愛詐欺


犯罪トラブル解決ならアイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島


 

2014年1月 2日