リベンジポルノ スマホで拡散 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

リベンジポルノ スマホで拡散

 リベンジポルノ スマホで拡散

大阪 京都 神戸 岡山 広島

リベンジポルノ スマホで拡散 「恨み」の拡散


 「リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ」と呼ばれる行為がインターネット上で問題化している。恋人にふられた恨みから、交際中にプライベートで撮った写真や動画をばらまく卑劣極まる行為で、いったんネットに流出すると半永久的にさらされ続ける。米国で規制が始まり、わが国の国会でも議論された。われわれはどう向き合えばよいのか、どう対応したら良いのか。

              

 「リベンジポルノといわれる、嫌がらせがあるんだそうですが」

 参院予算委で10月23日、野党議員が切り出した。「今の日本の環境を考えると、規制をかけていくべきではないのか」との問いに、〇〇〇〇法相は「名誉毀損(きそん)罪が適用できる。被害者が18歳未満なら児童買春・児童ポルノ禁止法の可能性がある」と答弁、現行法で対処できるとした。未成年でなかれば対応できないのか。



 ネット上の中傷問題持当社では扱っているが、年に数件の依頼がある。「元交際相手により裸の画像が出会い系サイトの掲示板に投稿された。「スマホで画像を撮られ松柏を受けている」「削除してほしい」「援助交際で撮られた写真がアップされた」。アイ総合コンサルタントは現在も2件の案件を抱えていす。



 ツイッター上では「安易に裸を撮らせないように教育したほうがよくないか?」「撮らせなければよい論もわかるが、以前より容易になったのも事実。新しい悪事が増えたのなら、法も新たな対応を考えた方がよい」といった議論が起きているが当事者間で納得の上撮影している。


 法律だけでは、リベンジポルノは解決できるものではないと対応をしていると感じてしまいます。

なぜなら、最初は信頼関係にあっての映像撮影許可で、誰も関係があったすることを考えて行動してないのが通常です。




リベンジポルノ相談なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島