2013年12月

« 2013年11月 | アイ総合コンサルタント トップへ | 2014年1月»

企業恐喝 企業脅迫 新聞ゴロ

企業恐喝 企業脅迫 新聞ゴロ

大阪 京都 神戸 岡山 広島

「個人情報が漏れている」と企業にねじ込み 

暴排の時代に生き残る「新聞ゴロ」とは 今も関係断ち切れぬ企業も


 スキャンダルなどをネタに企業に揺さぶりをかけるいわゆる「新聞ゴロ」が11月、警視庁組織犯罪対策3課に相次いで逮捕された。情報管理の甘さにつけ込み、金品を脅し取ろうとする「ブラックジャーナリスト」の存在が改めて浮き彫りになる一方、彼らが発行する情報誌・機関誌を購読し続ける企業側の実態も明らかになった。平成9年の総会屋利益供与事件を機に、経済界から反社会的勢力を排除する機運が高まる中、企業と反社勢力の間で今も繰り広げられる攻防の最新事情。


社外秘のマニュアル流出 「買い取り」は言明せず


 東京都心で最高気温36・8度を記録し、18日ぶりの猛暑日となった8月30日の昼下がり。JR池袋駅(豊島区)から徒歩約10分のビル1階に入居する飲食チェーン運営会社「三光マーケティングフーズ」に、男3人がアポなしで訪ねてきた。

 三光マーケティングフーズは東証2部上場で、居酒屋「東方見聞録」や焼き牛丼店「東京チカラめし」などをチェーン展開する。

 男らは応接室に通されるやいなや封筒から書類を取り出し、目の前に座る30代の社員らに示した。それは、別の社員4人分の雇用契約書と社外秘の研修マニュアルだった。戸惑う社員らに、男らはすごみを利かせながら矢継ぎ早に言葉を発した。


 企業はあらゆる脅迫、恐喝といった犯罪に脅威にさらされている。そんなトラブルを抱えた方は当社に相談ください。


企業脅迫、企業脅迫解決、相談なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山広島


2013年12月31日

現役ミス世界一 脅迫されていた

 

現役ミス世界一 脅迫されていた


現役ミス世界一の〇〇〇〇、脅迫されていた ブログで胸中激白


 日本代表として初めて世界一に輝いた2012ミス・インターナショナルグランプリの〇〇〇〇(26)が11日、自身のブログを更新し、ある男性からの脅迫と嫌がらせで、ミスとしての最後の役目を奪われたと告白している。


 「心配してくれている皆様へご報告」と題したブログには衝撃の事実が記されていた。

 2013ミス・インターナショナル世界大会は7日から〇〇〇〇で開催されており、17日のファイナルステージで世界一が決定する。〇〇〇〇は現役のミスとして審査期間の10日間、各国代表と行動をともにし、新しいミスに王冠とガウンを受け渡して、その役目を終えるはずだったという。

 ところが、ある男性からの脅迫と嫌がらせがあり、「〇〇〇〇協会からマスコミがミスインターナショナル以外のことで騒ぐと困るから、〇〇〇〇さんは大会期間中、体調不良を理由に自粛してほしいと言われました」という。「先日行われた、ミスインターナショナルの記者会見の場にも私がいなかったのは、そのためです」と説明している。

 〇〇〇〇によると、ある男性とは「大手芸能プロダクションの幹部であり、芸能界やマスコミには影響力のある人物」で、「1年前からずっと、つきまとい、嫌がらせ、脅迫、脅し、業務妨害を受けていました」といい、「ミスインターナショナルの協賛企業に幾度となく、脅迫とも言える電話をしたそうです」とも。


 「やっと掴んだ大きな夢を一瞬にして、ハンマーでぶち壊された気分でした。この感情というのは、容易に言葉に表すことのできないものです。1年間、誇りとプライドを持って様々な活動をしたつもりです。最後はきちんと次のミスに王冠を渡したかった...。」と辛い胸中を吐露。


 警察にも相談したが、〇〇〇〇が期待していたような行動、返答がなく、「同じ悩みをもつ多くの女性のためにも、自分の問題をこのままにしておいてはいけないと思い、行動したい」と告発の理由を説明。「明日発売される週刊〇〇〇〇の取材にも応じました」と明かしている。

 この様な業界権力者の場合、外部的に圧力を可決必要があります。芸能界で力を持っていてもそれいがいの業界にまで力が及ぶことはなかなかないものです。



トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2013年12月30日

ストーカー対応

ストーカー対応

大阪 京都 神戸 岡山 広島


女性殺害 復縁迫った元交際相手



 先月27日、○○県○○市の路上で22歳の女性が男に刃物で刺されて殺害された事件で、女性は事件の前に元交際相手の男性に自宅に押しかけられ復縁を迫られたため、警察に相談していたということで、警察は事件との関連についても調べています。



 27日午後4時半すぎ、○○県○○市のJR○○○○駅近くの路上で、市内に住む○○○○さん(22)が3歳の娘と同居している男性の3人で一緒にいたところ、突然、男に刃物で腹部を刺され、死亡しました。


 男は現場からそのまま逃走し、警察によりますと年齢が20歳から30歳くらいで、身長が1メートル70センチから75センチくらい、黒いニット帽をかぶり黒いフード付きの上着にジーパンをはいていたということです。


警察は現場周辺の防犯カメラの映像を分析するなどして、殺人事件として行方を捜査しています。


 警察によりますと殺害された湯浅さんは、ことし9月、元交際相手の男性に自宅に押しかけられ復縁を迫られたため、警察に相談していたということです。


 警察はこの日、湯浅さんの自宅を訪問し、その場で男性からも事情を聴きましたが、暴力などは確認できなかったとして、これ以上つきまとえばストーカー行為になると口頭で注意していたということです。


 男性は事件のあと、連絡が取れなくなっているということで、警察は事件との関連についても調べています。



 このケースでは、警察も十分な対応を取っている案件と言えます。男女間のトラブルでは、当事者がいかに対応するかでずいぶんと結果が違ってきます。当事者間での解決が困難な場合、当然、第三者に金銭を払ってでも対応を考える事を視野に入れておくことが重要でしょう。



 警察の責任ではなく、当事者の責任として考える事が基本です。




ストーカー対策


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2013年12月16日

クレーマー対応 絶対にしてはいけないこと

 クレーマー対応

大阪 京都 神戸 岡山 広島

クレーマー対応 絶対にしてはいけないこと


仕事で避けて通れないのが顧客からのクレームであり、その対応です。

 多くの職場で、クレームはいい製品やサービス造りに生かすことのできる貴重な意見として「ありがたく頂戴するもの」だとされていますが、なかには明らかな言いがかりをつけてきたり、理不尽な要求をしてくる人がいるのも確か。
 

こういったクレーマーへの対処法で重要なことがあります。


お詫びや同調・同意は絶対してはならない

 こちらに非がなく、明らかに言いがかりだと思われるクレームへの対応で大事なのは、とにかく相手のペースに入らないことです。そのためにはお詫びの言葉や、相手への同調・同意は禁句。

 クレームが入ると「大変申し訳ございませんでした」「おっしゃることはよくわかります」などといったセリフを反射的に使ってしまう人は要注意です。それによって「それは非を認めたってことだろ。だったらこっちの意向を受け入れるべきだろう」という展開になってしまったら向こうの思うつぼなのです。


 クレームとクレーマーは違うということを認識し、対応に区別をする必要があるのです。

どう区別したらよいのか、ここが重要となるのです。


 よく話を聞き、要求を的確に把握すること、

これが、クレーマー対策の基本と

クレーム対応の基本です。


要は、初期対応で選別する必要があるのです。




クレーマー対応なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2013年12月12日

宗教トラブル 強要未遂

 宗教トラブル 強要未遂

大阪 京都 神戸 岡山 広島


〇〇死刑囚の妻を逮捕 アレフ入信迫る



 オウム真理教の流れをくむ「アレフ」に知人男性を無理やり入信させようとしたとして、〇〇府警は4日、元オウム真理教幹部の〇〇〇〇死刑囚(49)の妻で、アレフ信者の〇〇(〇〇)〇〇容疑者(36)=〇〇都〇〇区〇〇町2=を強要未遂の疑いで逮捕した。〇〇容疑者は「夫は10人以上を殺した」などと入信を迫った疑いがあるという。


 〇〇府警はこの日朝、〇〇都〇〇区や〇〇市〇〇区の教団施設など6カ所を家宅捜索した。


 逮捕容疑は今年6~7月、〇〇府内に住む30代男性に、アレフが関与しているとみられる冊子を渡したり、アレフのホームページアドレスを添付したメールを送信するなどし、教団に入信するよう強要したとされる。男性とは面識があり、その後、インターネットの交流サイトなどで連絡を取り合っていたとみられる。


 〇〇府警警備部によると、〇〇容疑者は昨年8月に〇〇死刑囚と結婚した。男性に夫が〇〇死刑囚であり、殺人事件に関与していることを伝え、入信を迫ったという。今年8月、男性が〇〇府警に被害を相談した。


 〇〇容疑者は4日午前7時20分ごろ、捜査員が自宅を訪れた際、「え?オウムですか。違います」と教団との関わりを否定した。しかし、自宅の捜索では、〇〇〇〇(〇〇〇〇)死刑囚(58)の写真が多数見つかったほか、枕元には〇〇死刑囚の写真が飾られ、水が供えられていたとい

う。〇〇府警は組織的な関与など背後関係を調べる方針。


 〇〇死刑囚は、地下鉄サリン事件など、オウム真理教による殺人事件7件すべてに関与したとされる古参幹部。11の事件で殺人罪などに問われた公判では、〇〇死刑囚の直弟子を自任した。





宗教トラブルなら



アイ総合コンサルタント



相談ダイヤル  0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2013年12月 8日

リベンジポルノ スマホで拡散

 リベンジポルノ スマホで拡散

大阪 京都 神戸 岡山 広島

リベンジポルノ スマホで拡散 「恨み」の拡散


 「リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ」と呼ばれる行為がインターネット上で問題化している。恋人にふられた恨みから、交際中にプライベートで撮った写真や動画をばらまく卑劣極まる行為で、いったんネットに流出すると半永久的にさらされ続ける。米国で規制が始まり、わが国の国会でも議論された。われわれはどう向き合えばよいのか、どう対応したら良いのか。

              

 「リベンジポルノといわれる、嫌がらせがあるんだそうですが」

 参院予算委で10月23日、野党議員が切り出した。「今の日本の環境を考えると、規制をかけていくべきではないのか」との問いに、〇〇〇〇法相は「名誉毀損(きそん)罪が適用できる。被害者が18歳未満なら児童買春・児童ポルノ禁止法の可能性がある」と答弁、現行法で対処できるとした。未成年でなかれば対応できないのか。



 ネット上の中傷問題持当社では扱っているが、年に数件の依頼がある。「元交際相手により裸の画像が出会い系サイトの掲示板に投稿された。「スマホで画像を撮られ松柏を受けている」「削除してほしい」「援助交際で撮られた写真がアップされた」。アイ総合コンサルタントは現在も2件の案件を抱えていす。



 ツイッター上では「安易に裸を撮らせないように教育したほうがよくないか?」「撮らせなければよい論もわかるが、以前より容易になったのも事実。新しい悪事が増えたのなら、法も新たな対応を考えた方がよい」といった議論が起きているが当事者間で納得の上撮影している。


 法律だけでは、リベンジポルノは解決できるものではないと対応をしていると感じてしまいます。

なぜなら、最初は信頼関係にあっての映像撮影許可で、誰も関係があったすることを考えて行動してないのが通常です。




リベンジポルノ相談なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2013年12月 5日

女性の裸撮影 画像、映像 脅迫、恐喝 

 

女性の裸撮影 画像、映像 脅迫、恐喝 

大阪 京都 神戸 兵庫 岡山 広島


○○○○市立○○小教諭の男性を逮捕


 最近増えてきている男女トラブル相談は次のような内容のものが増えてきています。

 女性の裸を撮影して脅したとして、○○県警○○署は10日、脅迫の疑いで、○○○○市立○○(○○○○)小学校教諭、○○○○容疑者(○○)=○○○○市○○区=を逮捕した。同署によると「これからも会ってもらいたいので裸の写真を撮った」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は9日午後9時5分ごろ、○○○○市○○区のホテルで、同区内の女性(○○)の裸をスマートフォン(高機能携帯電話)で複数枚撮影し、「これからも会ってくれるよね。裸の写真撮ったから。現像してばらまくよ」などと脅迫したとしている。

 ○○署によると、○○容疑者は同日朝に電車内で女性を見かけ、帰りの電車も乗り合わせたことから声を掛けた。女性がホテル内で「帰りたい」と話したため脅迫行為に及んだという。

 

 ○○市立○○小学校によると、○○容疑者は4月から同小で勤務し、4年生の担任をしていた。○○○○校長は「事実ならば教員として許されざる行為。厳正に対処したい」としている。

 この様な、脅迫、恐喝の相談は、ここ5年ぐらいで急増しています。裸の映像を撮影され金銭を要求され、1,000万円以上支払っていたケースもありました。

 この様な状況では、警察にも、家族にも相談できないため被害が大きくなっていることが多く問題です。

 この様なときには当社に相談ください。アイ総合コンサルタントでは、誰にも知られず解決しています。




映像、画像  脅迫 恐喝


アイ総合コンサルタント



相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 兵庫 岡山 広島

2013年12月 1日