2013年9月

« 2013年7月 | アイ総合コンサルタント トップへ | 2013年10月»

被害妄想 被害 解決 相談  嫌がらせ

 嫌がらせ 被害妄想 被害 解決 相談

大阪 京都 神戸 岡山 広島

嫌がらせトラブルの相談は多く受けます。

そんな中で感じるhことがあります。

加害者は被害妄想と思える人があまりも多いことです。

 

 被害妄想とは、

自分が他人から危害を加えられていると

思い込む妄想。

 

病理性・薬物での症状

 

心的外傷後ストレス障害やうつ病、統合失調症などの

精神病患者たちに多く見られる症状の一つで、

他人への根強い猜疑心等が生まれる。

覚醒剤など薬物の使用によって現れることもある。

必要以上な妄想

 

そのような重大な精神疾患に限らず、

ごく日常生活でありがちな軽度の勘違いや猜疑心なども「被害妄想」としてみなすことがあり、

精神的に比較的不安定な思春期では珍しくないともいえる。

 

それらは精神医療の対象とはならず、周囲の人間関係や本人の考え方の問題とされる。

また、個人間における感情や心理の行き違いなど、

本当に被害を受けているのか単なる被害妄想なのか

判別することが難しいケースも日常生活上では少なからず存在する。

 

証拠なき決めつけ

 

また、実際に何かの被害を受けた人間が、

決定的な証拠が無いにも関わらず「あいつの仕業だ」と思い込み、

見当違いの怨恨が生まれることもある。そして、今度は何の実害も被っていないのに、

「あいつが裏で自分を攻撃し(ようと)ている」等といった被害妄想を膨らませていくケースもある。

 

現実には不可能であるにも拘らず、

「思考盗聴されている」「電磁波で攻撃されている」、

どのように自分の存在が重要かも説明出来ず

「集団ストーカーの被害に遭っている」と主張し出す例もある。

 

ただし、これらのケースは、事実被害にあっていないことが証明できないうちは

被害妄想と決め付けることもできないために、

被害妄想という言葉そのものが中傷行為ととられることもある。

これには以下の事件性の関連を参照のこと。

 

事件性の関連

 

ストーカーや嫌がらせの事件・トラブルにおいては、

警察や周囲の者が「被害妄想じゃないの?」などと

問題回避・責任転嫁に及ぶことでより深刻な事態に陥る場合があり、

それに対してまったく根拠のない「ストーカー妄想」と「嫌がらせ妄想」

もまた存在しないわけではないので、客観的で公平な状況分析が求められる。

 

被害妄想 対応

 

被害妄想の被害当事者になった場合の対応として、

自ら行って状況の悪化、殺人事件までにも発展したケースもあり

距離を置くか、第三者に依頼するのが賢明。

 

また話し合おうとすることは、

最も避けるべき行動である。

 

被害妄想でお困りの方は

当社に相談ください。あなたの力になります。

 


嫌がらせ 被害 解決 相談なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120--007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2013年9月30日

セクハラ 誰にも知られず対応

セクハラ 誰にも知られず対応


大阪 京都 神戸 岡山 広島

セクハラ なくならない理由

セクハラに記事を2つ上げます


児童母親にセクハラ

民間出身校長、教委が調査-○○市


 公募で○○月に採用された○○市立小学校の民間出身の男性校長が、児童の母親にセクハラ行為を行った疑いがあるとして、○○市教育委員会が調査に乗り出したことが○○日、分かった。校長が母親に私的なメールを送ったり、飲食を共にした際に体に触ったりしたとの情報が寄せられたという。


セクハラ、同性への言動でも

指針に明記―厚労省


 厚生労働省は27日、セクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)が異性に対する言動だけではなく、同性に対するものも含まれることを同省の指針に明記する方針を固めた。同日開かれた労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の雇用均等分科会で方針を示し、了承された。
 指針にはセクハラの原因として、性別による役割分担意識があることを明記。また、結婚していることを理由として、女性(男性)だけを職種変更させることなども、差別に当たると規定する。


私が考えるセクハラがなくならない理由

1、 セクハラをする側の意識の低さ

2、 セクハラされても黙っている被害者

私は、この二つに理由があると考えています。

 

その中で私は、被害者の側に立って対応をしています。

なかなかセクハラされたからといって

大きな声で拒否できる人ばかりではありません。

 

セクハラで裁判なんてとんでもない。

そう思っている方が大半です。

 

なら、加害者以外、誰にも知られず対応すればよいのです。

 

その様な対応しか

クライアントを守る方法もないのです。

裁判なんかして、立場が悪くな方は多くいます。


そのうえ、セクハラの対応で最も重要と考えているのはクライアントが2次被害を受けないことです。

 

セクハラの対応は

実績のある当社にご相談ください。

 


アイ総合コンサルタント
相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2013年9月28日

宗教 トラブル 脱会

宗教 トラブル 脱会

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

宗教トラブル関係の仕事はコンスタントに入ってくる案件です。この問題は一度抱えてしまうと家族に崩壊につながる大変厄介な問題となるのです。対応を間違えると厄介なことになってしまい、取り返しがつかなくなってきます。


 最近2件の脱会案件を終えることができました。

1年以上の期間を要した案件ばかり、3年を超える案件も珍しくありません。

 


宗教の脱会というのは、非常にデリケートで、ある宗教団体は

監禁という人権侵害をしているところもあるようです。

 

 

 

なぜ宗教からの脱会は時間を要するのか。

 

 

 

それは明らかに言えることが3つあります。

 


1、初期対応が間違っている。

 


2、協力していただくところを間違っている。

 


3、コミニケーションが取れない

 


やはり正しいことを一生懸命することが

 

 

 

 

 

 

解決への近道です。

 

 

 

 

 

 

では「宗教と言うシステムってなに」

 

 

 

この問いには、いろいろな考え方があると思います。

 


「人を助けるシステム」

 


「自分の心を見つめなおすシステム」

 


「善悪の基準となるシステム」

 

 

 

 


システムという言葉に嫌悪感を感じる人も思います。

しかしよく考えてみてください、上記の内容はすべて正しいのです。

私個人の考えでは

 

 

 

宗教とは「効率の良い金集めのシステム」

 

 

 

決して悪い意味でもなく、

宗教団体も企業と同じ金集めのシステムを有していると私は考えています。

そうでなければ、組織を維持できないのです。

 


この金集めのシステムはすべての宗教にあります。なぜなら組織を

維持できないからです。金を集めて人の役に立つよいことです。

 

 

 

 


なぜ宗教トラブルがおきてしまうのか

 


宗教には、教義、教えなどというものがあり

そのことを中心に物事を考え、

思考をめぐらすようになるのです。

 


その為、家族の中に考え方が違う人が出れば浮いてしまい、

社会でも、その様に考え方が違いすぎると浮くのです。

激しい場合は、完全に孤立してしまうのです。

 


離婚原因にも宗教問題、信仰問題は表に出ないだけで

多数みられます。

 


思考の違いは、モノを考える基準が最初からあるため

その隙間を埋めるのは大変なことです。

よって、議論をしても無駄なことが多いのです。

 


話し合えばわかる会えるのか

 


分かり会うには十分な話し合いで大丈夫なのか。

条件つきで、話し合いでも分かり合えるというのは正しい、

しかし、思考、考え方が違えばもっと先にしないといけないことがあります。

 

 

 

その時に、法律家、宗教家に頼んでも

すごいマイナス効果を生むことがあります。

考え方の基準が違うので当然です。

 

 

 

そんな時には当社に相談ください。あなたの力になります。

 

 

 

宗教トラブル相談なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

2013年9月26日

クレーマー対策 お客様とクレーマー

クレーマー対策

 

クレーマー対策 お客様とクレーマー

大阪 京都 神戸 岡山 広島

お客様 いいえ違います クレーマーとお客様は違うのです。

どこが違うのか、お客様は、お客様に迷惑をかけません。しかしクレーマーはあなたの大切なお客様に迷惑をかけるのです。

クレーマーとお酌様の違いを明確にするのた大変困難で、クレームは大切な経営資源で、無下にできないのは夕までもないのです。


 こんな記事を見かけました。

 

○○○○店員に「土下座」強要 非難殺到、炎上騒ぎ


 衣料品チェーン「ファッションセンター○○○○」の女性店員に土下座させ、その姿をツイッター上で公開した女性に批判が殺到している。


実名公開「土下座させるお客様凄い凄過ぎる」

 投稿者は9月3日、○○○○○○○○の「○○○○苗穂店」で撮影した画像をツイッター上に複数回アップした。そこに写るのは、売り場の床に正座し、手を膝の付近であわせて深々と頭を下げる2人の女性店員だ。

 

 ツイートはほぼ同じ文面だが、いずれも「店長代理○○と平社員○○」と実名まで晒している。

 

 土下座の理由については「従業員の商品管理の悪さの為に客に損害を与えた」とコメントしているのみで、具体的な問題には触れていない。

 

投稿者と店側の間に何があったのかは分からないが、土下座の強要、「土下座させるお客様凄い凄過ぎる怖い怖過ぎる」というコメント、さらに撮影してネット上に公開する行為は、多くの人の反感を買った。

 

関連スレッドが複数たち、炎上騒ぎに発展した。

 

 「理由はどうあれ、これは笑えないし不快」「土下座姿ってプライドを捨てた必死の謝罪なのに、それを嘲笑して晒しものにする行為は許せないわ」「こいつは客としての一線を超えた」「あーあー、名前まで出しちゃって。裁判なったら負けるよこの『お客様』」など多くの批判コメントがあがった。

 

 写真右端に子供の靴が写りこんでいることも「その場で見てた子供かわいそう」と、ネット民を怒らせる要因となったようだ。


 こんなクレームの付け方は、お客様といえること自体無理な話、企業はこのようなことには逃げ腰になるが、あえてこのクレーマーきついお返しをしてもらいたいものです。


 まだまだ被害が出るだろうな。

 

 企業側はこの対応どう考えているのだろうか。クレームは一時的と考え嵐がとうりすぎるのを待つだけでしょうか。

 

 お客様の考え方を企業側も考えて見たらどうかと思います。実際に当社がコンサルタントに入って、お客様と、クレーマーは別と考えるよう指導しています。

 

 お客様に迷惑をかけるのがクレーマーなのです。

 

 話せばわかるといった考え方もあるのですが、実際の現場ではそんなこと現実にありえないことは誰でも承知しています。人間は考え方の基本的なことが違えば分かり合うことに時間がかかりすぎます。そんなことでは時間の無駄と思います。

 

 


トラブル 解決の アイ総合コンサルタント

 

相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2013年9月25日

別れ話 トラブル 解決 相談

別れ話 トラブル 解決 相談

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 別れ話でトラブルを抱えてしまっている人の相談を多く受けます。一人で悩まず私どもに相談ください。

 別れ話で 、トラブルになり相談にみえるクライアントは多く、あらゆる問題を抱えています。その中でもトラブルを放置していたため深刻な状況に陥っていることも多く解決までに時間を要していることも多いのです。当然警察にも言えない、弁護士にも言えないなど状況は様々ですが、ほっといたら状況が悪くなるだけです。

 別れ話のもつれで殺人事件に発展するケースもあります。別れ話でトラブルになりそうなら当社へ社へ相談ください。 

 

 ○○府○○市の遊歩道で女性が殺害された事件で、逮捕された元交際相手の男が、女性の帰宅時間を狙って犯行に及んだとみられることが分かりました。


 ○○市○○区の会社員・○○○○容疑者(○○)は○○日夜、同僚で元交際相手の○○○○さん(○○)の首をナイフで数回刺して殺害したとして、○○日に逮捕されました。犯行時間帯の前後には、現場付近の防犯カメラに○○容疑者の姿が映っていて、○○警察は、岡本容疑者が事前にナイフを準備し、○○さんの退社時間を狙って犯行に及んだとみています。

 ○○容疑者の親族:「普通に心優しいまともな人。動揺して、勘弁して頂きたい」

 ○○警察に対し、○○容疑者は「別れ話を持ち出され、口論となったことを恨みに思って殺害した」と話しているということです。

 

当事者だけでの解決が困難と考えたり、警察、弁護士などに相談でき中たな相談くださいあなたの力になります。

 

 

 

別れ話 トラブル 解決 相談 ならアイ総合コンサルタントへ

 

相談ダイヤル 0120-007-808

2013年9月20日