2013年6月

« 2013年5月 | アイ総合コンサルタント トップへ | 2013年7月»

妻の不倫現場に遭遇 その対応

 妻の不倫現場に遭遇 その対応


タレントの○○○○が離婚した。原因は○○の不倫といわれている。妻の不倫現場に遭遇したとき、夫の対応はどうすればよいのか

 

 このところ注目の的だった○○○○と○○○○が、やっぱり離婚届を提出しました。あくまで報道によるとですが、原因とみられているのが、○○が自宅で不倫に励んでいた現場を夫の中村が目撃したという事件。今年の2月、飲み会の後に矢口が年下の男性モデルを自宅に"お持ち帰り"して、夫婦の寝室にいるところを予定より早く帰った中村と鉢合わせしたとか。どういう場面を目撃したのか、そこでどんな対応をしたのかは判りませんが

 

 

不倫がこれだけポピュラーになっている世の中ですから、私たちも同じ状況になる可能性は大いにあります。そう○○と同じ目に遭う可能性が誰でもあります。備えあれば憂いなし。いつ妻の不倫現場に出くわしてもいいように、大人としての望ましい対応を考えておきましょう。

 

 人の女房に何しやがるんだとか何とか言って、いきなり殴りかかるのも考えもの。相手が恐い人だったり強い人だったりするリスクもあるし、自分を裏切った女房ではなく連れ込まれた男だけに怒りの矛先を向けるのは、なんだかみっともない気もします。


  では、どうすれば妻と間男野郎を針のムシロに座らせることができるか。怒ったり騒いだりしたら、相手も開き直って楽な気持ちになります。まずは落ち着いた口調で詰め寄りましょう。ジョークでも一言、ジョークが秘めた怒りの大きさを表現してくれ、そんな小粋なセリフを言えた自分に対する満足し余裕が生まれます。

 もし二人が裸なら、あわてて服を着ようとしても「あ、そのままそのまま」と押しとどめて、「まずは記念に一枚」と言いながら携帯のカメラでパチリ。証拠写真を撮ることで、ふたりをいろんな意味で追い詰めることができます。さらに、間男野郎に向かって運転免許証の提示を求め写真に収めることも大切です。

 

 その後は、当社のクライアントのみの対応です。間男に制裁なら当社に相談ください。

2013年6月 5日

医療現場の疲弊


医療現場の疲弊

 

勤務医や看護師への患者の暴言・セクハラ、長時間労働


 病院勤務医と看護師が置かれた職場環境は、過酷としか表現できないかもしれない。日勤-当直-日勤で連続48時間勤務、月間労働時間が300時間超こんな状況も決して珍しくないのだ。

  医療従事者が疲労した状態で治療や手術に臨めば、医療ミスも発生しやすい。医療従事者の健康が確保されてこそ、患者の安全も確保されるのだが、現実はそうではない。

 

 日本医師会が2008年度に実施した調査では、医師たちの悲鳴が数多く寄せられていた。「正直自分の健康に手は回らない」「超勤簿に45時間以上と書くと病院長から呼ばれるので書けない」「当直の翌日は、集中力の低下・注意散漫となり、医療事故が起こりやすい状態になっていることが自分でもわかる」

 


  日本医師会が08年度に調査したところ、医師の睡眠時間は1日5時間未満が9~10%、6時間未満が41~44%。さらに6%の医師が、死や自殺について1週間に数回以上考えていたことが明らかになった。ところが、「同僚に知られたくない」「自分が弱いと思われたくない」などの理由で、53%が自分の体調不良についてまったく相談していないのだ。

 


 看護師も疲弊

 


  看護師をめぐる就労環境も同様で、日本看護協会(以下、日看協)の調査によると、11年度の看護師1人当たりの月間夜勤時間は80時間超が17.3%、72時間超が31.9%という状況だ。6年前のデータだが、日看協の調査で、職場環境に関する離職理由では「勤務時間が長い・超過勤務が多い」(21.9%)が最も多く、次に「夜勤の負担が大きい」(17.8%)が多かった。

 


  日本の看護師数は11年に141万人だったが、高齢化社会のピークを迎える25年に必要な看護師数は、厚生労働省の社会保障改革に関する集中検討会議の試算では195~205万人。あと60万人を増員しなければならず、毎年4万人以上の増員が必要な計算だ。

 


  職場への定着を図ることが喫緊の課題で、日看協会長の坂本すが氏は、3月24日に都内で開かれた「医療分野の『雇用の質』向上シンポジウム」で、「日本の看護の課題は離職をなんとか防ぐこと」と指摘した。

 


 「ちょっとした手術ミスで、患者と家族に担当医が謝罪をしたことがあった。私も責任者として同席したのだが、患者の家族から人格を否定されるような口汚い言葉で罵倒された。それも1時間近く。ひたすら頭を下げ続けたが、心が相当へこんだ」

 


  長時間労働、暴言、暴力、セクハラ、医師も看護師も、これだけの惨状の中で患者の健康を支え、命を救おうと心身を削るようにして働いているのだ。

 


看護師の職場環境

 


  「夜勤・交代勤務に関するガイドライン」で、以下のような勤務編成基準を示した。

・勤務と勤務の間に、最低11時間以上の間隔をあける。
・拘束時間は13時間以内とする。
・夜勤の連続回数は最大2連続(2回)まで。
・夜勤の途中で連続した仮眠時間を設定する。
・2回連続の夜勤後は概ね48時間以上の休息を確保する。
・連続勤務日数は5日以内。

  これらの基準を明文化せざるを得ないのが、看護師の職場環境の実態なのである。

 

 

 

過酷な職場環境の原因は医師不足

 


 過酷な職場環境の原因は医師不足にある。雇用の質ではなく、雇用の量が問題なのだ。いまの医師数では高齢化の波に追いつかない。   医師不足の問題はその通りだと思うが、現状でできることがあるのではないかと思って今日は話した。質を向上させる取り組みで職場が改善されるという意見が出ている。  


  医師不足の解決策である医学部の新設には賛否両論があり、しかも政界絡みのきな臭い噂も流れているが、必要な施策だろう。一方で、患者と家族による暴言、暴力、セクハラへの対処も深刻な課題だ。医療ニーズが拡大する中での医療崩壊、これを阻止するには、医師だけでは追いつかないのが現状と言える。


医療トラブル相談

 


アイ総合コンサルタント

 


相談ダイヤル 0120-007-808

2013年6月 4日