美容トラブル相談 美容トラブル解決 マッサージは違法行為か  | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

美容トラブル相談 美容トラブル解決 マッサージは違法行為か 

美容トラブル相談 美容トラブル解決 

 

マッサージは違法行為か

 


 最近の相談で多いのがエステトラブル、などの美容系のトラブル相談です。施術をしてもらったがかえって悪くなったなど。


 日本では国家資格を持っている人以外は、仕事として他人の体にマッサージすることは禁止されている。アロマテラピーなど、海外で通用する資格を持っていても、日本では日本の資格を持たなければならない。

  だが、実際には、資格を持たないスタッフが施術をする、マッサージ類似の施設があふれている。「リラクゼーション」や「癒やし」「ほぐし」を掲げたり、「足ツボ」「タイ古式」などの名前の付いた店は、繁華街に看板を並べ、健康ランドのような温浴施設や大型商業施設の中には必ずある。それが不調に悩む現代人の駆け込み寺になっている。

 


  ちなみに、「リラクゼーション」や「リフレクソロジー(足の裏にある反射区を刺激していく足裏健康法。英国式などがある)」「足ツボ(リフレクソロジーと考え方はほぼ一緒。台湾式などがある)」「ボディーケア」などをうたうチェーン店が登場したのは、今から15年ほど前。ストレス社会を反映してか、急激に成長を遂げた。今では「ほぐし系」「癒やし系」「ストレッチ系」などに分かれてもきた。

  なぜ、それらの施設が問題とならずに増えているのか。それについて取材先で何人もが口にしたのは、50年以上前に出た最高裁判決(1960年1月27日)だ。

 


  その判決は、医業類似行為(医師がおこなう治療以外で、健康や症状の改善をもたらす行為)では、それによって「人の健康に害を及ぼすおそれがあること」が認められない限り、処罰の対象とならないと解釈されるものだった。

  日本○○大学学長で○○診療所(東京都○○区)院長、○○(○○○○)医師は言う。「この判決以降、保健行政の隙間をぬって、無資格で医業類似行為をする人たちが出てきた。その結果、こういう産業が既成事実化してしまったのです」。

 

 この業界も医療業界同様トラブルが多い業界で、しかもグレーゾーンが多いのです。

 


 この様なことでトラブルを抱えたら当社に相談ください。あなたの力になります。

 

 

美容トラブル相談 美容トラブル解決

 

アイ総合コンサルタント

 

相談ダイヤル 0120-007-808

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島