2012年10月

« 2012年9月 | アイ総合コンサルタント トップへ | 2012年11月»

ストーカー殺人 京都

同志社女子大ストーカー殺人 容疑者は59歳元官僚

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 京都市の下鴨神社近くの路上で起きた殺人事件で、同志社女子大学の教育・研究推進センター次長・○○○○容疑者(59)が9月29日、殺人容疑で逮捕された。


 被害者は同じ大学の教務課係長・○○○○さん(36)。20日深夜、車で帰宅した○○さんの胸などを、待ち伏せしていた○○容疑者が刃物で数回刺したとされる。


「数カ月ほど前から、(○○容疑者が)同僚女性に無言電話やつきまとい行為を繰り返していたらしい。○○さんは女性から相談を受けていたようです」(捜査関係者)


 事件の2、3日前には、駐車場にとめた車の中で3人で約1時間話し合い、○○さんが○○容疑者に注意していたという。これで逆恨みされたようだ。


 ○○容疑者は文部省(現文科省)のノンキャリア出身。事件後に大学で開かれた緊急会議にも何食わぬ顔で出席していたという。大学関係者が話す。


「元官僚なので、学部や学科を新設したり科研費をぶんどったりするのに、文科省とのパイプ役になっていた。態度は横柄で、自分に非があっても素直に謝ることのできないタイプ」ということらしい。


 東京出身で妻子もいたが、単身赴任で一人暮らしだった。大学に取材を申し込むと、「女性が誰だか、私も分からない。警察にお任せしており、3人の間で何があったかを調査する予定は今後もない」と、まるで他人事のような対応。

 しかしこの対応は、間違っていないし、そう対応を取るしかないのである。

 被害者は、気の毒だが、この様なストーカートラブルに第三者が入ることはかなり注意して関わることは忘れてはならない。



ストーカートラブル解決

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年10月25日

近隣トラブル解決 殺人

近隣トラブル解決 殺人

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 ○○都○○区の住宅街で、女性が男に首を切られ死亡した。男は警視庁の元警視で、女性の家に一時立てこもり、警察官が突入したが、男はすでに死亡していた。被害者の女性と男には、ごみ出しなどをめぐりトラブルがあったとみられている。
 住宅2階のベランダから突入する警察官。
 白昼の立てこもりで、高級住宅地に緊張が走った。
 「男が日本刀を振り回し、人が倒れている」と110番通報があったのは、10日午前11時半ごろ。
 警察官が駆けつけると、○○○○さん(62)とみられる女性が、○○区○○の路上で、首から血を流して倒れていて、その後、死亡が確認された。
 目撃した人は「刺してるみたいな音は聞こえた。(刃渡りはどれくらい?)わたしが見るかぎり、このへんしか見えなかった。長いのかなと思って...」と話した。
 ○○さんを切りつけたのは、向かいの家に住む警視庁の元警視○○○○容疑者(86)で、一時、久保さんの家に立てこもった。
 警察官が突入した際、○○容疑者は、1階の玄関脇の部屋で血を流して倒れているのが見つかり、死亡。
 首を切った痕があり、自殺とみられている。
 近所の住民によると、2人の間には、以前からごみ出しをめぐるトラブルがあったという。
 近所の住民は、「その1軒(久保さん)が散らかしているんだよ、一帯。(何を?)ごみだよ、ごみ」、「○○容疑者は昔刑事で、民生委員もやっていて。あの女○○さんが越してきてから、常識も何もないし、頭にきてるんだということは言っていた」と話した。
 また、○○容疑者は2012年7月、「自宅前で殺虫剤をまいていたら、○○さんに体当たりされてあおむけに倒された」と、警察に相談に訪れていたという。
 警視庁は、トラブルの詳細を調べるとともに、○○容疑者を被疑者死亡のまま、殺人の疑いで書類送検する方針。




近隣トラブル解決 殺人 

近隣トラブル解決ならアイ総合コンサルタント

近隣トラブル解決相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島
2012年10月11日