2012年8月

« 2012年7月 | アイ総合コンサルタント トップへ | 2012年9月»

優良探偵社 無料紹介

優良探偵社 無料紹介

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 ソフトバンクモバイルの顧客情報を不正に取得、開示したとして同社代理店の元店長らが逮捕された事件。情報を得ていた調査会社がNTTドコモやauの顧客情報も入手できると宣伝していたことが新たに分かるなど、事件は広がりを見せている。携帯番号と名前から住所や家族構成が漏れる実態が明らかになった発端は、暴力団捜査をめぐる事件だった。

警部宅へかかった一本の脅迫電話 愛知県警の警部(48)の自宅へ平成22年7月、一本の電話がかかってきた。警部の次女の実名を挙げ、暴力団捜査の中止を求める脅迫電話だった。

 当時、県警は名古屋市中村区に本部のある指定暴力団山口組弘道会への取り締まりを強化していた。弘道会は山口組6代目組長の出身母体であり、会長は山口組ナンバー2を務める。山口組の下部団体約1350団体の中で最有力の2次団体とされる。

 脅迫電話を受けた警部は、この弘道会の捜査などを担当していた。なぜ次女の名前が分かったのか。県警の捜査で、警部の住民票が不正に取得されていたことが分かった。

 今月4日に名古屋地裁で言い渡された事件の判決によると、警部の住民票は22年4月以降、東京都内の司法書士事務所経営者や元弁護士の男(48)が、偽造した職務上請求書を使って取得したものだった。

 住民票の請求に必要な警部の住所は、どのように漏れたのか。

携帯番号→端末情報→住所→住民票 県警のこれまでの調べによると、不正競争防止法違反容疑で逮捕された岡山市のソフトバンク代理店の元店長の男(33)が店で働き始めたのは19年4月。まもなく広島市の探偵業者の男(36)から頼まれ、同年7月から約3年半の間に1000件以上の顧客情報を渡していた。

 探偵業者は、知りたい個人の携帯番号と名前を元店長へ携帯メールで伝えて依頼。元店長は代理店の端末に番号と名前を入力し、住所などの個人情報を照会していたとみられる。

 代理店業務に関する内規では、個人情報を印刷したりメモしたりすることは禁止されているが、元店長は携帯メールに情報を打ち込み探偵業者へ送信していたため、周囲に不審に思われなかったという。元店長は「目立たないよう、1カ月当たりの個人情報の照会数を調整していた」とも供述している。

 探偵業者は入手した情報を、さらに愛知県あま市と名古屋市の調査会社2社へ転売。警部の端末情報が取得されたのは22年7月1日とみられ、司法書士事務所経営者らが警部の住民票を不正に取得したのは1週間後の同8日だった。

 県警は、元店長が漏らした警部の住所が、探偵業者や調査会社などを通じて司法書士事務所経営者らへ渡り、住所から住民票を取得して、次女の名前を調べたとみている。

 探偵社への調査依頼、はこのように、調査依頼する探偵社を間違えると大変なことになります。その探偵社に調査依頼をしたクライアントは警察に呼ばれて事情聴取を受けているはずです。

 ま、違法な調査方法で調査を進めることも、同様の被害を受けることとなります。なた違法な調査を平気でする探偵社も同様の被害を受けることとなります。


 優良探偵社を紹介してほしいと考えている方は当社へ連絡ください。無料で紹介します。


優良探偵社 無料紹介なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年8月31日

いじめの慰謝料請求

いじめの慰謝料請求

大阪 京都 神戸 岡山 広島

いじめの時効、請求先

時効は3年間 通常、加害者が未成年の場合は保護者や学校へも請求可能です


 当然、卒業後も加害者に対する慰謝料請求は可能です(一般に加害者本人の責任能力が認められるは12~13歳以上と言われており、中学生以上のいじめ事件を前提としての話とします)。在学中よりも、卒業後に訴えを提起するケースの方がリスク回避のため多いのではないかと思われます。
 
 いじめを理由とする加害者に対する慰謝料請求は民法上の不法行為(民法709条)を根拠とするため、不法行為に基づく損害賠償請求権の消滅時効期間(被害者またはその法定代理人が損害及び加害者を知ったときから3年間。民法724条)が経過する前に慰謝料請求をする必要があります。
 
このようなケースでは、加害者本人がまだ未成年であるうちに訴え提起をしなければならない場合も多く、このケースでは、加害者本人には実質的に賠償能力がない場合が多く、加害者本人のみならず保護者や地方公共団体または学校(私立の場合)に対しても慰謝料請求をするのです。
 

いじめが不法行為として成立するための構成要件


 では、どのような場合に、いじめが違法性を帯びて不法行為が成立するのでしょうか。この点について、外形的にいわゆるいじめというような行為があったとしても、加害者との関係では直ちに不法行為が成立するほどの違法性があったことにはならず、軽微ならざる加害行為を行なった場合や、被害者が明確に拒否しているにもかかわらず執拗に加害行為を継続している場合、保護者や教師から厳格な注意を受けたにもかかわらず依然として注意に背き加害行為を行なったなど、加害行為が相当程度強いときに不法行為が成立する実質的な違法性があると判示したもの、その態様が児童同士のふざけあいとみなし得る範囲を大きく逸脱し、執拗で悪質な行為であるといわざるを得ないと不法行為認定をした例もあります。
 

いじめの事実と、損害との因果関係の立証が必要


いじめは加害者側が立証することとなります
 実際には、裁判所において、不法行為としてのいじめが認められるためのハードルは低くはなく、さらに大変なのは、いじめの事実と、いじめと損害との因果関係の立証と言えましょう。
 
ある事件は、約20分間にわたって被害者一人に対し10名以上の児童が代わる代わる連続的に共同の暴行行為を行い、被害者が約半年間、不登校状態になったという事案ですが、認められた慰謝料額は40万円、その控訴審である高裁での判決では、増額はされたものの認容額は60万円でした。


 このように、法律だけでの対応では、被害者感情が収まるわけではないのが実情です。あらゆる角度からこの問題に対しアポローチするのが得策と言えます。

いじめの慰謝料請求 イジメ 虐め

いじめの慰謝料請求なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島


2012年8月30日

内部告発 告訴告発


内部告発 告訴告発
大阪 京都 神戸 岡山 広島


 ○ ○新聞は○○被告が逮捕される前の19年7月6日朝刊(大阪版)で、「頻繁に接待受ける」などの見出しで、○ ○被告が大手ゼネコン側から頻繁に接待を受けていた-と報道。○○被告は22年、「恒常的に接待を受けた事実はない」として、新聞社側に1千万円の慰謝料を支払うよう求め、大阪地裁に提訴した。
 
 この訴訟の過程で、新聞社側は記事の正当性を主張するため、当時の大阪地検幹部2人から取材した内容のメモを証拠として地裁に提出した。メモには、幹部2人の実名や取材のやりとりが含まれていた。
 
 このメモを含めて新聞社側が訴訟で明らかにした経緯によると、談合事件を担当していた記者2人は19年6月、別の記者から「○○被告は毎日のようにゼネコン側から接待を受けていたらしい」との連絡を受けて、検察幹部に取材するため出勤前や帰宅後に接触した。いわゆる朝駆け、夜回りと呼ばれる取材だ。
 
 記者が「(○○被告は)ゼネコン側とは1回会っただけと発言している」と話を向けると、幹部は「そんなことはないやろ。何度かは知らんけど、1回っちゅうことはないわ」と返答。別の幹部も「(接待は)大阪だけじゃなく枚方でもやってたんですよね」と質問する記者に対して、「それでいいんじゃない」と応じたという。
 
 記事はこれらの取材をもとに書かれたが、今年6月の判決は「取材活動は記事を正当化するには到底足りない粗末なものだった」として名誉毀損を認定、新聞社側に600万円の支払いを命じた。
 
 双方が控訴したため大阪高裁で審理が続くが、新聞社広報グループは訴訟で取材源を明示したことについて「本件については係争中のためコメントは差し控える」としている。
 

 
 一般的に、事件取材にあたる報道機関は、捜査当局の公式発表だけを報じるのではなく、捜査関係者などから非公式に情報を入手して真実に迫ろうと努める。こうした場面では当然、報道機関として取材源の秘匿が求められる。問題の記事でも、新聞は「関係者によると」として報じ、取材源を明示しなかった。
 
 「絶対に取材源を守るという信頼があるからこそ、相手は口を開く。それが、訴訟になったからといって反故(ほご)にするようでは、誰も取材に協力しなくなってしまう」と批判。「裁判などで取材源の開示を求められた記者が証言を拒否することはあるが、逆に自ら取材源を明らかにするとは理解できない」と話している。
 
 さらに、開示された取材源が大阪地検の最高幹部だった点に触れ、「公式に会見すべき立場の幹部だから実名を明かしても良いと考えたとしたら、それは間違い。公式会見と非公式な取材で答える内容が同じとはかぎらない。取材源を開示することは、幹部らの生の声を聞く機会を自ら放棄したと言わざるを得ない」とつけ加えた。


 しかし、このことが個人の内部告発だとしたら情報源を明かされることでこじっは窮地に追い込まれてしまうこともあり得る。実際に内部告発により、職場を追われたケースもよくある。内部告発者を保護する法律が出来たとはいえ、まだまだ十分とは言えない。

 内部告発を考えているなら当社に相談ください。あなたの力になります。



内部告発 告訴告発


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-226-1099

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年8月25日

強盗強姦未遂 性犯罪被害解決

強盗強姦未遂 性犯罪被害解決

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 兵庫県警は31日、強盗強姦未遂と窃盗などの疑いで元派遣会社員の無職、○ ○容疑者(24)を再逮捕した。○ ○容疑者の逮捕は4回目で、既に別の女性への強盗強姦罪などで起訴されている。

 新たな逮捕容疑は1月11日午後1時20分ごろ、神戸市内のマンションで外出しようとした女性会社員(25)を部屋に押し込み、両手を縛ってキャッシュカードを奪い、乱暴しようとした疑い。

 兵庫署によると、○ ○容疑者は平成22年の春ごろから、1人暮らしの若い女性を狙い犯行を繰り返していたとみられ、ほかに3件の被害届があり、裏付け捜査を進めている。

 このように、性犯罪者は犯行を繰り返す傾向があり、犯人に対するする対策をここが十分に行うことが必要である。無防備は狙われやすく、また無防備な女性を物色している。

 特に、狙われやすいのは一人暮らしの女性なのです。また最近の傾向として、携帯電話、スマートホンによる行為中の映像を取られてしまってるケースもあり、そのことにより泣きな入りといったことでの相談が多く、警察にすぐに駈け込めない状況を作られたなどの相談も増えています。

 また、金銭を要求されているケースもあります。当社で最近依頼を受け解決した案件も、映像を取られ金銭の要求をされ、ずるずると1,000万円以上払っていたのです。しかも顔の犯行でした。このまま何の対応もしなかったら今後の人生はどうなっていたかと思うと怖いことです。当然当社が対応したのですべて解決しました。

 性犯罪被害にあっているなら当社に相談ください。あなたの力になります


 強盗強姦未遂 性犯罪被害解決


 アイ総合コンサルタント


 相談ダイヤル 0120-007-808

 大阪 京都 神戸 岡山 広島
2012年8月23日

悪徳祈祷師 悪徳霊能者 ラップ音

悪徳祈祷師 悪徳霊能者 ラップ音

大阪 京都 神戸 岡山 広島

ラップ音
 ラップ音自体は、指を鳴らすような音、関節を鳴らす音、棒切れを折るような音、ドアをノックする音、足音、木造家屋がきしむ音など、人によって表現も異なるが、あらゆるものがある。
 
 主に、死者の霊魂によって引き起こされるものであると、心霊現象研究家や、霊能者などの大部分は解釈している様である。
 
 音が発生すると同時に、ある種の振動などが伴う事もあることなどから、ポルターガイスト現象の一つとして扱う研究者もいるほどである。しかし、ラップ現象とポルターガイスト現象は別個の心霊現象として扱う研究者もいる。また、ラップ音は音だけの現象のため、常に偽装説が唱えられる。
 
親や親類の霊などが、「お別れを言う場合にも、ラップ現象が起きることもあるんですよ」という霊能者もいる。
 
ラップ音の録音
 
 この現象に含まれる音も様々で、反響する性格がある反面、瞬時に消えて残存しないために、科学的見地からの、客観的・合理的検証が、されづらい種類の現象でもある。この現象を録音するには、その音を録音するのと同時に、現在では映像も同時に残す方法がある。併せて、第三者複数による現場での客観的確認も必要である。
 
また、ポルターガイスト現象同様、近年では、近くの工場などからの、肉体では感知不可能な低周波による振動や共鳴の結果であるケースもあるので、霊的現象と区別をする必要がある。
 
住宅におけるラップ音
 
木造住宅において起こることが多いとされる一例をここでは取り上げる。住宅を建てる際、骨格となる柱に使う材木は普通ある程度乾かしたものが用いられる。しかし、中には乾燥が十分ではなかったため、年を経過させるにつれ徐々に乾きが進行し、木材が乾燥する時の割れにより「ミシッ」とか「パーン」といった音が室内に響くことがある。


心霊現象解明

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島
2012年8月19日

犯罪者に法律は通用するか

犯罪者に法律は通用するか

大阪 京都 神戸 岡山 広島

「犯罪者に法律が通用するか」

 この議論をしたのは先週の金曜日、弁護士と食事をしたとき出た話題です。結論として通用しない面が多い。との意見に落ち着きました。これは、犯罪に対して法律は適応するが、個人の悩み、苦しみにはまったく意味をなさないことが今まで多く経験したそうです。そもそも法律は、問題、トラブルが発生したときに、どう判断をするかということを、あらかじめ取り決めをしたものという考えだそうです。

 悩み解決、トラブル解決という「解決」というより「処理」という様に法律を利用すべきだという考えの弁護士でした。私もその考えは同意でき、そのように感じていました。彼が言うには法律は、利用方法は限られているが、無知な人の味方をすることは難しい面がある。

 「悩みを解決」、「トラブル解決」には、あらゆる専門家とともに行うのが効率的だと言ってました。それは、法律家といえども何の情報もなく戦っても勝てる気がしないことがあるということと、もともと弁護士には強制力という権限がないので仮に裁判で買ったとしても、相手から強制的に金銭を回収できないという現実があり、回収できないということはたびたび起こってしまうのです。

 それでは、犯罪者相手に弁護士をどのように利用するのが良いかですが、弁護士は法廷の代理と代理交渉とアドバイス、助言を求めるには最適な職業の方だと思いいますし、そのための資格と考えてほしいと言っていました。実際どんな職業の人より法律を勉強している人たちが弁護士になっているのです。当社に相談にみえる方の中には、警察、弁護士はあてにならないといわれる方がいますが、本当はあなたが、無知だからですよと言ってます。警察、弁護士その他士業の方々はその資格の中で最大限いろいろな対策を考えてくれますが、当然のように制約の中での話と考えてください。

 悩み解決、トラブル解決には、あらゆる専門家を要して対応することで様々な状況に対応出来る様になるのです。法律家には法律面での力を借り、その他の専門家にもそれぞれの力を借りることが、解決への近道となるのです。


犯罪トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島



2012年8月12日

いじめ対応 学校のいじめ対応

いじめ被害解決 いじめ被害者に退学を求める


大阪 京都 神戸 岡山 広島

  先日、学校関係者からのいじめ対応について相談を受けることになった。学校というところは、教育の現場でありいじめ対応については大変、制約の多い場所で、さらにクレーマーなどの標的になりやすく職員は疲弊しきっている印象を受けました。一般的にトラブルに対応する考え方の講習をし、基本的考え方を話をしてきました。

  学校側のありえない対応

  仙台市の私立高校2年の男子生徒(16)が、同級 生からたばこの火を腕に押しつけられるなどのいじめを受けたとして、仙台東署に被害届を出した。
  同署は傷害事件として捜査を始めた。生徒側によると、傷痕が他の生徒に動揺を与えるとして、学校側から自主退学を求められたという。
 
 男子生徒の母親らによると、生徒は昨年11月頃から、同級生4人にいじめを受け始め、殴る蹴るの暴力を受けたほか、今年5月下旬には、4人のうちの1人から計22回にわたり「根性焼き」と呼ばれるたばこの火を押しつける行為を受けたという。生徒の左腕には今も傷痕が残っている。
 
 生徒と母親は6月に学校に相談したが、いじめは止まらず、担任の前で暴力を受けても、何も対処しなかったとしている。今月3日に学校側と話し合い、同級生らはいじめの一部を認め、生徒に謝罪。その後、生徒部長を務める教諭から口頭で「傷痕が尋常ではなく、ほかの生徒に動揺を与える」などとして退学を求められたという。
 
 学校側は読売新聞の取材に「傷があったことは認識しているが、いじめかどうかについては、事実関係を確認しているところなので答えられない」としている。

  ここで重要となるのが、それぞれの対応となるが、警察の対応は、傷害の被害届を受け付けるかどうか、そして学校側はいじめをどう認識するか、そして最も重要となるのが、いじめの被害者側の対応となる。いじめ被害者側の対応により学校、警察も対応が変わってくるのである。あらゆることを想定し、相手が逃げれない状況を作り追い込んでいく必要がある。特に学校側は、責任から逃げようとします。

 ここで感じたことは、学校の対応で、いじめに対する状況がすぐに変わるということです。学校というより大人でしょうか。

 

いじめ対応の事なら

 

アイ総合コンサルタント

 

相談ダイヤル 0120-007-808

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年8月 8日

コンサルタント料金 トラブル解決にかかる料金

コンサルタント料金 トラブル解決にかかる料金

大阪 京都 神戸 岡山 広島


 実際のコンサルタントと当社である程度の相場を調べてみました。

 当然、事案により料金はかなりばらつきますが、参考になさってください。

 ある一定の相場はあるもののコンサル内容や会社の規模によってバラバラというのが現実といえ、規模にもよりますが一回の訪問、時間4時間以内で10万~50万円というのが相場ではないかと感じます。

 しかし上記はあくまで相場といったところであって、かなり料金格差はあります。一般的な相場より安いところも沢山あれば、もっと高いところも沢山あるのが現状と言えます。

 コンサルタントに依頼するときに重要なことは、料金ではなく支払った費用に対しての成果と考えます。安いや高いは企業や人によっての価値観も違うので、自社に合う自分に合う成果を考えて出せる費用のコンサルタント料金ならコンサルタント契約をすれば良いのである。実際に依頼する側とコンサルタントをする側のマッチング次第でコンサルタント結果も違うことを忘れてはならない。また当社では、個人、企業共にコンサルタントを受けるがそれも会社によってマチマチと言える。

 また、いわゆる成果報酬型といわれているもの。これは、インターネットの世界でいうSEO対策で採用している企業が多く、ある一定の成果がでたときにコンサルタント料金が発生するというシステム。

 また、完全成果報酬型ではないが、コンサルタント経費を先に支払って着手、成果が出ても完全成果報酬型に比べコンサルタント料金安くしているところもある。当社はこの料金体系を取る事が多い。

 一見、最初の費用がかからない、もしくは安いということで依頼しやすいという点はあるのかもしれませんが、コンサルタント内容には十分理解の上でコンサルタント依頼をする必要があります。

 どのような契約かはその企業によってまちまちではあると思いますが、契約内容を十分に理解し、結果を求められる内容で契約することをお勧めします。

 さらに、もう1つの注意がある。それは料金があまりにも安すぎるコンサルタントで、会員を集めセミナーを開き、見込顧客を集め月に5万円程度の費用を支払うコンサルタントに成果を求めても、無理と言えます。クレームにならない程度の料金を継続的に支払うコンサルタントは、要は情報提供という形でしかしてないので成果を望めないのは当たり前です。成果を望む方には向いてないコンサルタントと言えます。


コンサルタントに依頼を考える方は、金額で選定しようと考えている方は、自分の思うコンサルタントに出会えない可能性があり、まずどうしたいかから考えて選ぶことをお勧めします。



コンサルタント料金


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年8月 7日

悪徳祈祷師 悪徳祈祷師からの性犯罪被害を解決

「悪徳祈祷師」 悪徳祈祷師からの性犯罪被害を解決

大阪 京都 神戸 岡山 広島


悪徳霊能者 」、「悪徳祈祷師」、「悪徳占い師」などによる性犯罪トラブル、金銭トラブルは意外と多く受ける相談の一つと言えます。このような業種の悪徳と言われる輩は、悪徳金貸し、悪徳探偵社よりも悪質なケースが多く、また「よごれ」といわれる人たちがあまりにも多い業界と感じています。またそのような業界で事件がありました。意外にこのようなことは身近に起こってるトラブルです。

 「除霊をする」と称して女性の胸を触るなどのわいせつ行為をしたとして、僧侶の男が警視庁に逮捕されました。
 
 準強制わいせつの疑いで逮捕されたのは東京・昭島市の僧侶・山之内一豊容疑者(58)で、去年9月下旬、昭島市の自宅で人生相談のため訪れた30代の女性に対し「除霊をする」と言って胸を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。
 
 警視庁によりますと、山之内容疑者は「山内日豊」という名前で人生相談に応じていて、祈祷師としてテレビ番組にも出演していたということです。
 
 山之内容疑者は「すべて黙秘します」と容疑を否認していますが、警視庁は他にも余罪があるとみて調べているそうです。

  人生相談にきた女性に、除霊と称してわいせつな 行為をしたとして、準強制わいせつの疑いで、された男性は「祈祷師」などと称してテレビ番組で有名タレントと共演し、人生相談するなどしていた。
 
 逮捕容疑は、平成23年9月下旬、人生相談で自宅を訪れた都内の30代女性に除霊と信じ込ませ、胸を触るなどのわいせつ行為をしたとしている。
  同署によると、相談は1回1万円だったという。女性は事件当時、除霊と信じ込んでいたが、3カ月後に被害に遭ったと同署に相談した。別の女性1人も同様の被害を訴えていることから、同署は男が相談に来た女性にわいせつ行為を繰り返していた疑いもあるとみて調べているとのことです。

 この様に、「悪徳祈祷師」、「悪徳霊能者」、「悪徳占い師」のトラブルに多いのは、強姦などの性犯罪被害がなぜか多いのです。ほんとに上記の職業でのトラブルで多いのは性犯罪被害、金銭トラブルです。

 

悪徳祈祷師わいせつ被害、金銭トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年8月 6日

詐欺師を捕まえる 詐欺師から金を回収

詐欺師を捕まえる 詐欺師から金を回収

大阪 京都 神戸 岡山 広島
詐欺師とは
詐欺師とは、詐欺を巧みに行う者を言う。ある役割を演じ他人にその人格、職業を信じ込ませ、信頼関係や信仰心、恐怖心
や権威等にて被害者を洗脳または精神的に縛るなど欺罔行為より疑う余地を与えず、心理的な駆け引きにより金品を騙し取る。被害者が被害にあったと認識出来ないこともあるのが特徴と言える。通常被害者は信じたいという気持ちが強く、立件するのが難しい事も多く、信仰心や恋愛感情から洗脳といわれる状態になった場合、被害者の精神的健康上の二次的な被害という側面を持っている。また警察関係の隠語として赤、青、黒、白詐欺という分類もある。また他の犯罪よりも立証が困難なケースも多く解決までに時間がかかることも多い。


詐欺 立証責任・証明責任
 
 裁判などでは、被害者側がどのように騙され、詐欺であるのかを立証しなければなりません。裁判の基本的な考え方に、「立証責任(証明責任)」があるからです。
 
 そして、ほぼ全ての詐欺師は自ら持つ詐欺の証拠を提出はしません。もしも、彼等が自ら進んで立証するのであれば、詐欺事件など存在しません。ですから、相手が証拠を持っているから、それを見てください!!と主張しても、裁判では被告側に立証責任(証明責任)は無い!と考えられてしまうのです。
 
 あなた(被害を受けた側)が持つ証拠を整理しましょう。そこには様々なヒントがあるはずです。証拠整理は重要となります。立証不足は敗訴・棄却を意味し、自分で整理できない場合や、ポイントがわからない場合は専門のプロに相談することが必要となります。
 
詐欺の具体的な証拠とは
 
 証拠の中心は、主に書面と考える必要があります。契約書や振り込み証明書、領収書などは比較的わかりやすい証拠と言えます。不動産の登記簿など公的機関の発行した証明書類、通帳などの金融機関の記録もわかりやすい証拠です。それだけで詐欺の証拠と言えるものがないのも現状だと思います。
 
 陳述書も証拠となります。陳述書とは、問題の当事者が書いた問題の詳細などを述べた文章のことです。ただし、相手側などと主張に相違が見受けられる場合は、その点を争うことになりますので、一方的に立証が成立する証拠とは言えませんが、その他の状況、証拠により重要な資料の一つとなります。
 
詐欺の証拠収集専門家
 
 証拠収集のプロと言えば、探偵社ということになります。詐欺事案は、比較的困難と言えるカテゴリーですので、きちんとした知識を有して、実績のある探偵社に相談する事が適切な方法です。ただし、結果が見えづらいという観点から、無為に高額な費用請求をされたという二次被害報告も多く寄せられています。 

 当社では、業務提携している信頼できる探偵社と共に詐欺の証拠収集、証拠整理を行うことにより効率よく詐欺師を追い詰めていきます。

詐欺被害を解決

 詐欺は警察に引き渡したところで、詐欺被害金額が返ってくるわけではないのです。実際に当社で携わっ他案件で警察に引き渡したケースだと詐欺被害金額が返ってきている割合は非常に少ないのも現状です。

 また精神的に参ってしまうケースも多く二次被害も多く祖も対応も十分が得ての対応も必要とないます。また仕返しの不安を抱えてしまうこともあります。当s他ではそのようなあらゆることに対応できますのでご相談ください。


詐欺師を捕まえる 詐欺師から金を回収

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島



2012年8月 3日

性犯罪被害解決 性犯罪トラブル解決

性犯罪トラブル解決 性犯罪被害解決

大阪 京都 神戸 岡山 広島 

 

 女性の自由、人権を奪う性犯罪は、暴行又は脅迫により行われる性犯罪である強姦「レイプ」が代表的なものである。また社会の風俗を乱す性犯罪として、公然わいせつ、わいせつ物陳列などがある。性犯罪の被害にあっても、世間体をはばかり恥と考えたり、報復をおそれたりして、訴え出ない場合が非常に多いと言われている。日本でも、海外おいても、軽い性犯罪を届け出ない場合は数多く発生している。
 
 性犯罪の問題として法廷や取り調べで被害者がフラッシュバックを起こしたり、証言・陳述の内容がレイプや性的被害の再現であったりする場合の被害者の精神的苦痛は、第二の性的被害(セカンドレイプ、セカンドハラスメント)と呼ばれて問題視されている。実際に事件の立証をするにあたって避けてはとうれないので、事件にするのであれば必要なこととなるためどうしようもないところがある。
 
 また、法廷において加害者側の弁護士が、あたかも「被害者側に原因があった(性的に挑発的な服装や行動をしていた)」かのように弁明したり、被害者側の性的交渉の履歴などを執拗に追求したりと、その法廷戦術が問題になることがしばしば見られるのが現状である。
 
 その上、現在日本の警察制度において被害者への対応は女性(性犯罪捜査指導官や性犯罪捜査指定官)が行ったり、科学研究所などが被害者から聞き取り調査を行ったり、司法制度において「性犯罪の告訴義務期間撤廃」「遮へい措置」「ビデオリンク方式」「心理カウンセラーの証人付き添い」「被
害者特定事項の秘匿」など、被害者へ配慮する制度が整備されるなどの改善への兆しはみられるようになってきているとはいえ、加害者が逮捕されても問題が解決するわけではない。
 
 セカンドレイプなどと批判される法廷での証言や取調べも、多くは正確な事実認定や反対尋問権の要請に基づくもの当然必要となるである。海外ではでは性犯罪の容疑で起訴された被告人の発言権を制限する法律が制定された結果、冤罪が増大したなどの問題も認識されている。

 

 現在、当社で相談が増えているのは、「はめ撮り画像」による、脅迫、恐喝が非常に増えているのが現状で、継続的にレイプを受けていたり、金銭の要求をされていたりと、あらゆる相談を受けています。このようなことは、警察に相談するわけにもいかないケースが大半を占めています。当社でも女性相談員が対応し問題、悩み解決をしています。何事もなかったかのごとく解決をしたいと思うなら当社に相談ください。あなたの力になります。





性犯罪被害解決 性犯罪トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島
2012年8月 1日