証拠調査士 証拠は事実 事実はウソはつかないもの | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

証拠調査士 証拠は事実 事実はウソはつかないもの

証拠調査士 証拠は事実 事実はウソはつかないもの

大阪 京都 神戸 岡山 広島 


 マンションの宅配ロッカーに届けた郵便物を横領したとして、業務上横領の罪に問われたアルバイト郵便配達員の男性被告(24)の論告求刑公判が10日、大阪地裁(福島恵子裁判官)で開かれ、大阪地検は「有罪の立証が難しい」として無罪を論告した。

 検察側の無罪論告は極めて異例。公判段階で立証の決め手としていた証拠のロッカーの出入記録に間違いが判明した。厚生労働省元局長村木厚子さん(56)=無罪確定=の起訴や証拠の改ざんで厳しい批判を浴びた大阪地検で、再びずさんな捜査が明らかになった。

  この様に、法律を一般人より勉強をした人でも誤りを犯してしまいます。このような事案はどの様な取り調べを受けたかなど知ると驚くようなことがいっぱいあります。 検察、と警察の違いは、警察は犯罪を調べる。検察は起訴し、裁判で有罪とすること。決定的に違いがある。

  証拠収集には、正しい入手方法で行うことが重要です。民事事件とはいえ違法な方法での証拠収集は利用方法で、制限が出ることが多く、また利用できないこともあります。

 

証拠収集のことなら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島