2012年7月

« 2012年6月 | アイ総合コンサルタント トップへ | 2012年8月»

ストカー被害を回避・ストーカー対応

ストカー被害を回避・ストーカー対応
 
大阪 京都 神戸 岡山 広島


 今月30日午後、○○市のアパートで、女性2人が刺され死亡した事件が発生した。

  付近で20代後半の男もけがをしていて、警察は男が女性2人を刺したあと、自殺を図ったとみて調べを進めている。

  30日午後5時前、○○市のアパートで、○○さん(43)と19歳の長女とみられる女性が胸などを刺され倒れているのを、通報で駆けつけた警察官が見つけ、2人はまもなく死亡した。

  また、○○さんの孫の2歳の女の子が額に切り傷を負い、アパートの隣の駐車場では、20代後半の男が腹から血を流して倒れていた。
 
 その男は、警察官に「自分で刺した」と話している。  また○○さんの次女は、警察に対し「姉がストーカー被害を受けていたようだ」と話しているという。

 ここで私が問題にしたいのは、「誰が悪い」、「警察の対応」といったことではない。「なぜ殺しまでしなくてはならなかったのか」「殺されるまでの対応」このことについて考えることが、今後この様な事件を起こさないために重要なことだと思う。

  実際に当社では、この様な案件を数多く解決してきた。当然当社では、加害者側との接触をしながら、十分に状況分析をし解決していくのだが、この様な案件で重要だと感じたのは、当事者間での話し合いは、状況を悪化させる要因となることです。

 なぜならすでに、コミニケーションがうまくいってないので、ストーカー被害にあっているのです。そのことから考えてみても当事者間での話し合いは得策ではないのは理解できるでしょう。

  ストーカーに苦しめられている方は当社に相談ください。解決して見せます。

 

ストーカー被害回避なら

 

アイ総合コンサルタント

 

相談ダイヤル 0120-226-1099

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年7月31日

セクハラ解決 女性のトラブル

セクハラ解決 女性のトラブル

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 神奈川県警○○署に所属していた30代の男性警察官4人が3月、後輩の20代の女性警察官に○○和市のカラオケボックスで服を脱ぐことを強要したり、無理やりキスをしたりする集団セクハラをしていたことが27日、県警への取材で分かったそうです。

 県警監察官室は8月中にも4人を懲戒処分する方針で神奈川県警は27日午前「調査の結果、立件できないと判断した」と説明したが、同日夜になって名和振平警務部長が説明を修正し「予断を持たずに立件の可否を判断したい」と立件する可能性を示唆した。

 監察官室によると、4人は、当時○○署刑事2課に勤務し、現在は県警暴力団対策課所属の巡査部長と、現在も同署に勤務する交通2課の巡査部長、刑事2課の警部補、刑事1課の巡査長。

 4人は3月上旬の夜、カラオケ店に女性警察官を呼び出し、刑事2課の巡査部長が「服を着替えろ」と命令。女性警察官はその場でブラウスやズボンを脱ぎ、交通2課の巡査部長の服を着た。交通2課の巡査部長は無理やりほおにキスし、携帯電話で写真を撮影。勤務時間外で酒を飲み、巡査部長らは希望する部署への配属を示唆するような発言をしたという。

 女性警察官は今春、○ ○署から異動した先の上司に申告して発覚。被害届は出していないが、名和警務部長は「被害届を出すか、意向確認を再度行いたい」としている。4人は事実関係を認めている。

 女性警察官は「今後同じような被害に女性が遭わないために許してはいけない」と話しているという。現在までに継続的なセクハラなどは確認していないが、監察官室は「調査結果を踏まえ、適切に対処したい」としている。

 ここであえて、○ ○署としたのは以前この警察署の管内で仕事をしていた時に、非常に協力的に対応していただいた経緯がありあえてこのように書いたのですが、すべての警察官がこのような対応を女性にとっていたわけではないと思うのですが、やはり厳しい態度で対処してほしいと思います。


セクハラでお困りの方は

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島 
2012年7月28日

美人局 つつもたせ ゆすり たかり の解決

美人局 つつもたせ ゆすり たかり の解決

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 最近以前のように、美人局トラブルの相談は増加傾向にあります。

 原因としてはやはりインターネットの普及による出会いの場の増加と景気の上昇が望めない為こんなことでもして稼ごうという輩が増えたからと考えられます。

美人局トラブルの20年ぐらい前はテレクラがメインで、10年ぐらい前は、デリヘルで、現代では出会い系サイトやSNS,出会い掲示板などネットを利用したものが主流となっています。
ネットの特性でもある「顔の見えない相手」との接触に起因して、援助交際や児童買春などの刑罰法規に抵触する行為へと発展し、恰好の美人局被害者へなってしまうのです。

当然現在でも、不倫・不貞行為や,妊娠を理由とした美人局トラブルも数多く発生しています、背後に潜む男(夫)の影や、ヤクザの存在をちらつかせて、金銭を要求する手法が現在でも横行しています。

美人局の手口は、「相手の弱みに付け込む」点は20年ぐらい前から変わっていません。

美人局の加害者は、不貞行為や援助交際の事実を家族や勤務先にばらすことをほのめかしたり、裁判や警察沙汰にすることをちらつかせ、美人局の被害者を不安と恐怖、逃げることが出来ない状況に追い込み法外な金銭の要求をしてくるのです。

正常な判断能力を失った美人局の被害者が、相手方の要求に応じ示談金や慰謝料を支払うと、ここぞとばかりに追加でお金の要求をしてくる者もいます。
 一度目をつけた相手からは徹底的にお金を搾り取る手口と、組織的に多くの案件を抱え逮捕されにくい対応を取っているところさえあります。
 安易に金銭を支払った為に、美人局加害者にまだ十分に金をとれると思われ事態の悪化を招いたケースもありました。

かといって相手にしなければ、家族や勤務先への通知や警察への通報等の報復行為をされ、取り返しのつかない事態を生じさせてしまったケースもあります。
表沙汰にせずに「穏便に且つ秘密裏に」美人局を解決したいとお考えの方は当社にご相談下さい。

「家族や勤務先に知られずに」美人局を解決することを目的としそれに対応した手法で対処しています。 
豊富な経験と各種専門家による対応で美人局トラブルを解決に導くことが出来ます。

当然、恐喝・脅迫事件や美人局トラブルに対応可能な弁護士・司法書士などの専門家のご紹介も可能です。

勇気を持って相談することが解決の第一歩です。 当社に相談くださいあなたの力になります。


美人局 つつもたせ の解決なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年7月23日

浮気の代償 浮気の被害者

浮気の代償 浮気の被害者

 大阪 京都 神戸 岡山 広島

週刊誌において、橋下徹大阪市長の女性問題が報じられた。

  同記事では、2006~07年頃、大阪・北新地の高級クラブで働いていたホステスが、橋下市長と不倫関係にあったことを詳細に伝えており、発売前日となる18日、橋下市長も市庁舎で会見を行い、これを認めている。

 「正直、大変な状況だ。親のポカで子供には本当に申し訳ない」「知事になる前までは、聖人君子のような生き方をしていたわけではない」と語った橋下市長。

  記事では「客室乗務員などのコスプレをリクエストしていた」などと書かれていたが、この真偽を問われると、「娘に制服を着ろと言えなくなっちゃいますよ。私服で学校行ってるんですけどね」と述べている。

 一連の報道を受け、ネット掲示板では「謝って済む問題ではない」「公務員に対してはタバコ吸ったくらいでクビだとわめくくせに、自分は愛人を作っても開き直るとは」「自分に甘く、他人に厳しい典型的なクズ」「コスプレ変態プレイしてたあとで、どの面下げて君が代歌うのかな?」と橋下市長を批判する声が相次いだ。

 しかし、その一方では、「知事就任前の話だからどうでもいいよ」「昔から橋下は女性関係について潔癖だなんて一言も言ってない。こんな問題でいちいち辞めてたら日本中の公務員の半分くらいがいなくなるぞ」「仕事で結果を出せない聖人君子よりは幾分マシ」と、橋下市長を擁護する書き込みも目立つ。

 また、その他にも「維新政治塾の塾生はどう思ってるんだろう? やっぱり擁護しなきゃいけないのかな「会費払っちゃった塾生涙目」と、橋下市長が主催する維新政治塾塾生の行く末を案じる意見も書き込まれていた。

  政治的な思惑も見え隠れしている気もするが、ここでの被害者は、はっきり言って家族です。政治に進出する前の浮気でも、この様にたたかれるのは当たり前なのは本人だけで、妻、子供は全くこの様なことで、いやな思いをするのは責任はないのですが、この責任をどう彼がとるのか今後の見ものです。

 

浮気調査なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年7月22日

自殺の真相解明 自殺に追い込んだ側の親

自殺の真相解明 自殺に追い込んだ側の親

大阪 京都 神戸 岡山 広島
 

 昨年10月、滋賀県中学2年の少年が自殺した事件に、日本中が心を痛めている。

  生前、 少年の必死の訴えは教師は届かず、死後、事件が公になると責任逃れの発言を続ける学校側の対応に、 県警はいじめの加害者3人の暴行容
疑で中学を家宅捜査する異例の事態となっている。 

 そんななか、加害者の一人である母親が、信がたい行動に出ていたことが複数の生徒たちの証言で わかった。主犯格とされる一人。少年とは同じクラ
スで、父親は京都市内でデザイン会社を経営。 母親は当時PTAの会長だった。 

 昨年秋に開かれた緊急保護者会の前に、その母親が校門前でビラを配ったそうです。仲のいい何人かの 親と一緒だったと聞きました。と保護者の一人
が証言した。そのビラの内容については次のような内容だとのこと。 

 「そこには『息子の痛みをわかってやれなかったのはそちら(少年の両親)のはず。うちの子が悪いというのは 責任転嫁です』といったことが書かれていたそうです」  その母親は昨秋の緊急保護者会でもマイクを握り「うちの子は仲よくプロレスごっこをしていただけなのに、 犯人扱いされて学校に行けなくなった。うちの子が自殺したら、ここにいる保護者や先生の責任だ」と 言い放ったそうです。 これぞすごい責任転嫁だと思うのですが

 その加害者とされる親は、大津市内でも高級住宅街とされる一角にある。外出から帰宅したその母親を直撃した記者によると、 「以前、学校でビラなどを配布されたと聞きましたが」という質問に対し、 「今は裁判中なので、裁判の中で明らかにしていきますので。すみませーん」 と答えると家に入っていったそうです。この日は、家宅捜査後の臨時保護者会の日だった。  「今日、保護者会がありますが、行かないのですか」との質問に対して、「もう、私たちはあの学校と関係ないんでね」 との返答をしてきた。

 たしかに加害者とされる少年は事件後、京都市内の学校に転校している。だが、その少年は事件の説明会「に関係ない」とは、 とても言えないはずなのだが、それを言い切ってしまう親なのである。

  この様に、少年事件では、さまざまな問題が出て真相解明には至らないケースがあり、被害者だけでは困難なケースばかりです。

  その様なときには当社に相談ください。貴方の力になります。

 

 

自殺の真相解明なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年7月21日

大人の自殺 自殺の真相解明

大人の自殺 自殺の真相解明 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

自殺とは


 自殺とは、自らの意志により、自身の命を断つことをいう。自害、自死、自決ともいう。死に至らなかった場合は自殺未遂という。また、恋人、配偶者、子どもなどを道連れにすることは心中という。 

  現在、自殺は法的には犯罪とはされていない。しかし、飛び込み自殺などにより、第三者に被害が発生した場合には、刑事手続上は重過失致死などの罪により自殺した者は被疑者死亡で送検され、民事上は自殺した者の遺族に対して損害賠償責任が発生する。また、他人を自殺させること、自殺を援助することは自殺関与罪(刑法第202条)の犯罪とされる。
 
 尚、単独の自殺未遂は現在の日本の刑法では刑罰に科せられることはないが、複数で行った場合は相互に処罰される(自殺関与・同意殺人罪)。ガス自殺など他者に危険を及ぼした場合は被害がなくても未遂も処罰される。

 自殺原因

 金銭問題、家庭問題、人間関係問題、いじめなど様々であるが、逃げ場を失って自殺を選ぶケースが多く社会問題に発展するケースもある。

  いじめ「虐め」による自殺は人権問題ととらえるべきで、対応も毅然とした態度で関係機関に出向く必要があるが、その様な場合証拠が重要であるが個人で証拠をそろえることは大変困難なことが実情である。

 被害届を出そうとしても受け付けてもらえないのは、あなたの主張を裏ずける根拠がない場合が多く警察が悪いのではなく、問題は届をする貴方にある
のです。

 

自殺の真相解明なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島
2012年7月20日

自殺の原因究明 

自殺の原因究明

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 大人の言い訳

 

 「いじめについて話し合いの場は持った」。しかし、「いじめとの認識はなかった」。大津市で市立中学2年の男子生徒が自殺した問題で、14日記者会見した校長は、あいまいな説明に終始した。昨年9月末と自殺6日前の10月5日に別々の生徒から指摘があったことを認めながら、「けんかと判断した」と、いじめとしての受け止めを否定。生徒や保護者は学校に対する不信の声を上げ、教育問題に詳しい専門家も、学校の対応を「教育者として失格」と批判した。

  「生徒のSOSに気付かなかった。(いじめを警戒する)意識がほとんどなかった」。問題発覚後、初めて会見に臨んだ校長は、こわ張った表情で釈明した。しかし、当時の対応については「報告がなかった。詳しいことは分かりません」「資料を持っていない」とはぐらかした。答えに詰まり、隣に座る沢村憲次教育長が耳打ちする場面も見られた。

  これが大人の言い訳ってやつです。しどろもどろ要領を得ない。核心の部分の謝罪はなし、これが通常の対応と言えるのかもしれません。

  しかし自殺の数日前にトイレで殴られているのを女生徒が教師に相談をし、対応を持ったとのこと。

 それでもこのような言い訳をするのが大人なのです。そして彼らは刑事事件に問われないのです。

 子供一人死に追いやったとしても、

  この様な悔しい思いをしたら当社に相談ください。 貴方の力になります。

 

 

自殺の原因究明なら

 

アイ総合コンサルタント

 

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島
2012年7月15日

男性のセクシャルハラスメント

男性のセクシャルハラスメント 
 

大阪 京都 神戸 岡山 広島


 セクシャルハラスメントを厳密に定義するならば性別は関係ないとはいえ、近年の日本で広く認知されているイメージとしては、「男性から女性」に対する行為に対してセクハラと捉えることが多く認識されていたが、2007年4月1日施行の改正男女雇用機会均等法により「男性・女性から男性」への性的嫌がらせも配慮の対象となった。このことにより男性へのセクハラも企業が講じるセクハラ対策の対象にすることとなったが、実際に男性が対象になってからまだ日が浅いこともあり、対策を講じている企業は存在しい。

 男性が、部下や同僚の男性に猥談を強要したり風俗店に無理やり誘うなどの行為もいまだ行われている企業もある。当然、女性従業員の噂話などはほとんどが放置されているのが実情である。 

 男性へのセクハラは当分解消される傾向はみられない。
 
 男性の場合は「嫌がらせ」などと主張をするケースが多い


 また男性がこのような主張をするのであれば、十分な準備と、証拠を持ったうえで戦う必要があり、女性より大変な作業となってしまう。痴漢の無罪の主張でも男性は大変なことと、同じようなことである。

 男性は、このような主張をするのであれば慎重にすべきである。
 

 

セクシャルハラスメント解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年7月13日

子供の自殺真相究明 いじめの結末

子供の自殺真相究明  いじめの結末

大阪 京都 神戸 岡山 広島

  

子供の自殺の原因 多いのはイジメ 

 
 浜松市中区の市立中学2年生の男子生徒(当時13歳)が6月12日に自宅マンション屋上から転落死し、同中の校長が保護者会で「生徒はいじめを受けていた」と発言していたことが分かった。
 
 市教育委員会は11日、いじめの有無を調査する第三者委員会を発足させることを決めた。 静岡県警浜松中央署によると、屋上には生徒の靴跡しかなく、自殺の可能性が高いとみられる。遺書は見つかっていない。
 
 市教委などによると、同中は遺族の要望を踏まえ、いじめを調査。保護者対象のアンケートで複数が「生徒は学習塾帰りにいじめを受けていた」と記述していたため、同中が塾に確認した。校長は6月28日から10日にかけて行った3回の保護者会で生徒のいじめを報告していた。

  この様に子供の自殺の陰には「いじめ」は必ずあるがそのことを証明するには、自殺といじめの因果関係を立証する必要がある。証明するには様々な問題がある。「協力者を得ることが困難」 「学校側はまず協力的な対応は取りにくい」「子供に協力を求めても子供の世界でイジメの被害者になることを恐れて希望を持つのと事体無駄」など様々な障害が出てきます。

 

子供の自殺原因究明のことなら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島
2012年7月12日

自殺の真相究明追及

自殺の真相


子供の自殺の裏には「いじめ」あり

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島 


 昨年10月、同級生からいじめを受けていた市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自宅マンションから飛び降り自殺した問題で、学校が全校生徒に実施したアンケートに対し、15人の生徒が「自殺の練習をさせられていた」と回答していたことが3日、関係者への取材で分かった。市教委は昨年11月の記者会見でこの事実を明らかにしていなかった。

 15人の生徒が回答 

「死んだスズメを口の中に入れろと言われていた」「昼休みに毎日自殺の練習をさせられていた」男子生徒の両親が今年2月、市や加害生徒3人と保護者を相手取り、約7720万円の損害賠償を求めて大津地裁に提訴。5月の第1回口頭弁論で市はいじめがあったと認めたが、「いじめを苦にしての自殺と断じることはできない」と主張していた。両親の代理人はアンケートの回答について、17日に開かれる第2回口頭弁論に提出する準備書面で主張する。

  アンケートは男子生徒の自殺後にいじめについて実施し、約320人が回答した。15人の生徒は「自殺の練習とか、トイレで殴られていたとか、死んだスズメを口の中に入れろと言われていた」「何回も自殺の練習をさせられていた。先生に相談したけど何もしてくれなかった」などと回答。「昼休みに毎日自殺の練習をさせられていた」「がんの友達に自分の命をあげるなどと言っていたらしい」との回答もあった。

  また、13人が「友達なのにお金を恐喝されていた」「脅して銀行の番号を聞き出し、その銀行からとったお金を使っていた」と回答、15人が「万引きを強要されていた」と書いた。

  男子生徒は昨年10月11日朝、自宅マンション敷地内で倒れているのが発見され、滋賀県警大津署が自殺と断定した。学校側は当初「いじめは把握していない」としていたが、全校生徒へのアンケートでいじめの事実が判明した。

  これまでに明らかになったのは、「ヘッドロックをかける」「トレーニングと称して押さえ込む」「毎日のようにズボンをずらす」「蜂の死骸を食べさせようとする」などで、担任が目撃していたが、軽い注意にとどまっていた。

 この様に、自殺で子供を失ってしまったら自殺の真相を追及するぐらいしか残されたものにはできることがありません。自殺の真相を追求することで感情をコントロールし、前向きな人生を歩んでいただきたいと思います。


 

自殺の真相究明追及



アイ総合コンサルタント



相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島




2012年7月11日

証拠調査士 証拠は事実 事実はウソはつかないもの

証拠調査士 証拠は事実 事実はウソはつかないもの

大阪 京都 神戸 岡山 広島 


 マンションの宅配ロッカーに届けた郵便物を横領したとして、業務上横領の罪に問われたアルバイト郵便配達員の男性被告(24)の論告求刑公判が10日、大阪地裁(福島恵子裁判官)で開かれ、大阪地検は「有罪の立証が難しい」として無罪を論告した。

 検察側の無罪論告は極めて異例。公判段階で立証の決め手としていた証拠のロッカーの出入記録に間違いが判明した。厚生労働省元局長村木厚子さん(56)=無罪確定=の起訴や証拠の改ざんで厳しい批判を浴びた大阪地検で、再びずさんな捜査が明らかになった。

  この様に、法律を一般人より勉強をした人でも誤りを犯してしまいます。このような事案はどの様な取り調べを受けたかなど知ると驚くようなことがいっぱいあります。 検察、と警察の違いは、警察は犯罪を調べる。検察は起訴し、裁判で有罪とすること。決定的に違いがある。

  証拠収集には、正しい入手方法で行うことが重要です。民事事件とはいえ違法な方法での証拠収集は利用方法で、制限が出ることが多く、また利用できないこともあります。

 

証拠収集のことなら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年7月10日

情報の入手

情報の入手 文書12件を改ざんし情報公開

大阪 京都 神戸 岡山 広島

三重県は9日、県が2009年度に発注した鳥羽港(鳥羽市)の防波堤工事などを巡り、当時の県港湾・海岸室の室長ら4人が情報公開請求の対象文書12件を改ざんして公開していたと発表した。
 
 県は「県への信頼を根幹から揺るがす行為」として調査チームを設置し、8月末までに詳しい経緯を明らかにする方針だ。
 
 発表によると、改ざんされたのは中部地方整備局との打ち合わせ文書など。今年1月、情報公開請求 を受けた際、対象となった19件のうち12件で文書を書き換えたり削除したりしていた。このうち、10年2月12日の文書では鳥羽港の防波堤工事についても不測の事態で工期を翌年度に延ばす「事故繰り越し」の手続きを協議したことが記録されていたが、公開文書からは削除されていた。
 
 同工事では結局、打ち合わせ後の同年2月末に発生したチリ地震による津波の影響で、県は国に翌年度への繰り越しを申請し、認められた。これに伴い国の補助金のうち、未執行分の約5200万円の返還を免れた。県は「当初から繰り越しを想定していたと誤解されると考えたからではないか」と説明している。
 
 県は調査結果を待って処分を決める。鈴木英敬知事は「県民に深くおわびする。詳しく調査し、信頼回復に取り組みたい」とのコメントを発表した。

  この様に情報を事実とは違うことを流せば、この情報を使うことは、あまりにも危険が多く、目的とは違う結果を導くこととなる。企業などでは、経営を誤ってしまう結果となる。情報は十分に精査し、または信用が置けるところからの入手が必要である。

 

 

アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

経営者の詐欺被害解決 

経営者の詐欺被害解決 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 経営者は 、利益を出していようが、いまいが詐欺被害にあう可能性があります。詐欺被害にあうのは誰でも同じようにあうのですが、決定的に違うのは被害金額の大きさです。実際に被害にあわれた方の金額ですが、億を超える被害も珍しくないのです。利益が出来いる経営者には、その利益に群がる詐欺師が、利益が出てない場合は、融資などの話を持ちかけ詐欺をする輩がいます。今回は融資詐欺について書きます。

 実際には融資しないにもかかわらず、融資する旨の文書を郵送やFAXなどで送付して、融資を申し込んできた者に対し、保証金を名目に現金を預金口座に振り込ませて騙し取る手口です。
 低金利で多額の融資を受けられると信じてしまい、保証金は返還するなどと信用させ、現金を振り込ませると相手と連絡が取れなくなります。

「お金を借りるのに先に保証金を払え」は詐欺です。こんな都合のいい話はないのですが、なぜ騙されるのか、簡単なことです。お金が必要で、あらゆる判断が困難な状況の人を狙って行うのが融資詐欺の手口なのです。

  人からお金を巻き上げ自分のものにしようと、騙す人間はあらゆる手段を使い貴方に接触しようとします。どんなことでも相手に不信感を持つようなことがあれば当社に相談ください。貴方の力になります。

  詐欺でお金をとられる前に、手を打つ必要があります。

 

詐欺被害の解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

2012年7月 5日

脅迫を解決

脅迫を解決

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

知人女性に脅迫文を郵送したとして、脅迫容疑で○○容疑者(41)を逮捕した。この女性が連れ去られ、監禁された事件についても関連を調べている。

  逮捕容疑は、同僚だった20代の女性に「約束破ったら次の行動に移す。子供?親?」などと書いた脅迫文を4回郵送した疑い。○ ○野容疑者は否認している。

  女性は、警察にストーカー被害に遭っていると相談していたとのこと。被害当日には目隠しをされて連れ去られ、○○市内の空き家に監禁されてわいせつ行為の被害に遭ったが、○○容疑者が助けに現れた。警察は○○容疑者が連れ去りにも関与したとみて、監禁容疑などでも調べている。

  この様に、脅迫は被害者、加害者ともに面識があるケースが多く、そのことが原因で早期の解決にならないことがあります。

  脅迫を解決したいと思っているなら当社へ相談ください。当事者間だけでは解決出来ないことが多く、事態を悪化させてしまう結果になることもあります。

 トラブル解決、問題解決の基本は、現状把握そして当事者だけでの解決をしようとしないこと。なぜなら当事者で解決できないから今のような状態になっているからです。また状況分析、判断も第三者の方がより冷静に判断できるのです。当事者だと感情的になり解決できることでも難しくなってしまいます。


脅迫を解決したいなら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島


2012年7月 4日

企業の横領、背任を解決 

企業の横領、背任を解決 

大阪 京都 神戸 岡山 広島


「キャバ嬢に5億円貢いだ」元経理係長逮捕勤務していた会社の資金を自分の銀行口座に振り込ませてだまし取ったとして、警視庁中央署は11日、電子計算機使用詐欺の疑いで、工業用ゴム販売大手「シバタ」(東京都中央区)元経理係長、栗田守紀容疑者(33)=埼玉県朝霞市朝志ケ丘=を逮捕し
た。

  同署によると、栗田容疑者は同社が平成17年に開設したインターネットバンキングの法人口座の責任者で、同年ごろから192回にわたり計約5億2千万円を詐取したとみられる。「ほとんどをキャバクラ嬢に貢いだ」などと容疑を認めている。

  逮捕容疑は21年4月~22年7月、同社のパソコンを操作し55回にわたって自分の給与とは別に会社の資金計約2億3千万円を自分の口座に振り込ませ、だまし取ったとしている。

  税務署の調査で不正が発覚。同社は栗田容疑者を解雇し23年5月、警視庁に告訴していた。

  栗田容疑者は詐取したカネについて「数千万円を株の投資に使った以外は、ほとんどをキャバクラの支払いやお気に入りのキャバクラ嬢への送金に充てていた」などと供述しているという。

  この様な事案はどこでも起きているのは誰でも知っていることだが、実際に自分に降りかかった場合の対応には頭を悩ますことになります。

 
横領、背任のトラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年7月 3日

浮気の結末 離婚 許す

浮気の結末 離婚 許す 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 浮気が原因で別れる夫婦には、次のようなタイプがあると感じます。当然それ以外のケースもありますが、大半がこのケースに含まれることが多いので挙げてみました。

  ひとつは家族としての雰囲気が漂い、安心しきっている妻、夫が裏切られる場合。パートナーに対して激怒して別れを告げるケース。もうひとつは、パートナーの浮気を常に心配して束縛し続けた結果、妻、夫が他の異性に走ってしまうケース。この場合、別れを告げるのは束縛された方です。

  実際には浮気をきっかけに関係を見直して離婚に至る夫婦もいます。またいくつも修羅場を乗り越えて浮気を許し夫婦とし頑張っている人もいます。

  愛している人に浮気されて平気でいられる人なんていません。浮気されて激怒したり、激しく動揺したりするのは、それだけ相手の存在が大きいからだといえます。また夫婦となれば、子供の問題、財産問題、人間関係問題など、さまざまなことが出てきます。感情的になって勢いで離婚に踏み込むことは早計と言えます。

  夫婦の関係を冷静に考え直す時間が必要ということです。浮気という事実を知り、そのときは裏切られたショックでつらいかもしれません。でも、しばらく時間がたって冷静さを取り戻したとき、やっぱり「この人しかいない」と思えることもあるでしょう。

  何度も浮気されて同じことを繰り返す、浮気が発覚しても悪びれたところがなく誠意も感じられない場合は別れを決意しなければならないことも必要となることもあります。実際に相談の中には、何度も浮気をされている方も多く、そのすべての方が浮気にならされているというケースが多いのも実情です。

 我慢したり、うやむやにするのではなく、現状を十分に認識し、あらゆることに対応できるようにして上で判断することで後悔しない人生を歩むことができます。重要なことは事実もとに判断を下すことです。

 

 

浮気調査のことなら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島
2012年7月 2日

チョコと偽り「排泄物」贈った ストーカー

チョコと偽り「排泄物」贈ったストーカー

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 約40年前に交際していた女性に対し、自分の排泄物を送りつけたなどとして、京都府警○○署は2月末、ストーカー規制法違反容疑で大阪府高石市○○の無職、○○容疑者を逮捕した。その後の調べで、女性と別れてから約20年たって突然連絡を取り、執拗(しつよう)に無言電話や大量の届け物などの嫌がらせを繰り返していたことも明らかになった。

 妻子ある身の○○容疑者が、淡い思い出を共有するかつての恋人にストーカー行為を重ね、ついには汚物を送りつける奇行、ストーカー行為に及んだ。

  今年1月下旬、京都府○○市の無職女性(61)宅に女性宛ての小型小包が届いた。中身は品名欄には「チョコ」の文字。女性が不思議に思って小包を開けると、排泄物が姿を現した。さらに、約1週間後の2月上旬、再び小包が女性宅に届く。また排泄物が入っていた。

 2回ともだいたい、大人の"1回分"くらいの分量だったとのこと。

実は女性には送り主に心当たりがあった。 年賀状の一通に不自然なものがあった。そこで浮上した○○容疑者の自宅を訪れた捜査員に対し「自分の大便を送りました」と容疑を認めたそうである。また約20年間にわたって執拗にストーカー行為を繰り返していたことが明らかになった。

 当社への相談でも、汚物、排泄物を家に投げ込まれたりの相談は、年に数回ある案件です。

 この様なことで悩んでる方は当社へ相談ください。貴方の力になります。

 

ストーカー・トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年7月 1日