2012年4月

« 2012年3月 | アイ総合コンサルタント トップへ | 2012年5月»

犯罪被害 後悔しない対応

犯罪被害 後悔しない対応

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島


 

 京都祇園車暴走事故で一部のマスコミが警察の対応について批判していました。事故当日に懇親会をした

と、しょうもないことを取り上げてニュースに流してるもんだと思いました。

 

 このように事件になってしまったあとでは、警察の対応よりも、再発防止対応、人権問題の配慮を考えた報道

を期待してました。

 

犯罪被害者、犯罪加害者双方どちらになっても大変です。当然被害者、加害者にならないようにするのが

 

重要なことですが、事後の対応は必ず必要となります。

 

 

犯罪被害解決なら

 

アイ総合コンサルタント 

犯罪被害解決ダイヤル 086-226-1099 

大阪 京都 神戸 岡山 広島


2012年4月18日

離婚カウンセラー

離昏カウンセラー 大阪 京都 神戸 岡山 広島

離婚カウンセラーのブログ始めました。 

 

 

離婚カウンセラーなら

アイ総合コンサルタント離婚相談室

離婚相談ダイヤル 086-226-1112

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年4月16日

医療トラブル解決 コミニケーション

医療トラブル解決 コミニケーション

大阪 京都 神戸 岡山 広島


今現在、医療トラブルの原因はコミニケーション不足又は、コミニケーション下手が大半の原因となってい

す。 医療ミス、医療過誤は別として。

 

医療過誤、医療ミスなどは様々な対策を施しているので少なくなってきていますが、コミニケーションによるトラ

ルは年々増加の傾向があります。医療現場に訪れる患者は、医療の治療のみで訪れている人ばかりでは

ないので、思いやりの気持ちを持っての対応が、重要となってきます。

 

当社では、この様なコミニケーション能力の向上のためのセミナー、コンサルティング、コーチングを行っていま

す。上記のような件でお困りの方は、ご相談ください あなたの力になります。

 

 

医療トラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント 

医療トラブル解決相談ダイヤル 0120-398-119

大阪 京都 神戸 岡山 広島


2012年4月14日

嫌がらせ対応 岡山

嫌がらせはだめです

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

岡山で起こった事件ですが、同僚の言動に腹を立て知人に嫌がらせをして逮捕されたケースがあります。

 

 

ハラを立てるのは分かりますが、嫌がらせをしてはだめです。まして知人に頼むなんて、そんなことをすれば、

情報はどこから漏れるかわかりません。

 

 

嫌がらせをしないと気が収まらない方は相談ください。犯罪を犯す前に相手に対しての対策を考えましょう。当

然大儀名分がある形で、正々堂々と対処してくことが肝心です。

 

嫌がらせ対応なら

アイ総合コンサルタント

嫌がらせ相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年4月13日

横領罪 横領の対策

横領罪 横領の対策

大阪 京都 神戸 岡山 広島
単純横領罪(刑法252条)
自己の占有する他人の物を横領した者は、五年以下の懲役に処する。
自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合において、これを横領した者も、前項と同様とする。
業務上横領罪(刑法253条)
業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する。
遺失物等横領罪(刑法254条)
遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金若し
 
くは科料に処する。
この様な犯罪は、地方都市でも2.3千万の横領被害はごく当たり前のように数多く起こっています。原因は本人
 
が悪いのは当然ですが、内部監査の甘さから起こっているものが多く、おかしいと思っても直ぐに対応していれ
 
ば被害が少なくなっていたケースも多くありました。基本的な考えは「信用するための調べる」という対応をと
 
るのが最善と言えるでしょう。

 

 

横領の解決、横領の対策なら

 

 

アイ総合コンサルタント 

 

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

2012年4月12日

ストーカー対策 自己責任の重要性

ストーカー対策 自己責任の重要性

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

ストーカー殺人事件で、直前に相談を受けながら対応を先送りし、遺族から「第三者による調査」を求められ

ている警察は、内部機関の監察官室が調査に当たっている。


 遺族の一部は「嘘つきが嘘つきを調べても嘘の結果しか出てこない」と強硬に第三者の調査を求め、内部

調査なら結果の受け取り拒否も辞さない姿勢を見せている。

 しかし警察は、これまで警察内部の問題を第三者委員会が調査した前例がないことや、調査の際に捜査

情報に接することなどから、「第三者による調査は難しい」と内部調査にこだわっている。県警幹部は「メンツ

にかけてもしっかりやる」と自浄能力を示したい考えで、客観性や中立性を守るため、外部有識者からなる

県公安委員会へ逐一報告しているという。

 

 平成11年の神奈川県警による現職警察官の覚醒剤使用もみ消し事件は、警察改革の一因となるなど大き

な問題となったが、このときでさえ調査は警察庁による特別監察にとどまった。

 

 警察幹部は「嘘をついても得をしない」と調査の信頼性を強調するが、外部の厳しい検証に耐えうる回答を

出せるのか注目されるとされているが、やはり自分の身は自分で守るには自己責任でするしかない。

 

 なぜなら、命を失ってからでは何の手の打ちようもない上、もう少し早く対応してくれたならと思っても命は

帰ってくるものではない。

 

あらゆるトラブルに悩まされている方は、当社へ相談ください。あなたの力になります。

 

 

ストーカー、近隣トラブル解決なら

 

 

アイ総合コンサルタント 

 

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2012年4月10日