婚約解消の正当な理由 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

婚約解消の正当な理由

正当な婚約解消の理由の例

 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 

当事者同士の合意

 

婚約相手の不貞行為

 

婚約相手に重大な嘘をついていた

「学歴詐称も認めた判例ある」

 

なお、婚約中であっても、不貞行為に及んだ場合には夫婦間における貞操義務違反に準じるものとして婚約相手に対する不法行為責任等が生じる場合がある。また、不貞行為の相手方も婚約相手の法的地位を侵害したとして不法行為責任(民法709条)を問われうることもある。

 

 

婚約解消 婚約トラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

婚約解消 婚約トラブル解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島